アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

<インディアンムービーウィーク>上映作品出そろいました!

2019-08-06 | インド映画

昨年までの<インディアン・シネマ・ウィーク(ICW)>がお色直しし、<インディアンムービーウィーク(IMW)>となりました。公式ツイッターで順次発表されていた上映11作品が出そろいましたので、こちらでまとめてみました。公式の情報に拠っているのはタイトルと主演スター名だけなので、後日公式サイトができた場合、データや人名表記が変更になる可能性もあります。悪しからずご了承下さい。

<インディアンムービーウィーク>
 期間:9月6日(金)~26日(月)
 場所:キネカ大森

上映作品
『サルカール 1票の革命』
 2018年/タミル語/164分/原題:Sarkar
 監督:A.R.ムルガダース
 出演:ヴィジャイ、キールティ・スレーシュ

Sarkar - Official Teaser [Tamil] | Thalapathy Vijay | Sun Pictures | A.R Murugadoss | A.R. Rahman


『永遠の絆』
 2019年/タミル語/146分/原題:Viswasam
 監督:シヴァ
 出演:アジート・クマール、ナヤンターラ

Viswasam - Official Trailer | Ajith Kumar, Nayanthara | Sathya Jyothi Films


『ベルボトム』
 2019年/カンナダ語/130分/原題:Bell Bottom
 監督:ジャヤティールタ
 出演:リシャブ・シェッティ、ハリプリヤ

Bell Bottom - Official Trailer | Rishab Shetty | Hariprriya | Jayatheertha | Ajaneesh Loknath


『バレーリーのバルフィ』
 2017年/ヒンディー語/116分/原題:Bareilly Ki Barfi
 監督:アシュヴィニー・アイヤル・ティワーリー
 出演:アーユシュマーン・クラーナー、ラージクマール・ラーオ、クリティ・サーノン

‘Bareilly Ki Barfi’ Official Trailer | Kriti Sanon | Ayushmann Khurrana | Rajkummar Rao


『フライング・ジャット』
 2018年/ヒンディー語/143分/原題:A Flying Jatt
 監督:レモ・デスーザ
 出演:タイガー・シュロフ、ジャクリーン・フェルナンデス

A Flying Jatt | Official Trailer | Tiger Shroff, Jacqueline Fernandez and Nathan Jones


『ジェントルマン』
 2017年/ヒンディー語/145分/原題:A Gntleman, Sundar, Suhseel, Risky
 監督:ラージ・ニディモル、クリシュナ・D.K.
 出演:シッダールト・マルホートラ、ジャクリーン・フェルナンデス

A GENTLEMAN - Sundar, Susheel, Risky | Official Trailer | Sidharth | Jacqueline | Raj & DK


『96』
 2018年/タミル語/158分/原題:96
 監督:C.プレームクマール
 出演:ヴィジャイ・セードゥパティ、トリシャ・クリシュナン

96 Trailer | Vijay Sethupathi, Trisha | Madras Enterprises | C.Prem Kumar | Govind Vasantha


『ウスタード・ホテル』
 2012年/マラヤーラム語/151分/原題:Ustad Hotel
 監督:アンワル・ラシード
 出演:ドゥルカル・サルマーン、ニティヤ・メーナン

Ustad Hotel Official Trailer


『弁護士ジョリー2~真実を白日のもとに』
 2018年/ヒンディー語/137分/原題:Jolly LL.B2
 監督:スバーシュ・カプール
 出演:アクシャイ・クマール、アヌ・カプール、フマー・クレイシー

Jolly LL.B 2 | New Trailer | Akshay Kumar | Huma Qureshi | Subhash Kapoor


『ペーッタ』
 2019年/タミル語/171分/原題:Petta
 監督:カールティク・スッバラージ
 出演:ラジニカーント、シムラン

Petta - Official Trailer [Tamil] | Superstar Rajinikanth | Sun Pictures | Karthik Subbaraj | Anirudh


『カーラ 黒い砦の闘い』
 2018年/タミル語/162分/原題:Kaala
 監督:Pa. ランジート
 出演:ラジニカーント、フマー・クレイシー

Kaala (Tamil) - Official Trailer | Rajinikanth | Pa Ranjith | Dhanush | Santhosh Narayanan

 

では、今後の情報は公式ツイッター&そこに掲載されるウェブサイトからどうぞ。今年も楽しみですね~。



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« アジア映画巡礼@HAPA HAPA v... | トップ | スペース・アーナンディ/イ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
IMW楽しみです (Kawamura)
2019-08-22 22:26:44
cinetama先生、初めまして!
何年も前からこちらを拝見させていただいております先生のファンです。
いつも楽しくてためになるインド映画情報をありがとうございます!!

