オリオン村

千葉ロッテと日本史好きの千葉県民のブログです
since 2007.4.16

大敗で前半戦を終える

2018-07-12 01:34:55 | 千葉ロッテ

残念ながら9連戦の最後は大敗、それでも弱っちいセントラルを相手に稼いだおかげで5割キープで前半戦を終えることができました。
ただ後半戦に向けて気になるのはやはり田村のリード、西武打線が強烈であることは間違いないのですがあそこまで躊躇なく踏み込まれるのは外中心のリードを完全に読まれていると言いますか見透かされていると言いますか、陳冠宇のところで内を突いていたので有吉KOで清水将コーチあたりに指導を食らったのかと思いきや南以降はまた元に戻り、そうなればベンチは問題視をしていないのか、デビュー当時は大胆なリードだったものが保守的になりつつある現状が嘆かわしいです。
内で勝負できるだけの球威、あるいは気持ちのある投手がいないとの判断によるもの、とは気の強さではチームで一二を争う有吉ですから考えづらいですし、押し並べてそんな感じですので安全策をよしとする風潮なのか、しかしそれが結果的にウララウララウラウラヨになってしまえば意味がありません。
もっとも今日の有吉は高いストライクゾーンに合わせたかのようなピッチングでしたのでリード以前の問題だったのかもしれず、報じられるところではシーズン途中での先発転向による疲れを口にしていたとのこと、オールスター休みもありますので登録を抹消して10日間程度の休養をとるのも選択肢としてありでしょう。
それにしても打線はまたしても榎田に翻弄されて毎回のように走者を出しながらも攻めきれず、序盤のチャンスに角中が二度のブレーキとなったのが痛かったのもそうですが二回にアウトカウントを間違えた鈴木の走塁ミス、直後のエラーでの失点、初回の藤岡裕のも実質的にはエラーですし内野安打も多発となれば負けフラグが立つのも当然です。
ここのところバント失敗も多いですし有吉ではないですが出ずっぱりのレギュラー陣には当然に疲れもあるでしょう、こういうときは休日返上で練習をするのではなくスパッと完全休養に充てるのがよいと思われ、併せてベンチにも一軍メンバー、スタメンを再考するいい機会としてもらいたいです。
せっかく井上が覚醒の兆しを見せるアーチ攻勢をかけても周りがついてこなければ孤立、徹底マークもしくは四球攻めで調子を崩すパターンが必至ですので、急がば回れです。



一日一クリック応援をお願いします

  1 2 3 4 5 6 7 8 9

千葉ロッテ

0 0 0 0 2 0 0 0 2 4 9 1

西武

0 1 6 0 1 0 0 0 0 8 13 0

◆7月11日(水) 西武−千葉ロッテ15回戦(西武9勝6敗、18時、メットライフ、17,507人)
▽勝 榎田 12試合7勝2敗
▽敗 有吉 21試合3勝2敗
▽本塁打 浅村18号(有吉)、井上16号(榎田)

▽バッテリー
千葉ロッテ 有吉、陳冠宇、南、大谷、松永、西野—田村、江村
西武 榎田、松本、平井、ヒース、カスティーヨ—森

ジャンル:
ウェブログ
コメント (25)   この記事についてブログを書く
« デジャブを乗り越えて | トップ | ビブリア古書堂の事件手帖 5 »

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tek9)
2018-07-12 01:59:56
序盤のエラー連発で試合が決まった感がありましたね。
エラー数リーグ最下位のチームにエラーで負けるとは、攻撃力で敵わないのにどうして勝てるのかという話です。

ほんと相手バッターは気持ちよく振り抜いてますし、ちゃんとバットに当たる(笑)
コーチ陣一新して、奨吾とアジャの躍進で確かに攻撃力の進歩は見られますが、あと1~2年しないと今のライオンズ打線には追い付けそうにありません。

何かの記事でおかわり中村が「西武ドームの暑さ対策は?」との質問に「我慢」と答えていました。
こちらのエラー連発は暑さからくる集中力の欠如?風に慣れてるマリーンズに対して無風高温の西武ドームに慣れているライオンズのホームアドバンテージでしょうか。
ともあれリセットだ (ごっつ)
2018-07-12 02:04:02
前半戦最後の負けは気分悪いですが、
オリオンさんの指摘通り、
勘違いしないためにも反省材料を残して終えたのは良かったかも。

考えてみれば、今季首位を譲らないチームの本拠地で1勝2敗は普通。
でも菊池と多和田は来なかったけれどね。
まあ、反省するところは反省して、
ひと晩飲んだら忘れましょ。
ミスしない人はいません。
球際の集中力に欠ける場面はありましたが、
選手も私ら実社会も、
ミスしたら、悪いことはその場に置いていって、
さあ次頑張ろうと切り替えるしかありませんよ。
大量失点はリードがとやかく言われますが、
リード通り投げてくれなきゃ(里崎の持論)という場合もあります。

マリン6連戦スタートの後半から、また走ってください。
満を持した二木、先発転向のシェッパーズ、ベールを脱ぐか永野など、
まだまだ面白くなりますよ。
大敗もあり得る (附属中野球部)
2018-07-12 05:40:05
田村のリードが読まれていると僕も思います。特に浅村にあれだけやられたら、田村のみならずベンチの無策のせいかと思います。

