アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

場所訂正のお知らせ:ラオス初の女性監督マティ・ドゥーによる新感覚ホラー『Dearest Sister』上映&トークセッション

2018-07-17 | 東南アジア映画

間際になってからで申し訳ありませんが、先日お知らせした上記イベントの場所が間違っていました。先日アップした記事には訂正を入れましたが、あらためてイベント内容をお知らせします。下の赤字部分が訂正箇所です。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

◇◆7月20日(金) 開催!ラオス初の女性監督マティ・ドゥーによる新感覚ホラー
『Dearest Sister』上映&トークセッション◇◆ 
ゲストに「空族」の富田克也監督、相澤虎之助監督が登壇!

国際交流基金アジアセンターでは、ラオスから同国初の女性映画監督、マティー・ドゥー氏を招聘し、監督作品『Dearest Sister』の上映・監督トークイベントを開催いたします。
本作は初めてのラオス代表映画として2017年アカデミー外国語映画賞にも出品された話題作で、今回は新たな日本語字幕による特別上映となります。
作品では、ホラー的な演出の中にラオス社会が持つ課題や女性から見た現代ラオス社会の一面がリアリティを持って描き出されています。
当日のトークイベントでは、同氏がコ・プロデューサーとして制作にかかわった映画『バンコクナイツ』を制作した富田克也監督、脚本の相澤虎之助氏にもご登壇いただき、お話いただきます。
また、関連企画として映画美学校では“アジアにおけるホラー映画の潮流”と題し、マティー・ドゥー監督と篠崎誠監督による特別講義も行います。
20日(金)のイベントは入場無料、予約不要です。
ぜひこの機会に、お楽しみください。

■開催概要
『Dearest Sister』特別上映&トークセッション(入場無料|予約不要)
【日時】2018年7月20日(金)18:30~20:30(開場 18:00)
【会場】アテネ・フランセ文化センター(最寄駅:御茶ノ水、水道橋駅) アクセス    
    ※定員130名
    ※映画は日本語・英語字幕あり、トークセッションは日本語で進行
【登壇者】
 マティー・ドゥー氏(『Dearest Sister』監督、『バンコクナイツ』コ・プロデューサー)
 富田克也氏(映画監督)
 相澤虎之助氏(映画監督、脚本家)
【プログラム】
 18:30 映画『Dearest Sister』上映(2016年、101分、監督:マティー・ドゥー)
 20:30 トークセッション
【主催】 国際交流基金アジアセンター
【プログラム等詳細】 HP
【お問い合わせ】アジアセンター文化事業第1チーム(担当:谷元、山野)03-5369-6140

■関連企画:「映画美学校マスタークラス」(特別講義|要予約)
 映画美学校では、映画制作を志す方に向けて、マティー・ドゥー監督と篠崎誠監督による特別講義を行います。詳細・予約お申込みは映画美学校ホームページからお願いいたします。詳細はこちら。  
(概要)
7月25日(水)映画美学校 “アジアにおけるホラー映画の潮流”
  19:00 映画『Dearest Sister』上映(2016年、101分、監督:マティー・ドゥー)
  21:00 講義 マティー・ドゥー氏(映画監督)、篠崎誠氏(映画監督、立教大学教授)

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 

ご迷惑をお掛けして、本当に申し訳ありません。前の記事にも書いたように、送って下さったお知らせをコピペして貼り付けてしまったのですが、そのお知らせに書いてあった場所が違っていた、というわけで、「コピペはダメよ~」と常々学生に言っていた矛先が今度はわが身に、というわけですね。チラシには正しい場所が書いてあったので、もう少し注意深くなるべきでした。以後、よく気をつけるように致しますので、お許し下さい。この暑い中、誤って元の会場においでになる方が出ないよう、心から祈っております。


『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
«   目撃!中国インディペンデ... | トップ | バリメーターが振り切れる?... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Dearest Sister (よしだ まさし)
2018-07-24 16:59:27
ラオス映画『Dearest Sister』を観てきました。
もっと血みどろの派手な映画なのかと思ったら、非常に抑制されたタッチのホラー映画でした。
失明しかけている女性が、死者の霊を見るようになり、その霊に襲われてトランス状態に陥りながら3つの数字を口にする。そして、それを耳にした別の女性がその番号の宝くじを買うと、それが当たってしまい…。
予想外の展開となる脚本がよく出来ていて、なかなか面白い作品でした。
しかし、映画も面白かったのですが、それよりも面白かったのが上映後のマティー・ドゥー監督を迎えてのトークセッションでした。ユーモアのセンスがあり、しかも歯に衣着せぬ監督と、『バンコクナイツ』のお二人とのやりとりは爆笑の連続でした。マティー・ドゥー監督、誰もが「姐さん」と呼びたくなるような粋な女性で、キャラが立ちまくりでした。
よしだ まさし様 (cinetama)
2018-07-25 19:45:46
コメント、というか、ご報告ありがとうございました。
「姐さん」タイプのマティー・ドウー監督、トークを聞きたかったです。
カンボジアのソト・クォーリーカー監督もそうですが、頼りになる女性監督がインドシナ半島にはいらっしゃいますね。
国際交流基金がレポートをアップしてくれることを願っています。

私は、その日はちょっと量のある原稿の締め切りでどうしても出られず、今も仕事漬けの日々。
今日から暑さが少しゆるんでありがたいですが、よしださんもお体に気をつけて夏をお過ごし下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東南アジア映画」カテゴリの最新記事