アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

春にピッタリの『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』

2016-02-15 | インド映画

2013年に日本公開され、ヒットした、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(2011)を憶えてらっしゃいますか? 老後をインドのリゾートホテル「マリーゴールド・ホテル」で過ごそうとやってきたイギリス人の熟年者たちは、そこがとんでもないオンボロ・ホテルであることを発見、でもインドの現実とも向き合いながら、どんどん生きる力を付けてたくましくなっていく、というストーリーで、見る者に感動と勇気を与えてくれました。特に、主人公とも言うべき未亡人のイヴリン(ジュディ・デンチ)と、昔メイドをしていたミュリエル(マギー・スミス)の変身ぶりは、物語のハイライトでした。

その主人公たちが、続編で帰ってきます。しかも超豪華なゲスト、リチャード・ギアまでついてくる、というのですから、「マリーゴールド・ホテル」ファンとしては続編を見逃すわけにはいきません。ではまずは、データからご紹介しましょう。


© 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』 公式サイト
  
(2014/イギリス=アメリカ/英語/123分/原題:The Second Best Exotic Marigold Hotel)
  監督:ジョン・マッデン
  主演:ジュディ・デンチ、マギー・スミス、ビル・ナイ、デヴ・パテル、リチャード・ギア
  配給:20世紀フォックス映画
  宣伝:樂舎
※3月4日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

© 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

前回、コールセンターの教育係として初めて働き始め、今回はまた別の仕事に就いているイヴリン(ジュディ・デンチ)。妻が本国に帰ってしまったダグラス(ビル・ナイ)と付き合いつつも、彼の離婚もまだなので、ちょっと宙ぶらりんの状態です。一方、ホテルの若きオーナーであるサニー(デヴ・パテル)の片腕としてホテルを切り回すミュリエル(マギー・スミス)は、今回サニーと共にアメリカのサンディエゴに来ていました。サニーは事業拡大のため、アメリカの投資会社社長バーリー(デヴィッド・ストラザーン)に出資を仰ぎに来ていたのです。相変わらず調子のいいサニーに対し、バーリーは「前向きに検討したいが、ついては我が社から鑑定人を送り込むからよろしく」と返事をします。

さて、一体どんな鑑定人がやってくるのか? 帰国したサニーは戦々恐々としますが、一方で恋人スナイナ(テーナ・デサイー)との結婚式も目前に迫っており、マリーゴールド・ホテルを舞台に、またまた一波乱も二波乱も起きそうな予感が....。

© 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

今回のハイライトは、何と言ってもリチャード・ギアの登場です。ホテルの宿泊客としてやって来た、リチャード・ギア扮するガイをサニーはてっきり鑑定人だと思い込んでしまうのですが、ガイは素のリチャード・ギアのようにインドを楽しみ、思いがけない行動に出たりします。インド好きの豪華ゲストの登場、ジョン・マッデン監督の粋なはからいですね。

© 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

そして、サニーとスナイナの結婚式では、リチャード・ギア始め、ジュディ・デンチらがボリウッド・ダンスを踊るのも見ものです。伝統的なヒンドゥー教結婚式の様子も覗くことができ、インド映画ファンやインド好きには盛り上がり必至のシーンとなっています。

© 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

そのほか、前作のファンには、アメリカでの会議シーンにおけるミュリエルの胸のすくような紅茶指導、イヴリンの買い付けシーンでのプロフェッショナルぶり、その他、ダグラスやノーマン(ロナルド・ピックアップ)らナサケナ男たちに燃えさかる少年のような情熱、さらに男を手玉に取るマッジ(セリア・イムリー)のいいとこあるじゃん!シーンなどなど、心が満たされるシーンがいろいろ登場してサービス満点。夫のダグラスを置いてけぼりにして去った身勝手な妻ジーン(ペネロープ・ウィルトン)でさえ再登場して、娘と共に素敵なシーンを演出するのですから、見終わっての満足度は相当高くなります。

© 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

できれば、サニーをもうちょっと光らせてほしかった、とか、インド映画界からも豪華ゲストを入れてほしかった、とか、まあ不満もあるのですが、春のように暖かい気分になれるので、3月に見るにはピッタリの作品と言うことができるでしょう。ゴージャスな色彩を楽しむためにも、ぜひ大スクリーンでご覧下さい。公式サイトでも見られますが、最後に予告編を付けておきます。

映画『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』予告編



『映画(お出かけ)』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 2016年公開予定のアジア映画... | トップ | イ・ビョンホンがすごい!!... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
嬉しい第二章♪ (Jaan)
2016-02-17 22:21:32
こんにちは。
マリーゴールド・ホテルお気に入りの映画の一つで、DVDでも何度も観たほど(*^。^*)

続きが観れるとは思っていなかったので、とても嬉しくて、3月が待ち遠しいです♪

これだけの名優が観れるのも魅力ですね☆

この映画を観るたびに、私もマリーゴールド・ホテルで老後を過ごしたいと思ってしまいます。
Jaan様 (cinetama)
2016-02-18 12:35:01
いつもコメント、ありがとうございます。

我々熟年組には身につまされるエピソードも多く、それを乗り越える主人公たちが本当にうらやましいです。
私も、マリーゴールド・ホテルで「やっぱ、これがインドよね~」と思いながら老後が過ごせたらと思いますが、思いっきりヒンディー語でサニーに教育的指導を入れそうな気が。

Jaanさんのようなお若い方なら、今度ホテルのオーナー夫人になるスナイナと意気投合しそうですね。
演じているテーナ・デサイー(ティーナー・デーサーイー)、ボリウッドでも伸びるかしらん?
夢見る夢子☆ (Jaan)
2016-02-20 20:51:10
cinetamaさん、お返事ありがとうございます♪

インドのことに詳しく、ヒンディー語の出来るcinetamaさんなら、敏腕マネージャーになれますね!

私の大きな夢が、マザーハウスのような病気や障害者、弱い立場の女性や子供が安心して過ごせる施設を作ることで、マリーゴールド・ホテルのような素敵な場所をそういう施設にできたらいいな♪と思いました。
スナイナのような素敵な女性と仲良くなって、一緒にお仕事できたらいいですね~(*^。^*)
今のところ夢ままですが・・・(笑)

テーナさん、きっとボリウッドでも伸びますよ!
ボリウッドだけでなく、ハリウッドもいけるかも~。

Jaan様 (cinetama)
2016-02-22 09:28:15
再度のコメント、ありがとうございました。

素晴らしい夢をお持ちなのですね。
マザーハウスにもボランティアにおいでになったことがあるのでしょうか。
今回の『マリーゴールド・ホテル』も、いろいろご参考になると思います。

ちょっと仕事が忙しくて、この1週間、自主的カンヅメ状態でした。
フィギュア・スケートに浮気したほかは、どっぷりお仕事だったので、コメントのお返事も遅くなってすみません。
やっと第一段階が終わったのですが、まだ大きな山が.....。
引き続き、気合い入れてがんばります~。
お疲れ様です。 (Jaan)
2016-02-22 21:03:23
cinetamaさん、お忙しいところ、お返事いただき、ありがとうございます♪
お返事いただけるだけでも嬉しいので、遅くなっても、お気になさらずに~。

カンヅメ状態でお仕事されていたのですね。
私だったら、浮気ばかりで、きっと仕事がはかどらないと思います(笑)
まだ大きな山があるとのこと。
お体に気を付けてくださいね!

マザーハウスですが、まだ行ったことがなく、いつか行くためにコツコツ貯金中~
映画観て、私も夢の実現の為に頑張ります(^_^)/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インド映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事