環境色彩デザインを考える人へ

長年の経験と実践の中から、色彩デザインに役立つ情報やアイデアを紹介して行きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

惹かれる景色

2011-06-30 21:22:52 | 素材と色彩
これは一昨年の9月、江蘇省・徐州市で色彩調査を行った際の写真です。中国での仕事は主に新しく開発の進む地区に対し、都市計画の方針等との摺り合わせを行いながら、外装色の範囲や使い方の基準(ルール)を考えて行く、という内容が殆どです。

計画の対象が新しい地区のみである場合も、必ずその周辺に残る古い集落へ案内してもらうことにしています。かつてのまちの素材・色彩がどのようなものであったか、興味があるのはもちろんのこと、色の巾や配色の特徴など、新しいまちの計画へ引き継ぐべき要素を探すためでもあります。



こうした集落を訪れると、初めてのはずなのに何故か懐かしいと感じたり、奥に行くほど少し立派な門構えの家がある、といったような集落毎のスケール感や構成が何となくわかるように感じたりすることもあります。最近では、もし自分が建築学科に進んでいたら、集落の研究をしていたかも知れないなあ、などと思うこともあります。



この集落の僅か1キロ程先のまちなみは、既に高層の住棟が建ち並びつつありました。開発のスピードが日本とは比べ物にならない速さである中国において、もしかするとこの景色も既に消失しているかも知れない、と思ったりもしています。



調査の際の写真と測色のデータは国内外問わず、CLIMATの相当なストックとなっています。研究のために集めてきたデータではありませんが、環境色彩デザインという仕事において、何かここから引き継げるものを次代へ繋いでいくことは出来ないだろうかという意識が、いつの間にかびっしりと身体にこびりついている様な気がします。

なぜその地で長い時を経てきた素材や色彩に惹かれるのか。失われゆくものに対する郷愁だけでなく、人々の暮らしぶりやその営みがつくり出した風景を見ていると、それぞれの国や地域の文化を肌で感じているという感覚を持つことがあります。勢いのある新しい時代へと変化を遂げる様に魅力を感じ、それを否定することが出来ないのと同時に、そうした時間の蓄積を簡単に切り捨てることもできない・してはいけないのでは、という思いが働くためかも知れません。

何が何でもとにかく古いものはいいのだ、と決め付けている訳ではありませんが、それでも自身がどうしようもなく興味を引かれる景色。これまでに訪れたまちを振り返り、素材・色彩の観点からその要因をきちんとまとめてみることにも取り組んで行こうと考えています。
コメント

この程度で充分、というとき

2011-06-29 21:36:40 | 日々のこと
この程度で充分、というとき。手を抜いている・極めていないなど、マイナスに思われる面もありますが、環境色彩デザインにおいては、『周囲との関係性により、控えるべき部分は控えた方が良い場合』が多々あります。いたずらに主張をしない・主張の強度を考えるというと、まだまだ“まわりに埋没する” “周辺の雑多さを変えられないのに何がデザインだ”との厳しい指摘を受けることも多く、自身が常に意識している環境においてのバランス、は本当に難しいものだなと思います。

昨日松戸へ調査に向かう途中、綾瀬駅で乗り換えのために降りると、ホームの目の前に大型店舗があることがわかりました。目線の少し上のちょうど良い位置に、切り文字を使ったサインがありました。

【綾瀬駅下り方面ホームからの眺め】


オフホワイト色の外壁に白のサイン。配色の観点からみると目立たない組み合わせですが、文字の大きさや立体感により問題なく認識出来ます。むしろ控えめで上品な印象さえ感じました。コーポレートカラーで主張しなくても、この場の特性から考えると本当にこの程度で充分だと思います。

見降ろすと一階の入り口部分には良く目立つサインが展開されています。歩行者の目線に併せ、文字の大きさや色をコントロールすることは、地域とよい関係を築いて行くために必要な配慮だと考えます。このような場合にデザイン性という時、姿形が優れているとか、例えばこの店舗の場合、サインに特殊な新しい素材が使われているとか、『これまでと明らかに変わっていること・絶対的な新しさが表現されていること』にはさほど意味が無いように感じるのです。

【ホームから見下ろす1階付近】


…それよりも、線路脇の防護壁に描かれた花の方が気になります。いや、チューリップじゃない方がとか、画風が良くないとか。そんな問題ではありません。電車が走る線路の脇にどのような意匠がふさわしいか、場や機能の特性を鑑みずに壁面仕上げを本体から切り離してしまうと、このような“お絵かき”になりがちです。本当に何かの表現が必要なのか否か、そこから考え直さなくてはならない問題。どのように引き算して見え方を整えるか(依頼された訳でもないのに)、策を練ったりしています。

