オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

今日の金子にならまた会いたい

2018-03-14 02:32:46 | 千葉ロッテ

 

試合前の練習が楽しくなってきたので開場とともに球場入りをすることが増えてきたのですが、以前から気になっていたティーバッティングが怖すぎます。
あの至近距離から打球を受けたらボールの投げ手は命に関わるかもしれず、打ち損ねて流し打ちみたいになってしまうことはありえないのか、プロの慣れ親しんだ練習であってもミスがあっておかしくありませんし、そもそもあんな角度からボールがくることはないので練習として意味があるのかどうかも疑問だったりもして、今夜は眠れそうにありません。
それはさておき、オープン戦を一軍と見なすのであれば福浦と吉田の代わりに細谷と江村が二軍行きで教育リーグに参加、ただここのところ加藤がずっとそちらですから線引きは曖昧なのか、そのどちらにも参加をせずに今日はベンチでも姿を見かけなかった藤岡裕の状態が心配です。

先発の石川は4回2安打2失点、ストレートに力が足りていないとは井口監督のコメントですが、前回に比べて数字は出ていませんでしたがボールの走りとしては悪くなかったのではないかと、それよりも思ったところからボール一つ、二つぐらい外れて苦しいカウントになってしまったことの方が気になります。
初回、二回の失点はいずれも自らの打球処理と四球による自滅でもありましたし、もっとも地味に走者を進めたオリックス打線を誉めるべきなのかもしれません。
いずれにせよ球数が多い石川は結果的に抑えても全幅の信頼とまではいかず、もう一乗せも二乗せもできるはずです。
同じく井口監督から真っ直ぐが来ていない、と指摘をされた二木は本人も数字が出ないことに不安があるようで、ただそれでも今日は各打者が詰まっていましたから手元での伸びはあったのではないかと、たまに抜けた高めのボールを痛打されたことからして指摘は正しいのでしょうが、一つの壁は乗り越えたような気がします。
あと必要なのは自信、それこそ地元の利を活かしてスピードガンをいじるなんて小細工で調子が上がるのであれば安いものです。
大谷は数字も見た目もちょっとしんどい、昨春の南を見るかのようで、そのうちに肩肘がどうのと言い出さないかと気が気でなりません。

打線で目立ったのは今日も平沢、巧みなバットコントロールでのマルチヒットでした。
一本目はエンドランで広く空いた三遊間を狙い澄ましたかのような流し打ち、と言うには不格好な大根切りのようなスイングでしたが、そこを狙おうとの意志が感じられたのがgood、シンプルバントをやらない井口監督だけにこういったバッティングができれば出番は増えるはずです。
そして二本目は膝元の難しいボールをこれまた不細工なスイングでしたが肘を上手くたたんでのタイムリー、詰まった打球でしたが気持ちで一二塁間を抜いた泥臭さはこれまでの平沢にはあまり感じられなかったものですので、このスタイル、そして勢いを大事にしてもらいたいです。
また内は思いっきりに引っ張りながらも外のボールをスライスするかのようにレフト線に運んだ菅野も、これで相手バッテリーは攻め方を考え直さなければならないでしょう。
本職の外野手が3人しかいないことでレフトを守った根元は打球の追い方があれでしたが、バットは右に左にクリーンヒットで存在感を示してくれました。
一方でタイムリーは放ちましたが荻野のスイングがやや気がかり、せっかく前で捌くことで飛距離も出ていたものが回転バージョンでポップフライが増えそうな予感です。
また初出場の福浦はDHではなくファーストで、かつ3打席の起用に井口監督の方針が見て取れましたし、同窓会だけかと思っていた李杜軒がそのまま一軍でのヒットはペゲーロとともにドミンゲスの座を虎視眈々と、そのドミンゲスは途中出場からヒットを放ちましたがあの波打つスイングでは多くは期待できそうにもありません。



一日一クリック応援をお願いします

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

オリックス

1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 5 0

千葉ロッテ

0

0

0 3 1 0 0 0 X 4 11

0

◆3月13日(火) 千葉ロッテ−オリックス1回戦(ロッテ1勝、13時、ZOZOマリン、4,752人)
▽勝 石川 2試合1勝
▽S 大谷 3試合1S
▽敗 金子 2試合1敗

▽バッテリー
千葉ロッテ 石川、二木、大谷—田村、柿沼
オリックス 金子、小林、ディクソン—伏見、伊藤

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« やめてよ~ | トップ | 左腕日照りは続く »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勝つには勝っていますが (ごっつ)
2018-03-14 03:30:27
二木は138㌔程度で、打ちごろの高さにばかり投げていました。
あんな失投オンパレードでは非常に心配です。
一部報道によりますとローテは涌井、石川、酒居、ボルシンガーの4人が堅く、あとは競争だとか。
柱と目された二木ですが、
ローテを約束されておらず、
アピールする立場となっているようですね。
たしかに今の出来が続くなら本塁打配給王になりかねません。
低めにビシビシ来ないと。

