雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

冬の海の風やはらかき彼方には今ここになき光の見ゆる

2016-12-22 17:34:13 | Weblog


冬の海に。


曇っていたが、西の空にはわずかな明かりが射していた。天気は下り坂の様子。


風邪の治りかけで、寝たり起きたりしながらペン画を描く。



原画は15世紀後半作者不詳の油彩。





白衣の襞など、中世の名残で硬い表現だが、それも素朴で魅力的だ。

キリストの引き締まった口元に、見事な精神性が現れている。



クリスマスまでにはしあがりそうな速度。


風邪も治るといい。



感謝。


コメント   この記事についてブログを書く
« 聖夜待つ天の灯りよECCE HOMO... | トップ | ECCE HOMO この人を見よ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。