雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

人は皆旅する時計うつそみにめぐりあふならどこへも行くな

2019-08-30 21:36:36 | Weblog

モナリザの肖像画を描いている。

冗談ではなく、あまりの稚拙さに模写とも言えない。
レオナルドのスフマートなど到底出来ず、絵肌は荒く、ジョコンダの顔も幼ない。

晩年のレオナルドはイタリアからフランスへという流浪生活の中で、何年もかけてモナリザを描いたそうだ。

モデルは誰だろう?
レオナルド自身に似ているという話もある。
中年にはまだ早いが、若い女ではない。

が、私が描くと、どこかしら少女顔になる。困ったものだ。




レオナルドは当時宗教上の禁忌だった死体解剖を、破門火炙り覚悟?でひそかに行い、男女の人体の細部まで知悉していたから、モナリザの表情筋のニュアンスは微妙で素晴らしい。

この点、ラファエルロやボッティチェルリは、レオナルドのリアリズムに比肩できないと思う。レオナルドはモデルの頭蓋骨から顔の筋肉、血管まで想像しながら描いたのではないだろうか。

秘密解剖がばれたレオナルドは、異端審問を口八丁手八丁、ありったけのコネを使って切り抜けたそうだ。


それにしても、モデルはレオナルドに深く愛されていたに違いない。彼は生涯独身で、男色だったそうだ。それだからこそ、モナリザへの不思議な愛の逸話が知りたくなる。


今日も感謝。







コメント   この記事についてブログを書く
« 夜明けにはひとむらの夢しま... | トップ | 何ひとつ溢るるなくて油蝉の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。