環境色彩デザインを考える人へ

長年の経験と実践の中から、色彩デザインに役立つ情報やアイデアを紹介して行きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

基調色はまちの雰囲気をつくる要素

2011-03-28 21:04:26 | 用途や規模、場の特性を考える
環境色彩デザインの基本は周辺との関係性で色を捉える、という点です。個々の善し悪しももちろん大切ですが、基調色の集積はそのまちの雰囲気をつくる重要な要素ですから、どのような規模・用途であってもその一つ一つがまちなみを構成する存在である、と言えます。

普段何気なくまちを歩いている時は、基調色のまとまり、をまず見ています。下の写真(千葉県花見川区)でいうと、『暖色系のやや彩度のある色調でまとまっていて、落ち着いた雰囲気である』という印象を持ちます。



続いて、日本橋浜町です。スカイラインの凸凹感が気になるものの、外装色彩は『ごく低彩度のニュートラル系でまとまっており、都市的な雰囲気が形成されている』と言えます。これはあくまで色彩景観としての印象ですが、決して景観の質と無関係とは言えないだろうと考えます。



色彩の善し悪しは主観で判断されがちです。ですが例え歴史的な蓄積が浅い地域でも、既存の環境は何かしらの『雰囲気』を持っています。その文脈を丁寧に読み解き、地域の共通認識として公正に捉え、まちなみの色彩を調整していくというのが全国各地で進められている“色彩基準を活用した景観形成”です。

例えば下の写真の右側の建物のように、周辺とは大きく異なる色相や彩度の色彩が出現すると、その存在は目立ちやすくなります。“主張したい”“差別化を図りたい”“自社のシンボルカラーだから”“オーナーが好きな色だから”等々、選定の理由はあることと思いますし、くれぐれも、この色自体が問題だ、といっているわけではありません。

それはあくまで、こういう(暖色系・低彩度色)並びの中に出現すると、寒色系のやや色味を感じる色調は対比が強く、また建築の基調色としても見慣れない色彩であることも手伝って違和感を与えやすい、ということです。以前記載した横浜ポートサイド地区のように、地域性を踏まえ、彩度や耐候性に十分留意し、隣り合う建物同士の関係性が整えることが出来れば、見慣れない色彩も十分、建築外装色の可能性はあると考えます。



一定の色調に整えていくための指針が必要となったのは、70年代以降、建材や色材が多様化してからです。日本の伝統的な建築物は木や土、石などの自然素材でつくられて来ましたから、色の範囲は自ずと素材色の範囲に納まっていました。技術の発達により色鮮やかな建材を生産することが可能になった為であり、多彩な表現・演出が可能となりました。

そうして出現した様々な風景は様々な評価があること思います。以前記載した高層建築物と同様、時代の推移も大きく影響していると考えています。基調色の次には、彩度(鮮やかさ)の視点も掘り下げて行きたいテーマです。

(そんなことに誰も興味ないか…と毎回、自身へツッコミを入れつつ…。)

また、新しい現代の素材を用いた建築物については、先に挙げたような日本の伝統的な素材色が必ずしも馴染むとは限りません。それは自身がそのような建築物の色彩計画に係る場合、もっとも難しいテーマです。

現代の新しい建材がつくり出す風景がどのようにまちに根付いていくのか。そんなことも気になっています。
コメント