雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

ひぐらしの声包みくる何事もたひらかにして濃き油照り

2019-08-10 21:00:12 | Weblog

天使ミカエル。


油彩F6号。






立秋過ぎてから、いっそ真夏らしい。

源氏物語が夢浮橋巻で語りやめたのは、今頃。酷暑の夏を物語のとじめに紫式部は何故選んだのか。そんなことを考えながら、毎日つたない絵を描いている。

感謝。







コメント   この記事についてブログを書く
« 猫畑もふもふ探るそれだけで... | トップ | 驟雨来て首飾りつと重くなる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。