色レポ

都市・建築・インテリアを、色彩というキーワードからひも解きます。環境色彩計画に特化した企業 クリマのスタッフブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

変わってゆく(であろう)色

2010-03-10 17:33:54 | まち色
先日、突板のサンプルを見るために新木場へ行ってきました。
駅前に、見慣れぬ建物を発見。



昨年7月に竣工したという、木材会館でした。
東京木材問屋協同組合の100周年記念事業の一環であるとのこと。

檜の角材と鉄、コンクリートが主な仕上です。
躯体は鉄筋コンクリート、耐火に対しての様々な処理がなされており…等の建築の専門的なことはさておき。



遠目からは、明るいベージュ色の縦ラインが印象的に映ります。
コンクリートは遠目で見てもコンクリートと認識できるのですが、このベージュ色の部分はどのような素材であるのか想像がつきませんでした。
コンクリートに塗装をかけたようにも見えます。

まさか本物の木材とは。

近づいてみると、それぞれの素材の表情の何とも豊かなこと!

木材会館、の名にふさわしい、木の香漂いそうな佇まい。
自然素材をこれだけふんだんに外部に使用するということは、当然、経年変化による退色等についても十分な考慮がなされているのでしょう。



この建物が、どのように歳を重ねて行くのか…。
人間と同じように、味わいを増す存在であって欲しいな、と思いました。

カトウ

コメント   この記事についてブログを書く
« 都市の風格 | トップ | すっきり系ファミマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

まち色」カテゴリの最新記事