オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

大隣に捧げる一戦

2018-05-03 02:32:57 | 千葉ロッテ

 

予報よりも早く降り出した雨は試合開始とともに粒が大きくなり、しかしノーゲームにするほどには降ってはくれず、ZOZOマリンには一片の恵みももたらさない鬱陶しさのみでした。
そんな雨の中で移籍後初登板、初先発の大隣が僅か10分足らずで試合をぶち壊す大炎上、悪コンディションではありましたがそれは言い訳にはなりません。
とにかくボールに力が無い、のは石垣島での紅白戦でも分かっていましたし、その後はナマで見ていないのですが二軍で抜群の数字を残したわけでもない大隣を抜擢したのは井口監督の優しさだったのかもしれませんが現実は厳しい、試合後に苦言を呈していましたが使ったのは自分なわけで、眠っていたデスパイネまでをも起こしてしまったのは痛すぎます。
やはり先日に今季初登板で炎上をした陳冠宇は二軍で答えを出しての復帰ながらも先発ではなく中継ぎとして、こんな試合の後始末に引っ張り出されたのですからその心中はいかに、さすがに井口枠であっても吉井のように何度も使うなんてことはないとは思いますが明日の公示を待ちたいです。
大隣には次はしっかりと、誰も文句を言えないような結果を残してから一軍に戻ってきてもらいたい、そして来春の石垣島で背番号入りのサインをください。
二回までに7点のビハインドでは打線はただ打つだけしかできないのは仕方なし、もっと早いイニングから控え組に出番を与えてもよかったと思いますが、また明日に頑張りましょう。



一日一クリック応援をお願いします

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

ソフトバンク

4 3 0 0 0 1 0 0 0 8 12 3

千葉ロッテ

0

0

1 0 0 2 0 0 0 3 6

0

◆5月2日(水) 千葉ロッテ−ソフトバンク3回戦(ソフトバンク3勝、18時15分、ZOZOマリン、21,634人)
▽勝 バンデンハーク 5試合3勝2敗
▽敗 大隣 1試合1敗
▽本塁打 柳田6号(大隣)、デスパイネ5号(大隣)、上林2号(陳冠宇)

▽バッテリー
千葉ロッテ 大隣、有吉、陳冠宇、南、益田—田村、江村
ソフトバンク バンデンハーク、嘉弥真、加治屋、二保、岡本—高谷、市川

ジャンル:
ウェブログ
コメント (21)   この記事についてブログを書く
« つまらない試合 | トップ | 菅野のプロ初アーチも空砲で3... »

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
つまらない試合 (ごっつ)
2018-05-03 04:20:43
前日以上につまらない試合。
5対3が理想形のチームにおいて、
4点取られたら基本終了。

でも想定内でしたけどね。
あえて言うなら捨て試合をつくった。
9連戦の全部をガチで勝とうとしたら持ちません。
どこかで抜かなきゃいけない。
表向きは全勝狙いも、
本音はいかに捨て試合を挟みながら3勝2敗を繰り返すか、でしょう。

試すなら今のうちという時期的な要素も。
田中英祐(京大)を出したのも4月29日でした。
夏場以降は一戦一戦が重くなり、
試すタイミングがなくなります。
試すという言い方も正しいかどうか。
通用しない、さりとて引退試合をするほどの大物でもなく、
ともかく一軍のマウンドには上げるから、最後の一軍を噛みしめろという親心か。
そうとしか思えないです。
勝算があって送り出したのではないでしょう。
雨天コールドゲーム (頑張れ福浦)
2018-05-03 07:04:13
昨日は、夜勤なんでテレビを最初だけ観て出勤したんですけど、かなり雨が降ってたんで完全に途中雨天コールドゲームになると思ってたんで、柳田もデスパも残念だな、内川も損した、みんな悔しい思いをソフトバンクファンはするだろうと思ってたら、ロッテファンがうんざりでした。
またまた、デスパの調子を取り戻す為、内川の記録達成の為、ボランティア精神爆発、大隣は本当に元チームに恩返ししてくれました。
オープン戦で、ソフトバンクには通用するぞ的な、餌をまかれてまんまと引っ掛かった井口監督。
そろそろホークスへのお礼は、よろしいんでは?
吉井 (海猫)
2018-05-03 07:56:08
出れば常に打たれ炎上していて何故使うんだ!という気持ちでしたが昨日の大隣はまさにそれでしたね…
川島にいきなりホームランか?なフェンスギリギリな当たり、更にはバッティングピッチャーかのように気持ち良くホークス打線はポンポン飛ばす…
雨もあり本当に寒く感じました
かつての今日は大隣?これは負けたかなぁ…というあの輝きをもう一度取り戻して欲しいと思います
優先順位 (オブ)
2018-05-03 08:19:07
大隣投手は相手にしっかり見切られ、振りきられていましたね。獲得した選手の見極めは必要で抜擢は構わないですが、そうであれば他の選手に対してのハードルもそうであって欲しいですね。どうも起用の傾向が監督の個人的な繋がりに傾くきらいを感じますね。
春ロッテ (パンテーラ)
2018-05-03 08:26:15
「春井口」イズムがチームにも浸透し、「春ロッテ」が際立つ展開です。
特に早春井上は今年も早春で終了なのか、しかし、ホークスの松田も初年度は打てなくても王監督が使い続けて今の松田になりました。
井口はそれを知っているはずで、王イズムを継承している、と思いたいです。
後、足が速いからといって転がすバッティングをさせるのは、その選手にとっては中期的に見て良くないだろうと考えます。
転がすバッティングを1年続ければ、次の年からは内野の頭を越えるようなことはなくなり、
今宮、源田の術中にはまるだけです。
そして戦力外へとまっしぐらに向かうでしょう。
田淵は足がまだ速かった新人時代に転がすバッティングをしていたか、というと全然していなかったはずです。
転がすバッティングは「岡田の量産」です。
小坂ですら満塁ホームランを打ったこともあるから、守備固めで終わらなかったわけで、
転がすバッティングは今宮や源田たちの華麗な守備を小坂に重ね合わせて見たいのかな?と邪推したくなります。
打線のほうにがっかり (大垣のロッテファン)
2018-05-03 08:26:19
大隣ゆえにしっかりと成績を残して上げてほしかったです。SB戦でもありますし。