これまでこのように様々な分野が“デザイン”という名のもとにそれぞれ独自の解釈で、まちに・環境に彩りを放って来ました。個々には面白く、さほど気に留めるほど強すぎる主張ではないものも、方向性や主張の度合いが異なるものが積層して行くと、“誘目性のヒエラルキー”が崩れて行きます。

混沌=悪だと決めつけている訳ではありません。ですが屋外環境の素材・色彩を考えるとき、一歩でも二歩でも引いてみてどうか、ということは必ず考えてみるべき視点だと思っています。絶対的に主張をしなければならない状況はもちろんあると思いますが、周囲の状況から、少なくとも現況に対してマイナスの要因とならないための工夫や配慮を行うことが、長くその建築物や工作物の価値を保持することに繋がるのでは、と考えています。
コメント

つや色がもたらす落ち着き

2011-06-27 19:35:29 | 素材と色彩
梅雨です。私は元々雨好きですが、時折鬱陶しく思ってしまう時、自身の心情・身体と環境との係わりを強く意識します。

下の写真はとある会議でのひとコマです。市民広場の舗装に使用する石材の範囲や色・パターンについて、設計者・事業者の提案に対し、地区全体のデザインコンセプトや先に完成している他の建物・デッキ等との関係性について素材・色彩に関する協議を行い、考え方の共通認識化を図るという会議でした。

右側の明度の高い白系の御影石を基調としたい、との提案がありました。汚れ等を考えると、やや明度が高いように感じました。ですが、広場の規模や用途・配置の特性、更には広場への出入り部分にベンチも兼ねた階段が設けられており、鼻先との明度差を確保しなければならないこと等の課題がありました。

基調となる色(素材)と明確な明度差というと、概ねマンセル値で2.0以上が必要です。白系が明度7.0程度だとすると、濃色の方は明度5.0以下が望ましい。面積比によっては更に対比を設けた方が良い場合もあります。色に機能を持たせる場合(誘導や注意喚起等)は、まずはその機能を満たすことを優先する必要があります。それは必ずしも使用する2色の対比を強調するということだけでなく、選定した2色の対比が“他の要素に邪魔されることなく、引き立って見える”ことも含んでいます。

環境の中に新しく出現する要素を常に機能優先で考えていくと、それぞれが主張を繰り広げ過ぎるあまり、全体の関係性が見えにくくなることが多々あります。新しく面的な整備を行う場合は特に『見え方を整える』という意識が不可欠です。

また駅前の広場という公共性の高い空間では、機能や安全性等の側面に対しての配慮とともに、時間の変化が見え方にどのような変化を与えるか、という点にも十分な配慮が欠かせません。

これは雨が降った時、どの程度見え方が変わり、また2色の差異がきちんと保持されるかということを確認してみようと思い水に濡らしたものです。同じ石材でも石種や表面処理の具合等によって吸水率が多少異なりますから、白系と濃灰系の石材の場合、乾き具合にも僅かに差異があることもわかりました。

【水で濡らして放置して置くと、乾き具合に多少の時間差があることがわかる】




結果としてはこの2色を用いて問題ないということがその場で承認され、決定に至りました。

私は雨が降ると“しっとりとした濡れ色は落ち着きがあっていいなあ”と思います。雨天時に草木が艶々と見えるのはもちろんですが、グレイのアスファルト等も黒くしっとりと艶を帯び、夜の車道等ではヘッドライトの灯りによってとてもドラマチックな風景が浮かび上がる場合もあります。

つい先日も内装材の検討の際、突板にクリアな塗装をかけたサンプルを手配したのですが、手元に届いたサンプルは元の生地よりも明度(明るさ)が少し下がり(暗くなり)、彩度は一段階上がって発色が良く、木目の質感がひときわ印象的に感じられました。もちろん、素地の自然な風合いそのままがふさわしい場合もあり、空間の雰囲気に応じて使い分ける必要があります。

水分を含んだような濡れ色・つや色はしっとりと落ち着いた風情をもたらします。水は潤いそのものであり、万物のいのちを支える重要な要素の一つです。水を得た魚という言葉もあるように、私は建物の外観や舗道等が雨に濡れ、くっきりと色合いを濃くする様に、人工物が環境の中で息づいているという印象を持つことがあります。

雨が降ったり、そのあとカラっと晴れて軽やかな印象に変化したり。環境の変化に併せて、その場に在る・居る人工物も連動するようにその表情を変えて行くこと、そしてその様子が視覚的に穏やかに認識できることは、環境に融和的・親和的であるために不可欠な要素なのではないか、とも考えています。
コメント

測色010-三鷹天命反転住宅

2011-06-20 21:01:37 | 建築・工作物・都市の色
先週末、あいにくの曇り空の下、三鷹天命反転住宅In Memory of Helen Kellerの見学会に参加してきました。