打線はペーニャと角中がいれば、そこそこ得点になりそうです。
ペーニャ、交渉しているんでしょうか。
4番井上でもいいんですけど、
長続きするかどうか。
西武の山川が今、スランプに陥っているように、
当たりが止まると長い→ついに4番不在→4番福浦、4番鈴木ってのはもう勘弁よ。
金子も歳には勝てない? (西のカモメ親父)
2018-03-14 07:44:02
金子くらいの投手でもやはり年齢には逆らえないです、確実に力は落ちているという感じです。
オリックスは開幕カードに山岡とディクソンを使うでしょうから開幕2カード目のロッテ戦には投げない可能性が高いです、金子には是非開幕ローテに入りロッテ戦に先発してもらいましょう。

二木のスピードはどうしたのでしょう、昨日のピッチングではフォーク中心の技巧派投手です、今年こそ150キロオーバーのストレートを期待していただけにどうしたの?という感じです。
二木は昨年より上半身が細くなっていないですか?もっとガッチリしていたと思うのですが。
Unknown (鴎オヤジ ファン歴45年)
2018-03-14 07:45:37
石川の制球が不安定、二木は球威不足。打線も長打力不足は改善されていません。試合には勝っていますが不安は大きいですね。
でも昨年のオープン戦と比較すると内容は全然違います。昨年は相手の失策、四死球などで転がり込んで来た勝利が多かった。今年は打者が粘り、足を使い、失策が少なく、野球の質が向上しつつあると思えます。村長様が「試合前の練習を楽しみにしている」という件にチームが変わってきたことを実感できます。昨年よりは期待できそうだとポジティブな気分です。
ヒラサワタイガー (ひふみんAi)
2018-03-14 08:01:50
昨日は現地でした。ポカポカ陽気で温かったですが、球場レベルですと春の空気がやや冷たいので、風が吹きますと冷たい風が吹きますね。

コスモタイガーならぬ、ヒラサワタイガーが良かったですね。まずバッティングでアピールしましょう。

荻野選手については、コーチの影響でしょうがまた小さくなってしまいましたね。それを差し引いて、「無闇矢鱈なファーストストライク打ち」よりは、待球しているように見えたので、わたし的な好みではありました。
良い競争 (頑張れ福浦)
2018-03-14 09:05:54
藤岡本当に心配です、今シーズンロッテの、ショートのレギュラー争いは、かなり楽しみなんですけど、それは藤岡あればこそです。
平沢、三木、藤岡でレベルの高い争いがチーム全体に良い広がりが起きてきたように思います。
中村のバッティングが調子が良いのは、セカンドという慣れ親しんだポジションに固定されたのが、大きいのかも。
やっぱり (ノア)
2018-03-14 11:04:31
やっぱりオリオンさんも荻野のスイングが気になったんですね。
自分もタイムリーのVTRであれ?となったので。
金森打法に戻してしまうんですかね…去年の前テギュン打法の方が合ってたような気がします。
大地の笑顔がステキ (Unknown)
2018-03-14 11:06:55
いつも写真ありがとうございます
2軍事情 (兵庫民子)
2018-03-14 23:25:11
藤岡は、浦和でずっと別メニューなのですが、昨日からやっと走れるようになったそうで、思ったより重症なのではと思います。
首痛を甘く見ずに、しっかりと治してほしいですね。
開幕には、間に合うとは思いますが。

2軍は最近は主に大学との練習試合なので、1軍に合流させて試すのはいいのですが、結果が出ていない選手から上がるのはちょっと謎です。
李杜軒もそうですし、今日は2軍で1番試合に出てなかった三家が1軍合流。
その結果、キャッチャー以外の控えがほぼいなくなり、今日スライディングで足を痛めた香月がもし離脱したらどうなるのか…。

今年は1軍2軍の連携はできていると信じていますし、土曜日のイースタン公式戦開幕の頃には1軍から降格の選手もいるでしょうが、色々と心配になってしまいました。
平沢に期待します (隠れロッテファン)
2018-03-14 23:50:34
先発陣は確かに不安です。現状誰一人完投できそうな柱がいません。パの他球団にはソフトバンク千賀他多数、楽天則本、西武菊池、オリックス金子、(日ハム有原)の柱がいることを考えると相変わらず苦しいシーズンになりそうです。タラレバで石川涌井の2016年レベルの復調に期待するしかありません。平沢は覚醒しそうですね。井口監督の最新著作「変わろう」にも登場しましたし、尊敬する井口監督に応えたい気持ちが伝わってきます。中村も井口監督の著作を読んでいるようですし、2塁コンバートで井口監督の言う体のバランスが良くなれば打撃も大いに期待できます。3番で2割8分、20本、80打点、20盗塁、出塁率3割8分ぐらい期待します。
お返事 (オリオン)
2018-03-15 02:57:14
>皆様
二木のローテーションはほぼ確実みたいですね、当然ではありますが井口監督もそのつもりとのコメントです。
球速に物足りないところもありますし、成長曲線がやや鈍っている気がしないでもないですが、開幕に向けて調子を上げてくれることを願いましょう。
荻野は率稼ぎにターゲットを絞ったのであればそれはそれで構いませんが、あのスイングで膝が一年持つかどうかが不安、恒例行事にならなければいいのですが・・・
その背番号を継承した藤岡裕の状態も心配で、教えていただいた状態であれば開幕スタメンは平沢がもぎ取るのか、まだ半月ありますが消去法ではなくイス取りゲームであってもらいたい。
一二軍の境界線はよく分かりませんね、加藤がずっと教育リーグですし、それよりも何よりも、さりげなく角中が超心配だったりもします・・・間に合うのか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。