オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

デジャブを乗り越えて

2018-07-11 06:52:19 | 千葉ロッテ

序盤のリードに石川ですので楽勝かと思いきや一発攻勢で追いつかれてしまい、前日の再来に恐怖するも敵味方ともに四球は怖い、を再認識をしつつ逃げ切り勝利です。
それにしてもボールがよく飛ぶなぁ、一試合に4発も食らって勝つなんてのはあまりないことですので前向きに考えることにします。
荻野の離脱で藤岡裕、平沢と並べた核弾頭は機能をしたとは言い難いですが勝ち越しはミスター四球のそれで始まりましたし、ショートを争っていた若手二人を辛抱強く我慢をすることが井口ロッテの未来を紡ぐと思えば慈父、慈母の思いで見守ることこそがロッテファンとしての作法なのでしょう。
それにしても今年こそ規定打席、100安打は確実と信じていた荻野は年中行事の呪いから脱せられなかったのが哀しすぎる、全治二ヶ月が順調にいけば閉幕間際に復帰であと9安打には届くかもしれませんが、いや、無理矢理にでも届かせてこそ呪いを振り切って次のステージに進めるのだと、七転び八起きで焦らず、でも焦ってください。
福浦も今季初のマルチヒットで折り返し地点を越えての1982安打、春先の快調な出足に梅雨時の停滞とアップダウンが激しいですが珍しくも好調をアピールしているようですからここは一気に、FA対策を考えれば角中のDHも悪くはありませんが隠居をするには早すぎますのでレフトを守ってもらって、また加藤や菅野、伊志嶺らと荻野の穴を埋めていきましょう。
その福浦に左腕が出てくれば代打ドミンゲス、右腕に代われば代打の代打で菅野とベンチは大張り切り、また松永の1球勝利もあり終わってみればイベントが盛りだくさんな白星でもあり、こうなったら意地でも9連戦の最後を締めて勝ち越しで終わりたい、いい加減に榎田を血祭りに上げてロッテキラーを一掃する嚆矢としたいものです。



一日一クリック応援をお願いします

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

千葉ロッテ

0 1 3 0 0 0 0 3 0 7 10 0

西武

0 0 1 0 0 3 0 1 0 5 9 1

◆7月10日(火) 西武−千葉ロッテ14回戦(西武8勝6敗、18時1分、メットライフ、12,490人)
▽勝 松永 30試合1勝1敗
▽S 内 39試合1勝3敗21S
▽敗 ウルフ 8試合2勝2敗
▽本塁打 中村5号(石川)、源田1号(石川)、山川23号(石川)、浅村17号(益田)

▽バッテリー
千葉ロッテ 石川、松永、益田、内—田村
西武 十亀、ウルフ、野田、平井、松本—岡田、炭谷

ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
« お粗末すぎる逆転負け | トップ | 大敗で前半戦を終える »

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
石川でも (頑張れ福浦)
2018-07-11 07:12:29
今日は石川なんで、昨日の様な事はまず無いだろうと思っていたら、西武打線恐るべし。
昨日と違ったのは同点から一点を返せたことで、代打の代打見事です。
しかし、石川の二桁勝利遠いですね。
ホームラン打たれすぎ (うみうみ)
2018-07-11 07:41:56
昨日と同じ逆転負けがよぎる展開でしたが、8回炭田のエラー絡みで勝ち越しからの3点で勝負あり、失点が全てホームランは攻め方にも問題があるのでは?チームホームランは41本なのに非ホームランは72本倍近く差かがありますよ、得失点差ならぬホームラン差が31本は大砲1人分です。荻野が長期離脱してレギラーが変り戦力ダウン、固定メンバーの弊害疲れが出る前に適度に休ませる事も大切井口監督も晩年は5月を過ぎたら成績は下降して7月 8月は小学生の夏休位に全く仕事してない位酷い内容もありましたからもう怪我人だけは勘弁です。
Unknown (tek9)
2018-07-11 09:34:19
久々の現地、ユニフォームを間違え仕方なくホーム用での観戦となり幸先悪く感じていたところ、4-1のリードとなったところで石川ならこのままいけると思ったのですが。
やはり西武は怖いです。浅村は本塁打17本のうち7本がマリーンズからであり、打たれすぎだいぶ得意にされています。マリーンズであれば中村あるいは加藤にはそのポテンシャルはあると思うのですが、井上ばりに加藤が覚醒しないですかね。
しかしながらタイムリーで加点して打ち合いに勝てたことは気持ちがいいです。
あまり連敗はしなくなったが (ごっつ)
2018-07-11 09:47:12
勝つには勝ちましたが、
相変わらず追加点が取れませんかね。
中押し、ダメ押し、とどめ。
救援投手を楽にしてあげないと。
角中もタイムリーがあり、月間MVPなので苦言はどうかと思いますが、
満塁で最悪とされるピーゴロを打つかなー?
今日勝つか負けるかは大違い。
9連戦を勝ち越せれば気分もいいです。
石川 (千住次郎)
2018-07-11 10:20:58
石川の立ち上がりはいつも以上の球威でしたが、田村の構えるミットの逆に行くことも多く、コントロールは少々アバウトでした。その球威を過信してか、緩急をつけずに中村と対戦し、ストレールが真ん中に入れば、相手も一流のプロですから、痛打されてもいたしかたないでしょう。6回に入って球威が衰えてきたところで、変化球も使い始めましたが、あまりストレートと球速差のない変化球が真ん中に入れば、やはり同じ結果ということなのでしょう。それにしても、それらの甘く入った球を確実にフェンスオーバーする西武打線の凄まじさには、敵ながら天晴という他はありません。プロの選手の迫力を感じざるを得ないシーンでした。
さて、荻野の抜けた1、2番にだれを起用するか、私としての候補は加藤、平沢、大地でした。加藤はセンターの守備を考えればスタメンに起用せざるを得ないと思いますし、平沢の出塁率もスタメンの中では中村、角中に次いで3番目で、荻野よりも優位に高いので、中村の前にランナーを置くにはうってつけと思います。大地もランナーがいなければ出塁率も高いし、送りバントにも確実性があるので、チャンスメークをする役割の方が適任かと思います。この試合、平沢にヒットは生まれませんでしたが、3回の3点のお膳立てをする送りバント、8回の先頭打者として追い込まれながらも四球をもぎ取ったことなど、2番打者としての役割は十分に果たせていたと思います。いづれにしても、ロッテ外野陣もいつのまにか清田、角中、荻野が30歳を超え、2~3年後にはそろそろ新陳代謝の時期を迎えます。若い選手が荻野の離脱を糧にして、飛躍の機会としてくれることを願います。
頑張れ加藤!! (さんだー)
2018-07-11 10:48:19
荻野は残念ですが外野手、特に加藤は大チャンス到来ですね。昨日はいい当たりもあり、守備も良かったです。正直、岡田に打席を与えるなら伊志嶺にチャンス与えて欲しかったです。このままでは今年のドラフト次第で戦力外もあると思うんですよね…

