色レポ

都市・建築・インテリアを、色彩というキーワードからひも解きます。環境色彩計画に特化した企業 クリマのスタッフブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昇仙峡周辺で見つけた橋の色について

2011-09-26 19:59:53 | まち色
週末の休みを利用して、山梨県北アルプスへ登山に出かけました。
…が、前日までの雨で道路が通行止め。そのためバスも運休していて、登ることができませんでした。

しかし4時間もかけて来て、何もしないで帰るのはもったいないので、近くの昇仙峡へ行きました。
紅葉には早すぎるのですが、仕方がないですね。

昇仙峡に行く前に荒川ダムを見学。
そこで今回も景色に馴染むこげ茶色の橋を見つけました!



このような色の橋を見ると、シャッターを切らずにはいられません。
カラリスト魂が揺さぶられます(笑)。
周囲の緑の美しいこと!

そして、満足した気持ちで、いざ昇仙峡の滝へ。

これが、その時の滝の写真です。



水が泥で濁ってます。
これでは確かに道路が通行止めになってもやむをえません。
登っていたら、がけ崩れに遭遇していたかもしれません。
そんな風に登山できなかった自分を慰めながら、川沿いを歩いていたら
最後にがっかりするような景色に出会いました。



荒川ダムに架かる橋とは対照的に、自然の緑よりも目立つやや彩度の高い青緑の橋。
色票を持参していなかったので、測色はできませんでしたが、せっかくの自然景観がやや損なわれているような気がしました。
惜しいっ!
この程度なら皆さんは気にならないのでしょうか?
やや色彩に対して、私が過敏になり過ぎでしょうか??

ではでは。
次回は、登山できることを願って。

aya
コメント   この記事についてブログを書く
« カラーコーンの色彩について... | トップ | 時間の流れが育む味わい深い... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

まち色」カテゴリの最新記事