オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

思い出のとき修理します 3

2017-06-13 00:19:23 | 読書録

思い出のとき修理します 3 空からの時報

集英社

このアイテムの詳細を見る

前作で秀司、明里ともに過去との折り合いをつけて次への一歩を踏み出しましたので、そこで止めておくのも一つの選択肢ではありました。
興行的な都合でダラダラと続けて一部に評価を落としたドラゴンボールのような例もありますし、しかし心配無用、そのテイストは失わずにしっとりとさせてくれる飯田時計店です。
新たに家族をテーマとした秀司と明里との距離感を軸に、時計にまつわるエピソードが静かに流れていきます。

どこかファンタジーな雰囲気がありながらも論理的な決着がありますので、偶然はさておき、ご都合主義になっていないのがよいように思います。
それぞれが抱える現在、過去、そして未来、ミステリーとは違いますが「どうなるんだろう」と先の読めない展開でもあり、興味深く読ませていただきました。
必ずしも八方にハッピーエンドではありませんが、それでも登場人物が前を向いて歩いて行ける終わり方に安心できるのでしょう。
時計そのものがきっかけでしかなく、それがメインにならないのが物足りなくもありますが、修理をするのは「時計」ではなく「とき」ですから脇役としての輝き、温かな光です。


2017年6月9日 読破 ★★★★☆(4点)


ブログランキング・にほんブログ村へ
一日一クリック応援をお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 23分間の惨劇 | トップ | ネームの謎 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

思いでのとき修理します3  著者 谷瑞恵  (読書と足跡)
思いでのとき修理します3  著者 谷瑞恵  穏やかな交際を続ける明里と秀司。ある日「秀司の時計店を女が手伝っている」と教えられた明里は、店で骨董店の娘・郁実と出会......