くろさん亭、おかわり

猫と薔薇とお気楽な日々

8月6日

2018-08-06 21:59:51 | 日記
八月六日。

今年も暑い一日。

会社に着いて、汗を拭いていた時にふと時計を見ると

八時十三分。

広島に原爆が落ちた時間の少し前。

きっと、あの朝も次になにが起こるかなんて考えることもなく

汗を拭いていた人々がいたはず。

          

会社に着く前に、会社近くの新聞社の前に張り出される新聞を読むのが毎朝の楽しみなんですが

今朝のコラムに書かれていたのは29年前の忌野清志郎さんの歌のこと。

(清志郎さんの名前ではなく、覆面バンド ザタイマーズ名義だったけど)

その歌は”ロング・タイム・アゴー”

歌詞には”44年前8月6日の朝8時15分”

とありますが、それからもう29年がたったわけです。

          

その時間が長いのか、短いのか。

あの時代から、なにが変わったのか・・。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ウルトラQ? | トップ | 立秋なのに、夏バテ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロング タイム アゴ〜 (ゆぅずぃ)
2018-08-07 07:38:07
73年前‥ 流石に人生よりずっとながくて。
だけれど、29年前・清志郎さん‥ いつもは忘れていても ふっと 思い出すことができる。
とおいとおい昔のようであり。ついこないだのようであり。と 改めて💙
ゆぅずぃさんへ (くろさん)
2018-08-09 22:56:07
遅くなってごめんね。

そうそう、ふっと思い出すことができるっていいよね。ゆぅずぃさんも知っていてよかった♪

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事