アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

インド映画『Secret Superstar』公開日&邦題決定!

2019-05-09 | インド映画

配給会社フィルムランドから、試写状をいただきました。8月公開と聞いていたインド映画『Secret Superstar』、なかなか試写が始まらないのでやきもきしていたところでした。邦題も決定し、公開日も8月9日(金)に決まったようです。というわけで、邦題は....


じゃーん! 「原題カタカナ書き」方式になりました。『シークレット・スーパースター』です(英語綴りが先に来るのでしょうか? その場合はフィルムランド様、お手数ですがご指摘のコメントをお寄せ下さいませ)。ハリウッド映画にはこの方式が多いことは、皆さんご存じだと思いますが、インド映画も特に最近英語でタイトルを付ける作品が多くなっているため、今後この方式が定着するかも知れません。「シークレット」も「スーパースター」も、日本語としてもなじんでいる単語なので、覚えやすいですね。それと、この作品が中国で公開される時に「フォーブズ」の日本語サイトでも2、3度取り上げられたのですが、こちらの記事のようにタイトルを『シークレット・スーパースター』にしてあったので、「ああ、あの映画か」という反応も多く寄せられることと思います。

試写状にあった、キャッチコピーと紹介文もちょっと引用しておきましょう。


少し補足すると、主演のザイラー・ワシームは、『ダンガル きっと、つよくなる』(2016)で、アーミル・カーン演じるスパルタ父さんにしごかれる姉妹のうち、姉ギータの子供時代を演じた女の子です。三つ編みおさげの長い髪を切られて、少年みたいにされて泣いていた子ですね。『シークレット・スーパースター』ではちょっぴり大人になって、ハイティーンの女の子として登場します。日本版ヴィジュアルは上のように彼女の後ろ姿ヴァージョンを使っているのですが、こちらのインド版ポスターはあまり使われず、よく目にしたポスターは下のような感じでした。

Secret Superstar - Poster 3.jpg

中国版や台湾版もこんな感じです。アーミル・カーンの知名度が高く、『ダンガル きっと、つよくなる』も大ヒットしたので、アーミル・カーンが目立つものが選ばれていますね。


私もまだ見ていない作品なので、ちょっと不確かなのですが、『シークレット・スーパースター』は必ずしも主人公の少女のサクセス・ストーリーが描かれて万々歳、という作品ではなく、彼女の家庭が抱える問題もかなり深刻に描かれているとか。それを考えると、日本版の後ろ姿のヴィジュアルは意味深でピッタリなのでは、と思います。試写で拝見したら、また詳しくご紹介しますので、しばらくお待ち下さいね。下に、インド版の予告編を付けておきます。

Secret Superstar - Official Trailer | Zaira Wasim | Aamir Khan | Superhit Hindi Movie

日本版公式サイトはまだできてないようですが(こちらの公式ツイッターも4月1日から不動のまま...)、宣伝活動が早く本格化することを願っています~。

<追記:お詫び&訂正>2019.5.16

上に使用した『シークレット・スーパースター』の日本版ヴィジュアルは仮のものでした。お詫びして、下のヴィジュアルに差し替えます。本文に記述がまたがるため、全面差し替えができないことをお許し下さい。


 


コメント   この記事についてブログを書く
« スペース・アーナンディ/イ... | トップ | 週一『SANJU/サンジュ』<4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インド映画」カテゴリの最新記事