今年のIMWのラインナップは、タミル3大巨頭の新作が全部公開とあって、今からとても楽しみです。
こちらのブログには、全作品の予告編もリンクされているので、何度も再生して今から予行演習しています。
インド映画は独特の表現もあるでしょうから、こんな多くの作品に日本語字幕を付けるだけでも大変と思いますので、関係者の皆様には頭が下がります。
もちろん、そんなインド映画をこれまで開拓されてきたcinetama先生、あらためまして尊敬です!!

そして時を同じくして大阪でもIDEというインド映画祭が行われるようなのですが、こちらはまだ告知が広がっていない感じです。
ちょっと気になるのは、上映の権利について問題があるのでは?と噂されていることです。
というのも、主催者が会社などではなく個人で、過去に公民館などでDVDを有料で上映していた人達だそうで、
今回IMWと同じ時期に開催されますが、IMWの主催会社とは全然関係ないらしく。
個人でインド映画の権利取得って簡単にできるのか私には謎ですが、先生は大阪の映画祭については何かご存じでしょうか?
応援してよいのかがわからず、もしcinetama先生のお墨付きがあるなら安心して応援や宣伝したいと思っています。

東京も大阪も、秋のインド映画祭が盛り上がるといいなと思います。
8月の残りも『ケサリ』や『シークレットスーパースター』など、印活まだまだ続けます!!
Kawamura様 (cinetama)
2019-08-23 00:40:52
長文のコメント、ありがとうございました。

まず「IDE」というインド映画祭のことですが、私はまったく知りませんでした。
それからお尋ねの件ですが、インド映画の上映権は個人でも買うことができます。
以前は映画の上映権の買い方は、「Theatrical(劇場公開用)」か「Non-Theatrical(ホール上映用)」かに分かれ、それぞれ5年とかの期限を切って買っていました。
今のようなデジタル時代以前なので、かさの高いフィルムが届き、それの保管や字幕入れも大変なため、個人で買うのは非常に難しかったのですが、それでもインド映画を個人で買った方は何人かいます。

それが現在は、インドの映画製作会社が、「どこどこの劇場で○回上映する」という取り決めで劇場上映権を小売りしてくれるそうで、IMWやIFFJ、そして英語字幕で上映している在日インド人の各団体もそのシステムを利用しているようです。
私も最初、在日インド人の団体が上映する作品が普通のシネコンでかけられているのを知って、上映権はどうなっているのだろう、と不審に思ったのですが、いろんなお話をつなぎ合わせてみると、どうやらそういう「小売り可能」システムの恩恵のようです。
従って、「IDE」も同じような上映権の買い方をしていらっしゃれば問題はないと思います。

なお、私はIMWにも、それからその他の団体のインド映画自主上映にも、まったく関わっていません。
こういう風に、インド映画に関する宣伝のお手伝いはなるべくしますが、それを「お墨付き」などという風に取られるとは思ってもいなかったので、非常に驚きました。
そんな風に取られると、今後ブログでいろいろお知らせすることにも二の足を踏みそうになるため、困ったなあ、と思っています。
このブログはもっと気楽に見ていただけるとありがたいので、その点、どうぞよろしくお願い致します。
ご丁寧にありがとうございます (Kawamura)
2019-08-23 04:17:17
早速のご返信ありがとうございました。

なるほど、そういうことだったのですね。
こちらのブログでご紹介がなかったので、もしかすると噂のように何か問題があるのでは…、
と正直思ってしまっておりました。
安心して、もっと気楽にインド映画を楽しもうと思います。
ちょっと神経質な書き込みをしてしまい、申し訳ありませんでした。
これからもブログの更新楽しみにしております!
Kawamura様 (cinetama)
2019-08-23 10:33:08
再度のコメント、ありがとうございました。
Kawamuraさんがすぐご理解下さって、本当にありがたいです。
私は情報収集能力が低いので、このブログで取り上げないものも多いのですが、それは「知らなかった」「紹介のタイミングを逃した」というような理由なので、お許し下さいね。
今後とも、拙ブログをよろしくお願い致します。
(もう1通、ほぼ同じ内容のコメントをいただいたのですが、先にいただいたこちらをアップして、次のものは削除しておきます。悪しからずご了承下さいませ)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インド映画」カテゴリの最新記事