環境色彩デザインを考える人へ

長年の経験と実践の中から、色彩デザインに役立つ情報やアイデアを紹介して行きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

色合わせの許容範囲

2011-02-14 13:43:11 | 色彩指定のポイント
実際に使用する建材での色確認。ここでの検討が最終的な決定色の選定となります。指定した色見本は、下の写真にあるような45×45サイズに切り出して短冊状に並べておくと、他の材料(サッシや床材など)との比較・検証が行いやすく、便利です。小さな色票では正確な比較・判定がしにくいためです。

塗装色見本として提示した色票はケント紙にエマルジョンペイントを塗装したものですから、当然タイルや吹付け等とは質感や見え方が異なります。これは団地の改修の際に行った吹付け見本の確認の模様ですが、指定した色票に対して若干赤みが足りないかなという印象を持ちました。



指定色通りに再現されていない場合、どのように判定するかは難しい部分です。単色で使用する場合はこの程度の誤差は殆ど問題になりませんが、複数色を組み合わせて使用する場合、部分的な色相のズレが不調和な印象を与える恐れがあります。この時、やや不具合があるなと感じたのはアクセントカラーの部分でした。そのため、他の部位(基調色)と合わせてみて、色相のズレが気にならないかという点に注視して、検証を行いました。

【改修後】


上の写真は改修後の様子です。住棟数の多い、大規模な団地でしたので、基調色相はこの5Y系の他にも10YR系・5YR系の3色相を展開しています。この住棟に使用した5Y系は3つの色相の中では最も黄味よりの色相ですから、多少赤味が足りない分には問題ない、という判断をしました。これが逆の場合(赤味に寄りすぎている場合)は、隣の色相(10YR)との差が曖昧になってしまうため、再調整を行っていたと思います。

【改修前】


ちなみに、上は改修前の様子。5PB 6.5/0.5程度の色でした。ごく低彩度の青みがかったグレイですが、北側が日に影ってしまうととても暗く冷たい雰囲気が感じられました。各所で老朽化も目立っていたため、内部もリフォームして若い子育て世代にも入居してもらうようにしたい、という施主の要望から、暖色系の低彩度色を基調としながら形態に併せて適度な分節化を図り、明るく軽快な印象が感じられるような配色を検討しました。

施工直前の色彩選定は、指定した色見本通りに仕上がっているかを確認する作業ですが、どうしても微妙なズレが生じることは避けられません。その際は、他の部位との関係や、屋外で・大面積で出現する、ということも加味し、ある程度の許容範囲を持っておくことも大切だと考えています。
コメント   この記事についてブログを書く
« 自然の変化を大切にするとい... | トップ | 大規模建築物の色彩について... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

色彩指定のポイント」カテゴリの最新記事