雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

冬風のあらあらと澄む思ふことちひさき場所で生くる良きこと

2019-01-23 20:03:22 | Weblog


源氏物語の色彩についての論文を、小説ブログ「さゆらもゆらに水晶虹彩」にアップした。

今回は、色彩分析のメソッド解説の序論を含め、桐壺から藤裏葉まで。

大学院の修士論文に加筆したもので、最初の脱稿からもう三十年経ったのかと思う。





日常の中に源氏物語の時間が流れてゆく。

勉強でき、また考える時間があるのは幸せだ。感謝。



コメント   この記事についてブログを書く
« 遮りてまたまばゆかり海光に... | トップ | やはらかに冬を歩めば日向に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。