環境色彩デザインを考える人へ

長年の経験と実践の中から、色彩デザインに役立つ情報やアイデアを紹介して行きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

例えば白、の許容値の図り方

2011-09-02 21:24:22 | 色彩の現象性
普段の業務の中で微妙な色の差異を使いこなそうと考える時、想定している色の前後を何段階か作成し、最終決定色を選ぶ、という作業が多くあります。

下の図は濁りのない白(左)から僅かにグレイッシュなオフホワイト(右)まで、8段階のグラデーションを作成してみたものです。イラストレーターのブレンドというツールを使い、模式的に表現しています。実際に塗料でこのような微妙な色を調合するのは(変化の様子を見るために塗っては乾かし、の繰り返しであるため)とても大変ですが、身近にあるソフトで検証を行うことは随分と容易になったと思います。



左から右へのグラデーションを眺めていても、ここでどの程度の白が良いか、を選定することはとても困難です。ですがもしかすると人によっては“とにかく一番白い、白中の白”“何となく真ん中でいいか”など、色だけを見て即決できる方もいらっしゃると思います。

私がいつも“色彩の見え方”を気にしているのは、選定した色が常に周辺や背景との関係性により見え方が変わる、ということを数多く体験しているためです。

下の図は上の図で作成したグラデーションから4色を選び、並べ方を変えてみたものです。非常に微妙な色差ですが、隣り合う色見本との対比が強まると、双方の色が対比的に見えて来ると思います。例えば左端の白はそのままですが、左から二番目の色が異なることにより下図の最左の白の方が“より明るく”見えると思います。



白は白でもどの程度の白か、という検証は、実際に完成した建築や工作物の外観が“どのように見えるか”を決定付ける重要な作業だと考えています。ここまで微細な検証が必要な場合の他、色味のある色彩や明度の低い色彩においてもこのような検証の意図するところは同様です。

1つの色には必ず上限・加減の許容値があり、その許容値の範囲が周辺の環境の変化を受け入れ、ある程度馴染ませたり少し印象的に見せたりするためのコントロールに繋がる、と考えています。

あの時の白が、この場所のこの環境において同じ見え方をするとは限りません。計画毎に使用する素材・色彩の許容範囲を丁寧に構築する。その作業がとても重要だと思っています。

逆の言い方をすると、事務所内では“この色の転び方はアリ”“こっち(明るい方)に転ぶよりもまだあっち(ちょっと暗め)に転んでくれた方が許せる”というような言い回しを使って会話をしています。このあたりは数値でのコントロールではなく、実際の色見本や材質感を前にしての検証作業です。

恐らく傍から見ると白かライトグレイかその中間か、という程度の議論をしているに過ぎませんが、隣に・背景にどのような色があるかによってこう見えるのではないか、建具など他の建材が持つ色味との取り合い検証は訓練であり、繰り返し行うことによって徐々に選定の精度が上がって来ます。

こうした想定、検証、実証(施工)の流れの中で、殆どブレをなくす事が出来るようになりつつあるものの、周辺の状況は常に変化するため、この訓練が終わることは恐らく無いのでしょう。

一つの色の許容値を見極める作業に慣れてしまえば、色に対する苦手意識は払拭できると考えています。見え方が条件によって変わるのは当たり前のことですから、そうした条件を“踏まえて”検証をすれば良い、と思うのです。
コメント   この記事についてブログを書く
« インプットとアウトプットの... | トップ | 測色012 - 馬車道駅の塗装色 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

色彩の現象性」カテゴリの最新記事