今日は勝って前半戦を終えたいですね。月間MVPの両者は来季もチームにいると信じております。特にボルシンガーは他チームに獲られるなんて事がないように…
前向きに (doushitakoushita)
2018-07-11 11:45:36
石川良かったと思うんですが、それでもホームランで同点にされるんだから怖い。4本打たれてもソロ3本に2ラン1本だったから勝てたとも言えますね。前向きに考えましょう。

最後、勝ちたいですね。単なる折り返しですが、ソフトバンクとオリックスをBクラスに沈めておくのは気分も違います。ピッチャーは連投でもなんでも総力戦でどんどんつぎ込めますが、打つ方が榎田を攻略できるか。これまでの対戦打率は.262で、けっして抑え込まれているわけではない。打てているのは田村や井上で、やはり右。ただし右でも清田は打ててなくて、藤岡も6-0。井上とドミンゲスに大きいのを打ってもらうのがベストのシナリオでしょうか。
良い良い (宮崎オリオンズ)
2018-07-11 12:32:14
石川に勝ちを付けたかったけど、松永も頑張ってますから、これも良かったでしょう。

しかし、バントミスが多いね。流れが変わってしまった。

今の西武に本塁打4本ぐらいは仕方ない。
打ち勝ちましょう。
今はセカンドに打てばヒットの可能性は高いですしね。
でも、有吉には完封を希望します。
補強してほしい (アルパカ)
2018-07-11 13:45:51
荻野離脱で加藤、平沢、(伊志嶺)にはチャンスですが荻野の穴を埋めるのは厳しいです。
平沢は四球選べる、フォームも安定してきて長打もあるので期待はできますが、少し物足りないので、外野をそこそこ守れて打てる外国人が欲しいです。

攻守のチームの中心的なセンターが抜けたわけですから、両翼は打の選手を二人置きたいです。
レフト角中、センター加藤(平沢)、ライトに外国人で、バックアップに平沢、伊志嶺でなんとかなりそうですが。
補強なしだと平沢には相当頑張ってもらわないと。加藤、伊志嶺にしてもこのチャンス逃したらもうレギュラーは無理でしょうし。荻野離脱をポジティブに考えてみました。

イメージ的には勝てる試合を落としているので西武とは差があるのかと思いきや、たったの3.5差です。ボル、石川のリーグ屈指の二枚看板に、待望の大砲30本も夢じゃない好調井上と、こんなチャンス滅多にないので、優勝にこだわってもらいたいです。
勝負はここから (コザクラインコ)
2018-07-11 13:56:48
荻野の骨折、残念です。何を言っても始まらないので、ここは若手の積極起用で選手層の底上げを図りましょう。

数年後に振り返った時、「あそこで加藤は飛躍したよね」「あの時に菅野はレギュラー奪ったよね」となれば、チーム全体としては、災い転じて福となすことができます。

疲労困憊気味だった荻野には、井上を上回る終盤勝負所での「復帰即大活躍」を期待します。

それにしても、首位を快走する西武が本拠地ナイターで観客僅か1万2000人とは、悲しいですね。応援の声は、黒いカモメ軍団の方が上回ってましたよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。