最近、環境色彩デザインの仕事の内容について話をしていると、『その論理はわかるんですけど、じゃあ積極的に色を使う、ってやらないんですか』等と質問される機会が増えつつあります。学生を始め、若い方々と接しているからでしょうか。

その問いに対し、個性の強い有彩色(=人の記憶に必ず残る程の強い印象を感じさせる)を扱う可能性やその場合の論理について、色々思いを巡らせています。



このカラフルな外観・内観は、芸術家/建築家である荒川修作+マドリン・ギンズによるもの。『極彩色の死なない家』として、世界各地から見学者が後を絶たないそうです。私が参加した回にも、20数名中3名の外国人の方がいらっしゃいました。

この住宅の作品としての価値や、設計そのものにどのような意図が込められているか、或いは“死なない”の意味等は、数々の著書や上記サイトで知ることが出来ますし、この空間は何よりも『体験してみること』が重要だと思いますので、ここでその詳細を挙げることは避けるべきでは、と考えました。

ここでは私自身が長く気になっていた、『極彩色が景色としてどう見えるのか』ということについて、記しておきたいと思います。

【交差点からすぐ、よく目立つ幹線道路沿いに位置している】


まず交差点に立った時、“あ、あの建物か”という視認性は確かに感じられます。ところがそれは想像していた程強烈な印象ではありません。隣の建物に比べ、少しセットバックしていること、更に敷地内や街路の樹木が前景となり、自然の緑というフィルターを介しているからだと感じました。

【交差点とは反対方向からの眺め】


交差点と反対方向に進んでみても、その印象は変わりません。むしろ高木が完全に前景となり、建物の半分はすっかり後ろに隠れています。恐らく夜間、反対車線から見たときには見過ごしてしまう可能性も高いのでは、と感じました。但し街路樹は落葉樹でしたから、冬場には外観の殆どが視認できるくらいになることが予想されます。季節の変化により色が見え隠れする、という点も興味深く、ぜひ次回は冬時期に(或いは黄色く紅葉した時期にも)再訪したいと思います。

見学会の際、学芸員の方から伺ったお話はどれも大変興味深いものだったのですが、その中で一つ、なぜこのような極彩色が“景観を阻害する要因とは言いがたく、芸術作品として高く評価されるのか”ということの説明になるのではないか、と感じたことがあります。

『色は多色を使うと色同士がそれぞれの存在を打ち消し合うという効果がある。赤色、黄色などという各色に対する認識ではなく、“いろいろな色がある”という認識になる』ということ。確かに、高彩度色を多数使っていますが、多数という印象が強く、どれかの色が突出して目立っている・目立たせようとしているという訳ではないのだということを感じました。

それを実証するかのごとく、通りを挟んだ正面あたりに、次のような屋外広告物があり、色の扱い方の難しさについて、改めて考え込んでしまいました。

【黄色ほぼ1色の看板は色として良く目立ち、環境の中で際立つ】


もちろんこれは広告(サイン)ですから、目立つための配色だと思います。その違いが、景観としての見え方を考える時、“周辺の景観を阻害する要因として働いてしまうのか、ランドマークとして地域に根付くものなのか”という判断に繋がるのではないかと考えています。

まず主張、という点では、天命反転住宅も住宅展示場の広告も同じである、と考えてみます。次に“主張の内容・度合い”を測る必要があるでしょう。そうして個別に・各自が判断することが大切なのではないか、と常々考えています。

三鷹天命反転住宅、私は好きか・住みたいかと聞かれると、嫌いではない、でも一人で住むにはちょっと…という若干の抵抗感があります。ところが、そうした好き・嫌い、或いは住みたいか・住みたくないか、という観点を超えて『これがあと何十年か経ち、多くの人が何度も訪れる三鷹の名所になるかもしれない』という、個人の嗜好とは別のところで、圧倒的な存在感や美術作品としての価値を見出せるように思いました。


私にとって荒川・ギンズの色使いは、想像の範囲を超えたものであったと同時に、その超え方の気持ちよさというか、比較的素直に受け入れられるものだな、という印象を持ちました。竣工して6年。まだまだこれから、周囲の評価も変わっていくかも知れません。ですが、こうした事例は多くの示唆に富み、他の地で“真似たような色使い”や“同様のコンセプトを持った外装色”が出現した時、必ずそれらを景観としてどう見るか、ということのための指針になるはずです。

