テクノロイド

コンピュータやゲーム他、色々日々思ったことをつづっていきます。

HTML解析したいからUbuntu 7.04(Feisty Fawn)にRubyを入れる

2007-06-15 13:03:51 | Ruby, Rails,プログラミング
「とあるホームページの一部を抜き出したい」というわけで、もちろんRubyを使ってやりたいわけなんだけど、そうえいばこないだRuby版PlaggerのPraggerっちゅーのをみつけたぞ。と調べてみた。まだ初期なのでプラグインがそろってないがPlaggerも呼び出せるから補えるようだ。
んでPlagger自体何で騒がれてるかも知らなかったので調べてみたが、どうもやりたいことにしっくりこない。プラグインを組み合わせられるのが便利なんで、理想のプラグインが見つからなければ自分で作るしかないじゃん。プラグイン探しがめんどくさいわい。

ちゅーわけで「ruby html 解析」でググると hpricot というのが見つかった。これは便利そうだ。

でUbuntuにインストール。
rubyとコマンドを打つと、無いから sudo apt-get install ruby と入れろとか言われた。なんで ruby が入って無いの???と驚嘆しつつメッセージのままインストール。
今度はirbと打ったらこれも同様に入れろと言われた。マジ??irbが別なわけ?まあ使わん人もいるだろうけど、とか思いつつ再びインストール。
gemもあるのか?とコマンド打ってみたら sudo apt-get install rubygems しろと出た。これは便利だなとさっそくインストール。

gem install hpricot すると
1. hpricot 0.5 (mswin32)
2. hpricot 0.5 (ruby)
3. hpricot 0.4 (ruby)
4. hpricot 0.4 (mswin32)
5. Cancel installation
>
と出たんでとりあえず 2 を選んだが、エラーで失敗。んじゃと今度は 3 を選ぶがまたエラー。

エラーメッセージを良く見ると mkmf が無いと出てる。はて?と「ubuntu gem mkmf」でググるとありました。開発用のパッケージ ruby1.8-dev も必要だったということだった。

やっとのことで(?)hpricotのインストール完了。
コメント   この記事についてブログを書く
« Ubuntu 7.04を便利に使う為の... | トップ | RGBエンコーダIC »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Ruby, Rails,プログラミング」カテゴリの最新記事