アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

インド映画の春が来る

2012-03-30 | インド映画

5月12日から公開のインド映画『ロボット』の本チラシを送っていただきました。表のビジュアルは仮チラシと同じですが...

裏面が大幅に変わりました。

すごい、公開される映画館がどんどん増えているみたいです。旅行中は『ロボット』公式サイト(音出ます)をチェックしなかったので、びっくりしてしまいました。あと6週間、いよいよ『ロボット』公開の日が近づいています。前にも書いたように今回は編集された日本版、しかもヒンディー語版での公開ですが、ヒットすればタミル語版オリジナルの公開もある模様。5月12日(土)、以下の劇場に走って下さいね。 

渋谷TOEI新宿バルト9横浜ブルク13109シネマズ川崎T・ジョイ蘇我

なお、現在特別鑑賞券1,300円(当日券一般1,800円)が発売中。劇場窓口でお買い求めになれば、先着順でオリジナルポストカードとインドのお香がプレゼントされるそうです。プレゼントの映像をご覧になりたい方は、渋谷TOEIのサイトをクリックしてみて下さいませ。

★★★

それから、香港国際映画祭で会った大阪アジアン映画祭プログラム・ディレクターの暉峻創三にお聞きしたお話もちょっと。この映画祭で、インド映画『神さまがくれた娘』がグランプリとABC賞を獲得したことは前にお知らせしましたが、事前の予想では「観客賞ぐらいは獲るのでは」と思われていたところ、本来はアート系の映画がお好きなはずの審査員の皆さんがこぞってこの映画に参ってしまい、文句なしのグランプリに決定したのだとか。よかったですねー。

また、ヴィクラムの来日についても感激的なエピソードを聞かせてもらいました。実はヴィクラムはこの映画の監督A.L.ヴィジャイと現在別の作品を撮影中で、監督が日本の映画祭に招待されているため、撮影を一時休んで日本に行くと聞いて、「じゃ、僕は自費で行くよ」と大阪にやってきてくれたのだとか。しかも、撮影スケジュールのため2回の舞台挨拶が終わるとインドに戻った監督に対し、ヴィクラムは映画祭の最後まで居てくれたそうです。「授賞式の時は、グランプリを受け取ってくれる彼がいたから様になって、本当によかったです」とのことでした。ヴィクラム、いい人ですね~~~(100回ぐらい言いたい!)。

ABC賞というのは、スポンサーである大阪のABC朝日放送が出す賞で、深夜枠ですがテレビ放映されます。でも暉峻さんの話だと、その放映がむしろショーケース的役割を果たして、劇場公開に結びつくケースもあったとか。関西の皆さんはとりあえずABCテレビでの放映に注目していただいて、それ以外の地域の皆さんは「公開して!」コールを発信して下さいね。見ればあなたもきっと泣ける素晴らしい作品ですので、ぜひ多くの日本人観客に見てもらいたいです。

今年は『ロボット』のほかにも、日本で公開されるインド映画の噂がちらほら。まだまだ噂の段階ですが、もしかしたらインド映画に春が来た....のかも。期待して待っていて下さいね。  

 


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« レスリー・チャンと出逢う香港 | トップ | 張國榮(レスリー・チャン)... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やっほー)
2012-03-31 21:57:34
大阪アジアン映画祭は都合がつかず、見に行けませんでした。

劇場公開、してほしいです。

そして、「ロボット」、ヒンディー語版なのですね。(と言うことは、吹き替えですか?)
ぜひ、タミル語版も見たいです。

>日本で公開されるインド映画の噂がちらほら

まあ!ぜひ、その噂が現実のものになりますように。
インド映画の春よ、来い!!
やっほー様 (cinetama)
2012-04-01 01:15:29
「ロボット」のヒンディー語版ですが、アイシュワリヤー・ラーイはもちろん本人の声ですし、ラジニカーントも自分の声では、と思います。セルフ吹き替えなのではないでしょうか?
ラジニは1980年代ヒンディー語映画によく出ていたので、ヒンディー語のセリフもノープロブレムなのです。
ヴィクラム、ありがとう! (むんむん)
2012-04-01 06:15:43
ヴィクラムは、8年ぶりに再会できましたが、やっぱり優しくて素晴しい方でした!(写真撮ってませんが、一瞬「おうっぽれー」ポーズもしてくれました。笑)
自費のエピソード、びっくりです。いいお話ありがとうございます♪

