仙台蕃山(蕃山開山堂・西風蕃山・蛇台山蕃山)と萱ヶ崎山~鎌倉山の登山紹介

仙台市近郊には沢山の低山が有りますが、蕃山や鎌倉山は市西部に位置するハイキングやトレッキングで楽しむ初心者に最適です。

仙台蕃山・萱ケ崎山の紹介

2019-12-15 15:58:26 | 登山
蕃山は、仙台市の西部に位置する丘陵地「蕃山」「西風蕃山」「蛇台蕃山」の峰からなり、「萱ケ崎山」へと連なっている。唯一、市街地にそびえる四季を通して、誰からも愛される里山です。蕃山には、国道48号線沿いや大梅寺、錦ケ丘の登山コースがあり、どのコースも登山口から約1時間程度で頂上へ辿り着くことができます。



仙台市周辺近郊には登山を楽しめる沢山の低山が存在しますが、特に蕃山と萱ケ崎山はハイキングやトレッキングに適し、交通アクセスが非常に便利な事と登山コースも多く子供から年配の方まで里山登山を楽しむ事が出来ます。多少の急斜面やアップダウンは有りますが山頂尾根は平坦で比較的登り易く、平日はもちろん週末の土・日には地元や遠方の若者と活き活き世代(シニア世帯)の登山者が訪れトレッキングを楽しみ自然を満喫しています。

衰えた足腰を鍛えるトレーニングに最適な山であり、誰もが一度は登ってみたい山の一つです。
最近トレイルランニングで駆け登る若い男女の姿も多く見かける様になりました。

山登りに必要な服装と持物
登山靴(トレッキングシューズ)無ければ底の厚い運動靴や長靴
ズボンと長袖上着(出来るだけ肌を露出しない服装)
通気性、即乾性の良いものが最適(綿は汗が乾かないので体を冷やしてしまう)
帽子・ザック・おにぎり・飲み物・汗拭きタオル・手袋・雨具・敷物ビニールシート等
登山マナーとしてゴミ等は全て持ち帰りです。


どの登山コースからも1時間足らっずで山頂に登ることが出来ます。
大梅寺コースは昇り階段がきついが、蕃山開山堂まで1時間足らずで辿り着きます。

国道48号線沿いにはいくつかの登山コースがありますが、栗生地区シェルガソリンスタンド向いには山岸コースが有ります。蕃山ビオトープ(ホタルの里)の案内板があり、ここには車を20数台駐車出来ますので車の方は利用下さい。

開山堂から西風蕃山までは4ヶ所のアップダウンが有り、中間途中に鉄塔が建っており、後は平坦地で約25分で行くことが出来ます。

西風蕃山は無線鉄塔2本が目印になります。ここからは見晴し台や蛇台山蕃山、白瀧不動、萱ケ崎山へと連なる分岐点になります。

蛇台山蕃山から黒滝不動尊には急斜面のロープ伝えで下りますが約20分で着きます。
初心者はちょっとしたスリルを経験出来ますマイペースでロープを捕まれば安心して下ることが出来ます。
一度はおすすめしたいコースの一つです。
西風蕃山を下ると100年の森の自然が展開します。枯木や倒れた樹木、太く長い樹木が樹勢しています。

萱ケ崎山には西風蕃山から約25分反射板と鉄塔が目安となります。
途中木に簡易の手作り標識(萱ケ崎山-白瀧)が取付けてますので、迷うことないので道なりに進んで下さい。
ほとんどの登山者が訪れています。送電線下からは蔵王連峰や船形山や泉ケ岳の展望を楽しむ事が出来ます。

蕃山、萱ケ崎山を周遊しても、3時間有れば余裕で登山を楽しむ事が出来ます。
土日や祝日の好天気日に家族や友人等で自然豊かな蕃山、萱ケ崎山登山を楽しみ下さい。

 □蕃山(開山堂)356m
お堂前の石灯炉は東日本大震災に倒れたままの状態




各登山コースから登山者が集うコミニュケーションの場所


見晴台からは太平洋岸が見える

 
□西風蕃山372.5m(無線鉄塔が目印)


西風蕃山山頂

 
□蛇台蕃山山頂366m

 
□萱ケ崎山379.2m(鉄塔と反射板が目印)


萱ケ崎山山頂


蔵王連峰左から屏風岳・刈田岳・熊野岳・雁戸山が見え展望良好


船形山・三峰山・北泉ヶ岳・泉ケ岳が見える展望良好


蕃山の今冬は降雪量が少なく何時もより早い春が訪れました。雪解けとともに早春に咲き告げる植物がカタクリの花です。登山道沿いにはカタクリの可憐な花が淡紅紫色に咲き、至るところに群生して登山者一人一人迎え入れ疲れを癒し、楽しませてくれます。

山野草写真は全て2015年4月に撮影したものです

①カタクリ


②ショウジョウバカマ


③イワウチワ(葉がウチワに似ている)


