マルの素

『お気に入りなもの』をいろいろと。

ハンドボール・日本リーグPart2

2007-02-25 14:12:24 | 部活
日本リーグの試合、今日は岐阜で開催です。
第1試合は豊田合成対湧永製薬。豊田合成、かなり劣勢です。


 <ココから追記>


土曜日に引き続き、ドラ子と一緒に日本リーグを観戦です


会場は岐阜アリーナ。昔は県民体育館という名称でした。
高校時代はよくココに試合に来たもんです・・・いやはや懐かしい。


 戦評はコチラから。


第1試合は、豊田合成対湧永製薬。
豊田合成には岐阜県出身の選手が3名おり、試合前に花束贈呈がありました。


ここまで13勝3敗の湧永製薬と3勝13敗の豊田合成。
実力差もさることながら、選手の体格からして全く違っていて。
あれだけ速攻をやられたら、たまらんだろうなあ。
要のサイドシュートもことごとく阻まれたし。


この試合で、湧永製薬の下川選手が通算400ゴールを達成。
花束贈呈と(なぜか)胴上げがありました。


試合後、またもやサインをもらいに行ったドラ子
稲沢会場ではサイン用の色紙や台紙が無料で配布されていたので
何も用意していかなかったのですが、岐阜会場にはそれがなく。
仕方なく、応援グッズにサインをいただいてきました。


第2試合は、大崎電気対北陸電力。


大崎電気と言えば、この方ですね。




中央で両手を上げている方が、宮崎選手です。


いやはや、おそるべし宮崎人気。
宮崎選手がシュートを打つ度に、ものすごい歓声。
シュートを外せば、会場中で大きなタメ息。
他の選手ももっと応援してあげてよ、という雰囲気で。


試合前の選手紹介の時、ジュニアチームの選手達と一緒に登場したのですが
宮崎選手を担当した少年、座席に戻ると周囲から握手攻め


試合の中で、インターセプトから単独速攻をしかけた宮崎選手。
ちょっとサービスし過ぎ? バックトスならぬバックシュートをして
ボールが明後日の方向に行ってしまった時は大ブーイングでした。


他の選手達と比べ、あまり背が高くない(174cm)宮崎選手ですが
ジャンプシュートの高さとタメは凄い。
助走をつけず、両足でジャンプしてディフェンスのはるか上から打つんだもの。
その身体能力の高さには目を見張るものがありました。


試合後、恒例のサイン会、だったのですが・・・。




皆、宮崎選手のサイン目当てなんです


どうしても宮崎選手&大崎電気の選手達のサインがもらいたいドラ子。
が、サインをしてもらうものがないため急遽、会場内で販売されていた
ヒュンメルのスポーツバックを購入。
試合終了前から並んで待っていたのですが・・・。

無情にも、ドラ子の目前で「後の日程が詰まっているので、ここまで」


ドラ子、号泣


後から後から、人が押し寄せていたもんなあ。
係員はいたものの「後ろから押すな!!」と叫ぶだけで、会場整理もされてなかったし。
この状態では順番もなにもなかっただろうね。


ヘタレなドラ子は、人を押しのける事も「横入りしないで」と言う事もできず
「ここまで」と言われ、泣きながら人混みから出てきました。


人気のある選手なんだから、こうなる事は予測できたんじゃないかなあ?
人が多すぎて、大崎電気の他の選手達が控え室から出てこられなかったみたいだし。
(結局、大崎電気でサイン会をやったのは宮崎選手とあと一人の選手のみ)


大会開催に尽力された岐阜県の関係者の方にはご苦労もあっただろうけど
もう少し配慮されていれば、と思いましたです。


で、ドラ子の落ち込みようが・・・
夕べも眠れなかったみただし、朝食も残すし、であまりにドラ子が不憫で


というわけで、今週末も行く事にしました
会場は西加茂郡三好町の三好公園総合体育館。ちょっと遠いけど。


豊田合成対大崎電気だから、TGの応援もできるし宮崎選手も見られるし、って事で。


今度こそ、宮崎選手のサインがもらえますように



最新の画像もっと見る

コメントを投稿