【ロボット】、ラジニは残念ながらヒンディー版では別の方が吹き替えです。(【Sivaji the boss】のヒンディー版と同じ方です。)
なので、ラジニファンとしては、タミル版の公開までこぎ着けてくれるよう、祈りまくりです!
むんむん様 (cinetama)
2012-04-01 12:26:41
コメント、ありがとうごさいました。ヴィクラムとの再会、よかったですねー。ヴィクラムの「おうっぽれー」ポーズ@大阪を想像すると、頬がゆるみます。いい人ですねー(101回目)。

ヒンディー語版「ロボット」の吹き替えの件も、教えて下さってありがとうごさいました。してみると、80年代の「ドタバタ ツインズ」や、その後の「タイガー 炎の3兄弟」等のヒンディー語も、吹き替えだったのかも知れませんね。

ヒンディー語吹き替え&編集入りの日本公開版「ロボット」もすごく楽しめるのですが、おっしゃる通りタミル語完全版を見たいというのは、インド映画ファンみんなの願いですね。まずは、5月12日からの上映を大成功させましょう!
Unknown (Maymay)
2012-04-01 14:08:05
前回は新潟の者なんて変なHNでお気を使わせてしまい申し訳ありませんでした。
これからはMaymayを名乗ります(笑)よろしくお願いします。
ところで大阪でのヴィクラムのエピソードを感激して読ませていただきました。
いい人ですね~(私で102回目?)是非とも全国規模で公開してほしいです!
『ロボット』も無事新潟でも東京と同じ5月12日公開が決まりました。
成功させるべくこちらでも普及活動しなくては!頑張りますよ~

今年はいよいよインド映画の春が夢物語ではなく現実になるかもしれませんね!ワクワクしています。
Maymay様 (cinetama)
2012-04-01 14:29:42
HNの件、こちらこそすみません。でも、Maymayさんの方が合ってますよ~。香港的なお名前でもありますし、ピッタリです。

「ロボット」、新潟同時公開も決まったのですか。よかったですね。新潟でも「ロボット」を楽しんで下さる方が続出するのを期待しています。宣伝方、どうぞヨロシク!
Unknown (maiko)
2012-04-01 21:30:31
メリーさんに囲まれるヴィクラムはんに萌え、本人のイイ男っぷりにシビれてきました(はぁと)
最初にABC賞の発表があったのでグランプリは「ラブリーマン」と予想しましたが、なんとW受賞!監督に代わってジョークをまじえたスピーチをして会場を盛り上げてました。テレビ放映は本当にインド映画を広めるいい機会になりますよね!めちゃ嬉しいです!!
打ち上げで「ラーヴァンかっこよかったです。最後の橋のシーンが迫力あって」と伝えると「あれはCGじゃなく本当にそこで撮影してるんだ。スタートがかかると神様に安全を祈ってからアクションした」って身振り手振りを加えて教えてくださいました。面白い方ですっ!
そして通訳さんいわくタミル語の「Raavanan」のほうが面白いと。DVD探さなきゃ。
maiko様 (cinetama)
2012-04-01 23:19:35
コメント、ありがとうございました。また、授賞式等の様子もありがとうございます。打ち上げにも参加してくれたんですね、ヴィクラム。いい人ですね~(103回目)。

通訳の方、「ラーヴァナン」をご存じとはすごいです。ひょっとして、字幕監修をして下さったF先生が通訳もなさったのでしょうか?

確かに、「ラーヴァナン」の方がヴィクラムの魅力も断然出ています。ヒンディー語版の「ラーヴァン」でヴィクラムが演じた警部は、「ラーマ様がそんなことしてええんかいっ!」と蹴りを入れたくなる(笑)ようなシーンが何カ所かあったので、ヴィクラム好きの私もキャラになつけませんでした。でも、「ラーヴァナン」の方は彼の素晴らしい演技が見られるため、どっぷりとハマれます。アビシェーク・バッチャンの演技も好きでしたが、やっぱりヴィクラムはすごいです。
ぜひ、DVDを探して見てみて下さいね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インド映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事