自身としては、こうして各地の特徴ある色とその環境における見え方、を注視して行きたいと思っています。

ちなみに、測色結果、全色(秘密・調べれればわかりますので)測りきれませんでしたが、いくつか掲載しておきます。
5YR 7.0/10.0、10B 6.0/8.0、10R 8.0/3.0、7.5P 3.0/3.0、2.5G 5.0/10.0、10B 3.0/10.0、7.5GY 6.0/10.0、5Y 7.5/12.0、5R 4.0/12.0…等々、全て参考値です。いずれも、完全な原色ばかりではないことがわかります。個性ある色の組み合わせにより、今までに出逢ったことの無い景色がつくり出されています。

【見学した303号室の一部】
コメント

長く付き合いたい素材-国産タイル

2011-06-15 20:43:43 | 素材と色彩
2月の末、計画中の物件に使用する外装タイルの製品検査に行ってきました。愛知県半田市にある湿式タイルの工場です。

【生地を押し出す時に使う金型。押し出して中央の部分で分割すると、二枚のタイルになる】


タイルは普段から好んで使用する建材の一つです。色や質感のコントロールが比較的自由にできる素材、という意識があります。標準品を使うことももちろんありますが、規模の大きな現場ではタイルの割り付けから係わることが多いため、施工方法も含め形状の選定から検討に参画しています。

決定品を選定するまでに数度の見本焼き(サンプル作成)を行い、形状や色を確認し、さらには目地を詰めた大型の見本まで作成しますので、工場で行う検査は最終確認に過ぎません。ですが数百~数千㎡の製品として製作する際、見本焼きとは色の幅が異なったり少し色相がずれたりする場合もあります。そのズレ方の許容範囲を工場で確認を行うための検査です。

大人になり工場を見学する機会は滅多になくなりましたが、何かがつくり出される場には何とも言えないワクワク感があります。原料である土や窯に入れる前のタイルの数々。焼き上がって間もないタイルからは湯気が立ち昇っています。窯は温度等がコンピュータで制御された近代的な設備が使用されていますが、土を扱っているせいかどことなくおおらかな雰囲気が漂っていました。

ハツリタイルという製品があります。心太のように押し出された生地の表面を削り、岩肌のような表情を出すもので、壁面に貼ると陰影が大きく出て独特の雰囲気があります。その生産ラインも見せて頂いたのですが、たまたま近くに職人さんがいらして、ノミを使った“手バツリ”の技を披露して下さいました。ノミを入れた部分がサクッと削れる様は本当に鮮やかで、カンカンとノミを叩く音が工場内に響き渡ります。一枚をハツるのにかかる時間はわずか10~15秒ほど。それでも手作業は手間がかかるため製品としての値段が高くなってしまうため、現在ではこのハツる作業はほぼ機械で行われているそうです。

【長手の上下三か所にノミを入れることにより、表面にバランスよく面をつくっていく】


また別の粗面タイルの生産ラインでは、成型された生地を窯に入れるため台車に積み上げる作業が行われていました。作業台の台座には銅板が使われています。焼く前の生地はまだ湿っていますので、傷が付かないよう、ツルツルの板の上を滑らせるようにして作業が進められていました。それも惚れ惚れするような素早さ、無駄のない動き。少し意味は異なるかも知れませんが、これも大変優れた日本のものづくりの場だと感じました。

【金型から出てきたタイルを台に移す作業。右から出てきたタイルを立てて井桁状に積み上げて行く】


建造物の外観を保護し、多様な意匠の表現や外観そのものの美観性を保つために使用されるタイル。原料となる素材と金型、さらに表面加工によって実に様々な表情をつくり出すことが可能です。この検査で印象的だったのはご一緒した建築家やゼネコンの設計部の方々が『土の色ってほんと落ち着くなあ』と呟かれていたこと。特にゼネコン設計部の方は普段ガラスや金属等を多用したオフィスビルや高層マンションを多く手掛けられてきた方だったので、風合いのある素材がもたらす表情の豊かさや奥深さを満喫されていたようにお見受けしました。

日本の土を使い、日本の工場で、日本の職人が焼き上げるタイル。訪問した工場で扱っていたせっき質タイルは一枚ずつ微妙に色合いが異なり、とても自然な風合いを持つものばかりです。それは管理された現代の製品でありながら、工芸品としての価値をも見出すことが出来るように感じています。色彩デザインを依頼される案件はコストや工期、さらに構造計算が完了している建築物の場合、後から荷重のかかる仕上げ材を貼ることはできませんので、常にタイルが適しているとは限りません。それでも、色選定の巾の豊かさや多様な形状のバリエーション、そして長い時間の経過に耐える強靭さをもつ建材として、とことんタイルという素材と付き合っていきたい、と考えています。

タイルの検品(割れ・欠け等がないかを最後に人の目で確認する作業)について、工場の方からとても面白い話を伺いました。その場にいた男性一同が、苦笑い…してしまったお話、次回ご紹介したいと思います。

コメント