④シュンラン


⑤スミレ(色んな種類のすみれが生育している)




⑥エイザンスミレ?ヒゴスミレ?花びらが大きい、葉基部が長く株も大きいが分らない


⑦ヒオドシチョウ?成虫のまま冬越しをして、暖かくなるとともに眼をさまし、春一番先に飛びはじめる蝶です(開山堂で見つけた)


⑧茂庭梨野登山コース入口の桜の名所(梨野の一本桜)


蕃山や萱ケ崎山には四季折々の珍しい山野草が生育していますので是非探し求め自然散策をお楽みください。
5月に入るとまた違った山野草マイズルソウやヒメシャガ、山ツツジ等の花が楽しめます。

自然のなかできれいな空気を吸って気持ちよく過ごしたあとは、おにぎりでも食べると最高の至福です。

2019蕃山情報
2019.10.28
朝からの晴天蕃山登山道は雨後は柔らかく泥濘です。今日は西風蕃山の脇(下)の登山道が通る人も少なく獣道化しています
ススキ(茅)や木の枝が覆いかぶさり通り抜けるにうっそうとして気持ち悪いと言った声があり、登山道の刈り込みをしました
見通しも良くなったと思います。
2019.10.30
蕃山登山道は昨日の雨で全体が泥濘があります。54番鉄塔付近登山道は碍子交換工事のため作業していますのでご協力願います。
2019.10.31
10月最後の本日は西風蕃山電波塔下の蛇台蕃山に繋がる登山道2カ所の整備をしました。獣道の様な鬱蒼として登山道に覆い
被さった木の枝やススキを除去見晴しも足元も通り易くなったとと思います。
2019.11.03
今日も西風蕃山から蛇台蕃山に繋がる登山道脇の整備笹竹を刈り込み約4時間掛り固くて大変でしたがすっきりした登山道に
なりました。
2019.11.04
萱ヶ崎山へ行かれる方へ
白滝不動コース分岐標識から萱ケ崎山へ向かう途中に大木が登山道に倒れています。また、萱ケ崎山50番鉄塔周辺は工事の為
ロープが張られて入る事が出来ません休憩スペースも無くなりましたので周知ください。
登山道が整備された蛇台蕃山方面に行かれることをお勧めします。
2019.11.07
蕃山の紅葉も色付きましたこれからは寒さも増し一段と見頃になると思います。
2019.11.13
青空の天候蛇台蕃山に登りました。太陽に輝いた紅葉が赤々と燃えて紅葉は今が見頃です是非蕃山へ登ってください。
2019.11.15
晴れの天気少し風が強く吹きましたが、寒さが増して紅葉は色づき見頃です。
萱ケ崎山鉄塔周辺は碍子交換工事の為立入禁止となっています。2020年1月31までの期間となっています。
2019.11.21
白滝不動コースから蛇台蕃山に連日風が強く晴れた天気を惜しみ登りました。紅葉も風で大分葉が落ちひと頃のような
光景は見られませんがまだ楽しむことが出来ます。展望台からは泉ヶ岳や船形連邦は中腹くらい迄白くなって見えました。
2019.11.26
青空のすっきりと晴れた一日となりました。萱ケ崎山から立石山神社迄臨みました展望地から神社までの間に紅葉が真っ赤に
そびえていました。これが最後の見頃でラッキーでした。一月元日から本日(26日)で蕃山に登ったのが100回となりました。
2019.11.30
蕃山に101回目の登山風が冷たく寒さが感じられます。西風蕃山から53番鉄塔までのコース道は柔らかく滑ります。
2019.12.01
萱ケ崎山鉄塔周辺碍子交換工事と塗装作業が終わり26日頃にロープが撤去され開放されました。鉄塔周辺の休憩スペースが広く
なりましたので萱ケ崎山へお越し下さい見晴らしの良い蔵王連峰が眺望できます。
2019.12.06
時折り雪が舞う中蕃山に登りました少し寒く冷たい風吹きましたが歩行中は体が温まり汗もかきました。
西風蕃山から53番鉄塔までの登山道は少し泥濘の湿地状態で滑りやすく靴も泥が付着します。
2019.12.09
朝から青空の晴天萱ケ崎山からは蔵王連峰が山岸の眺望見晴台からは栗駒山が真っ白に展望で機山脈がうっすらと降った雪を
被りとてもきれいに見えます。見晴台の雑木を間伐し、今までの展望と違いすっきりしていますので見晴台にお越しください。
2019.12.10
昨日に続き本日も青空暖かく汗をかきかき登りました。西風蕃山から53番鉄塔前の急斜面が非常に滑り易い状況です。
霜が降りると登山道の霜が解けて土が柔らかくなり足元が滑りやすいので用注意です。

a href="http://www.blogmura.com/point/01375457.html">PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 仙台作並・鎌倉山(ゴリラ山... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事