アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

インド映画上映にマラーティー語映画も参入!

2016-02-06 | 西アジア映画

インド人の皆さんが非商業ベースで行っている上映会に、何とマラーティー語映画を上映する団体が現れました。Tokyo Talkiesという団体です。Periploさんからいただいた情報ですが、明日の上映イベントなので、取り急ぎ作品名と時間、場所等をお知らせします。

『Natsamrat(演劇王)』

Natsamrat 2016 Marathi film poster.jpg

(2016年/マラーティー語/166分/英語字幕)

 監督:マヘーシュ・マーンジュレーカル
 主演:ナーナー・パーテーカル、メーダー・マーンジュレーカル、ヴィクラム・ゴークレー

■日時:2016年2月7日(日)午後3:00~
■会場:千葉県市川市、イオンシネマ市川妙典 アクセス
■料金:大人2,000円
■主催:Tokyo Talkies HP

マヘーシュ・マーンジュレーカルは、2000年頃はサンジャイ・ダット主演の『Vastav(真実)』など意欲的な作品を撮っていた監督ですが、その後俳優業の方が忙しくなり(『スラムドッグ$ミリオネア』のマフィアのボス役など)、最近はすっかり監督業とはご無沙汰していました。その彼が、自分の地元マラーティー語映画で久々にメガホンを執るとは。『ラジュー出世する』(92)のジャイ役でお馴染みのナーナー・パーテーカル主演とは、期待が高まりますね。

Natsamrat | Official Trailer | Nana Patekar

マラーティー語映画の舞台もの・演劇もの作品については、「インド映画完全ガイド」の「マラーティー語映画のいま」をご参照下さい。まずは取り急ぎ。

Natsamrat (2016)

 
『映画(お出かけ)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 第10回アジア・フィルム・ア... | トップ | インド映画特別講座<第2回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

西アジア映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事