しかしながら前半を振り返ってみると、今年は本当に面白いゲームが多い。井口様々です。観戦22試合(前半で過去10年最多)、成績11勝11敗だからこそで、相当久しぶりの好成績です。野球はいいなあを実感します。

後半もこの調子で、Aクラスを期待しています。
またエノキダかよ (まこっさ)
2018-07-12 05:41:08
いつも 丁寧な お返事ありがとうございます。
それにしても、またまたまたまた榎田かい。いくら左腕が苦手と言っても同じ投手にやられ過ぎ。中村、大地、藤岡裕、田村などは、疲れがピークに達しているようです。AS休みを完全休養とし、またリフレッシュして後半戦に戻ってきてもらいたいです。5位ながら 貯金を持っての折り返しなので、後半のマクり に期待しましょう。
アジャ、アジャ (頑張れ福浦)
2018-07-12 05:56:24
今日は、大差で敗けはしましたけど期待どうりのホームラン!気持ちいいです。
打撃成績ランキング部門、ホームランと打点上位にロッテの選手がいることは奇跡、相手も怖がって勝負を避けてファーボールが増えてきてますね。
目指せ30本、100打点!
Unknown (鴎オヤジ ファン歴45年)
2018-07-12 07:15:51
鈴木しっかりしろ!

西武とは6.5差ですがまだまだやれる。
これまで働いていない選手の奮起に期待します。二木唐川シェッパーズ。
若手では岩下種市に期待。
フロントは大砲補強、頼みます。
まだまだやれる!

盗塁METER 昨日の盗塁0、累計80で140まで残り60
捨てる試合は (うみうみ)
2018-07-12 07:43:28
終盤に4点さ以上にある展開は使うピッチャーを考えて欲しい、西野とチェン2枚で終る位にピッチャーを止めて欲しい、リリーフの中でロングリリーフが出来るのは2名位、使い方がヘタだから2人共に投げてる試合あったので昨日は長いイニングは投げれないですが、勝ちも負けも投げる、南、大谷、田中に負担がかかり過ぎ、外野一人減らしてピッチャーを9人でもいいのでは?パリーグはDHで代打の場面少ないから野手は余る、夏場はピッチャーがしんどい。
井上のホームランが唯一の収穫
無題 (No21かずくん)
2018-07-12 07:49:02
多忙なため試合結果も知らない。
荻野、大嶺がいない!補強しないフロントの考えがわからない。
西武ドームでの現地観戦でまたまた大敗。。 (川越マリン)
2018-07-12 08:21:48
近年は毎年1試合程度西武ドームに行っていますが、昨日も大敗でした。開場時間が平日ナイターでも2時間前のメリットを生かして、ネット裏の目の前でTやトスバッティング、バント練習を見ることが出来ました。井口監督は終始、打撃練習中の打者横に張り付いていましたね。

デーゲームならサウナ状態なんですが、昨夜はマシでした。ただ、試合の方は西武ドームでお馴染みの炎上試合で追いつけない程度の反撃でのつまらない試合でした。。
涌涌石石有で、今季1勝4敗の現地観戦です。

7点勝負だと思っていたら3回であっさりKO負け。。この展開で南や大谷が早々と投球練習、一方で関谷は一切見かけませんでした。
7点勝負で勝ちにこだわるのなら、ドミンゲスのスタメンは必須なはずで、清田より伊志嶺先発で勝負して欲しかったです。
榎田は、クイックが上手く&早く、スタートすら切れていませんでしたね。打者もタイミングが取り辛く苦戦している気がしました。
管理人さんのおっしゃる通り、ここ1~2年、インコース攻めが全然足りていませんね。当てろとは言いませんが、主軸に対する内角攻めの結果の与死球が全然ない気がします。結果的に浅村、山川、デスパ、柳田、レアードあたりにかなり献上しています。

結果的に貯金ありでの折り返しになりましたが、まだまだ1-2軍全体としての戦いが出来ていない(投打とも固定メンバー偏重)気がします。補強もなければ2選手は不本意な退団。。

後半戦は、入れ替えや新戦力を起用しての、CS主催権を狙いに行きたいところですね。何とか福浦の2000本も!
同じことを繰り返すのが好きなチーム笑。 (ひふみんJAPAN)
2018-07-12 09:08:24
前日のお返事のなかに、こんなフレーズを見つけまして…ですね笑。

笑いの場合は「繰り返す事による笑い」の手法はありますが、野球の場合はたいてい「愚行」でしょうか。

試合は見れておりませんが。たいがい想像はつきますが、外一辺倒。思考停止、思考放棄の外一辺倒攻め。

田村が辿りついた回答なんですかね?
どうにも、もっと長いものにまかれているというような組織人としての。
あるいはチーム内の戦略チームの顏を立ててあげているのかなぁ…と推察したりしちゃいます。

走る方の企画も、戦略チームからデータが上がってきて、「あまり効果は無かった(あくまで推測です。)」との結論から、バントやエンドランにシフトしちゃったりしてるのかなぁ…と推察しちゃってます。

まぁ、これも既視感。同じことを繰り返すのが好きなチームのようです。
でもさぁ、優勝したのっていつの話ですか??その頃の方法論で戦い続けるの??

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。