メルサがあるがね

名古屋郊外・春日井で暮らす日々

噂のマレク・スピラル

2006年01月02日 | サッカーの話
2ちゃんねるで話題になっているグランパスの新外国人(かも?)についての報道をご紹介。ネタ元はベルギーのサッカー情報を扱うこちら。話の内容は次の通り。(以下引用)

クラブ・ブリュッヘはスピラルと再会することはない。



もしかするとマレク・スピラルはこの冬の中断期間の後にクラブ・ブリュッヘでもうプレーしないかも知れない。このスロヴァキア人は日本の名古屋グランパスエイトから非公式のオファーを受けた。これはセフ・フェルホーセン監督のクラブだ。スピラルはすっかり日本への移籍を視野に入れている。

スピラルはこの夏にクラブと契約を結んだ。契約は延長されないだろう。今のところ移籍について何も決まっていない。名古屋はこのDFに200,000ユーロ支払う用意がある。「私は取引が新年に間に合うことを望む。」HNBにいる代理人パウル・クラントは言う。

「マレクは祖国へ戻る前にまだ3年サッカーをできる。彼が最後にもう一度それ相応の契約をとりつけようと希望することは理にかなっている。さらに、個人的に彼は世界の反対側へ引っ越すことをすっかり視野に入れている。」

(ここまで引用)

この選手、1975年生まれの30歳で、191センチの長身。チェコのバニク・オストラウ、シグマ・オロムチュでプレーしてから2002/03年よりベルギーのブリュッヘ(ブリュージュ)へ移籍。ブリュッヘは現在ベルギー・リーグで2位。ブリュッヘは1試合あたりの失点0.94という堅守を誇る。またスロヴァキア代表として28試合に出場。右でも左でも蹴れるとのこと。数字を見る限りでは実に楽しみな選手ではないか。

さて、この交渉話が本当だとして、さて名古屋側の担当者は誰か? 上田氏? そうだとすれば、上田氏が事実上解任されて、交渉はどうなるの? それとも出向役員たち? まさか! いや、フェルホーセン監督自ら? 補強はフロント主導じゃなかったの? あちら側ではずいぶん話がはっきりしているのに、こちら側では何もかもが闇の中。一体どうなっていることやら。

オランダ語の辞書を引いていたら、おもしろいネタを見つけた。新監督フェルホーセン Vergoossen 氏には、是非ともその給料を vergoeden(払い戻す・埋め合わせする)活躍をしてほしいもの。決して vergooien(無駄にする・好機をみすみす逃す)ことのないように。


最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバさせていただきました (Teddy)
2006-01-05 01:31:27
続報も含めて、詳細情報をありがとうございます。

うちの記事で引用させていただくとともに、

トラバさせてもらいました。



オランダ語にドイツ語、いろんな言葉をご存知なんですね。

今後も覗きにきます。

コメントを投稿