雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

星になる前に風のかわをはがす人間模様 つかまらない

2011-06-13 17:07:29 | Weblog


 夕暮れの景色に。



 そうして、また笹井さんをながめて。



 イノセンスでせつない、この若い歌人の詩情。





 風鈴を出し、とうとう肥った縞々の薮蚊が飛び始めた夏








 無事に勤め終えた。同じ言葉だけれど、その日ごとに、思いこめて感謝。


















 
コメント   この記事についてブログを書く
« 硬質な小銭になるのはさびし... | トップ | 梅雨空のすきまさらりと夏の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。