映画VSボーリング

http://colorblog.jp/blog/clarence0108/ ←映画のことはこちらで書いてます

『ザ・インタープリター』  ☆☆★★★

2005年05月31日 11時19分40秒 | 映画:2005年公開作
UIP映画は「ほっとけないよ♪ 楠瀬誠志郎」じゃなかった
「ほっとけない 世界の貧しさキャンペーン」を応援してるそうだ。
本編フイルムの頭についてた。「ラブ・アクチュアリー」の監督脚本の
リチャード・カーチスのライフワークだとか。
このCMに出てるのはブラッド・ピット、ペネロペ・クルス、
ジョージ・クルーニーなどそうそうたるメンバー。
興味のある方は↓
UIP映画 HP

<監督>
シドニー・ポラック
シドニー・ポラックと言えばロバート・レッドフォード。
中学時代はデ・ニーロとレッドフォード好きだったからよく見てた。
80年前後?えらい前やな。
この二人の共作といえば「追憶」「愛と哀しみの果て」とか多数。
彼の監督した作品ではなんと46個もアカデミー賞にノミネートされてる
そうです。スゲー!彼自身は監督賞3回、作品賞2回で5回受賞している。

<出演>
ニコール・キッドマン
彼女の出演の映画は10数本は見たけど、実は今までそないに好きや
なかった。ほんまキレイやなあ思い出したのは最近。女性には以前から
大人気やったけど男にはどうやったんやろね。
この映画のニコールは今までで一番キレイだった氣がした。
彼女の出てるので一番好きなのは「ムーランルージュ」だけどね。
ショーン・ペン
もう誰も知ってるベテラン超演技派俳優ですね。
出る映画出る映画話題作で問題作で常に注目の的だった彼。
でも個人的は今より少し若い頃が好きだった。
「カラーズ」やデ・ニーロと共演した「俺たちは天使じゃない」とか。
第2のデ・ニーロと騒がれていた頃。確かにおでこのしわはそっくり(笑)
そんな彼もとうとうこんな発言を先日した。

「もう働かなくても十分生活していけるだけのお金は確保できた。
台本がつまらなくなったら僕は消えるよ」


だそうです。まあ引退宣言した後の方が仕事が多いアンソニー・ホプキンスや
ジェイミー・リー・カーチスとかもいるから一概には言えないけど・・・。

<ストーリー>
独裁者ズワーニ大統領が治めるアフリカのマトボ共和国。マトボ生まれで
ニューヨークの国連で通訳として働いているシルヴィア(ニコール)はある
日ズワーニ暗殺計画の会話を偶然聞いてしまう。
それ以来彼女の周りで不審なことがいろいろ起こる。すぐに当局に通報し
シークレットサービスをつけてもらう。彼女の護衛を担当したケラー
(ペン)はシルヴィアと話すうちに彼女への不信感がつのっていき…


<感想>
さすが社会派サスペンスの巨匠シドニー・ポラック。しっかり政治的
サスペンスでした。ちょっととっつきにくかったが、なんせニコール
とショーン・ペンという共演で魅せる魅せる!
「家族」ってテーマも効いている。
見てない人もいると思うので詳しく書けませんが。

ニコールがたまたま聞いて巻き込まれるだけの映画かと思っていたが
そうじゃなかったですね。いろんな背景が絡んでいた。
今回ほんまに国連の建物の中で撮影したらしいですね。初めてだとか。
ヒッチコックですらいくら頼んでも撮影許可が下りなかったらしいのに。
ちなみに「INTERPRETER」ってのは通訳って意味。
「ちょっとした通訳の間違いで戦争が起こる可能性もある」って…
スゴイ怖い世界。ニコールが担当してたのはクー語。初耳だなあ。
ニコールかペン好きの方にはオススメ。僕にはちょっと…

昔聞いたことあるけどニコールは背が高すぎるから背の低い男性と共演の
時は座ってるシーンが多いらしい。トム・クルーズとかね(笑)
今回もショーンペンと映ってるシーンは立った並ぶことはない。
ラストも無理やりへんな手すりにそんな座り方したことないやろ!って
座り方してるショーンペンおもろいですよ。

昨日のアクセスランキング →  812人  63位  

いろんな映画の続編の噂は→こちら


追憶 コレクターズ・エディション

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント



愛と哀しみの果て スペシャル・エディション

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン



ムーラン・ルージュ ― プレミアム・エディション

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



カラーズ 天使の消えた街

ビクターエンタテインメント



コメント (81)   この記事についてブログを書く
« スラムダンク と るろうに剣心 | トップ | 『ワンダフルライフ』 (9... »
最新の画像もっと見る

81 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (しまりす)
2005-05-31 12:14:25
今回の作品は私はちょっと不完全燃焼なのですが、

まあショーンペンだったからよしとしましょう(笑)
Unknown (wanglin)
2005-05-31 12:25:18
ほっとけない 気になりますよね
TBありがとうございます! (rubicone)
2005-05-31 12:44:29
国連本部にカメラが入ったのは初めてだったとか・・・映画に現実感が加わったように思えるのは気のせいでしょうか?ニコール・キッドマン&ショーン・ペン、よかったです!
クー語 (にら)
2005-05-31 13:01:33
TBありがとうございました。



「マトボ」と同じく、「クー」も架空のコトバだそうです。

-TBありがとうございます- (わし)
2005-05-31 13:07:33
最近なぜかニコールが気になります。一段と美しくなってきたなあと。そんな動機で観にいったのですが、意外とアタリでした。
ショーン・ペン (薬剤師)
2005-05-31 13:08:53
TBどうもです。

ショーン・ペンは、いつも癖のある役ばかりですが、今回はめずらしく「ふつうの人」を演じていて、しかもうまいなと思いました。
別嬪さんはお得? (あかん隊)
2005-05-31 13:39:20
TBありがとうございます。ニコールは別嬪さんだからそれだけでも「お得」なんで、その分を差し引いて考えなあかん、などと思っております。『めぐりあう時間たち』で、つけ鼻つけて、クールな役を乗り切ったが故のアカデミー賞であったろうと思うダス。演技力があっても、美貌に足下救われる…ってなことがあるかもしれませぬ。今回は、良い演技をしなさったと思っとります。ショーン君の演技力やら脇役群のすばらしさに「負けるもんか」といったところでしたろか?
こんにちは (tonton1234)
2005-05-31 14:11:16
「ザ・インタープリター」、

トラックバックさせていただきます。

よろしくお願いします。
この映画には全く関係ないが (NM)
2005-05-31 14:42:33
ブログ始めたのでよろしく。

まだ、内容は全然ないけど。
はじめまして (カント)
2005-05-31 15:23:00
TBありがとうございました。



☆二つですか?キビシイですね。

私は三つあげたい。



ショーンペンの泣きそうな笑顔と、ニコールの美しさに、もう1個増やしました。

(昔は好きじゃなかったのに、今は注目の女優さんです。)



ここおもしろいので、また来ます!



コメントを投稿

映画:2005年公開作」カテゴリの最新記事