2軍の成績からすると序盤でやられるだろうと察しはついていたのでがっかり感は少なかったです。どこぞの総理大臣ではあるまいし、お友達忖度起用もこれで終わりにしてほしいです。

ただ打線がもう一本出ていれば面白い展開になっていたと思うのでチャンスで打てなかった藤岡らには、フォーク主体の投手には追い込まれたら割り切って低めは捨てる、という常道を身につけてほしく残念でした。あれだけ点差があってもサファテがいないと安心できないのか工藤がうろちょろしていたということは、SB側にもやばいと何か想わせるものがあったのでしょう。

松坂がそこそこ良い投球というか、別の松坂になって変身してそこそこ成功してますので松坂に行ったほうがよかったかなぁ。
くだらない試合 (西のカモメ親父)
2018-05-03 08:45:19
ソフトバンクの大隣への忖度はオープン戦で終了していたようです、あの球威でソフトバンクに通用するわけがありません。

打線も荻野が下降線になり中村1人の攻撃になってます、荻野は数試合まえから盗塁もしなくなりましたのでかなり下半身に疲れが出ているのでしょう。

その荻野の代わりに出てきた岡田の着払いにはさらにがっかりさせられました。
井口監督もいい加減に岡田と加藤入れ替えて下さい。
現地観戦でした (頑張ってロッテ)
2018-05-03 09:14:59
せっかく良席を取りましたが、二回表が終了した時点で二階に上がりました。二階はバックネット裏方向での風が強くて寒く、あまりの寒さにパーカーを購入と予定外の出費、家にはマリンのパーカーのストックが微妙なペースで増えていきます。毎回、遠征組は持ってくる服が難しい。
試合は初回の第一球から覚えた不安的中で、早々にダラダラ観戦モードでした。ノーゲーム回避のため早打ちしていたソフトバンクであったことを差し引いても、最初からチェン投手が先発で小刻みな継投したほうが良かった。そんな試合でした。
大隣投手は実績ある投手ですし、二軍で若手の指導にあたっていただくことはできませんかね。頑張れ、大隣投手!
悔しいと言う気持ちが、明日の自分を作る (ひふみんAi)
2018-05-03 09:21:21
清宮君がデビューしましたね。

ニュース映像で見させていただきましたが、二塁ベース上でベンチにはにかんだ笑顔は、オヤヂのココロをキュンとさせました。やはりスター性はありますね。…あ、ちなみにそっち側の人ではありません。

村長さん、オギノメちゃんの写真集ですか笑。わたしはキョンキョンでした笑。

ああ…清宮君でした。それよりはその後の変化球を空振った2打席の後の表情が印象的でした。苦笑いをしつつも…心の中は、これをはじき返す事が出来ない現在の自分を悔しがっているだろうと…勝手にドラマチックに盛り上がっているオヤヂの妄想です。

数年後には確実に打ち返す打者となっているだろうとアノ表情に見えた気がします。

清宮君が活躍すれば…安田君も刺激されないはずはないので、このライバルが並び立つパシフィックリーグを夢想しております。
色々とガッカリ・・・ (さんだー)
2018-05-03 09:30:44
先発大隣という事で、打ちこまれるだろうと予想はしていましたが予想の遥か上をいってました。

監督初年度ですし、色々と試行錯誤して負けるのは構わないのですがどうも選手起用が納得いきませんね。本当に競争の上に選手は一軍を勝ち取っているんですかね?岡田の三振を見て思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。