アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

シンガポールのドキュメンタリー映画『To Singapore with Love』上映+α

2018-06-08 | アジア映画全般

シンガポール映画の研究家盛田茂さんから、上映会のご案内をいただきました。以前にこちらでもご紹介した、シンガポールのタン・ピンピン(陳彬彬)監督のドキュメンタリーです。

 

専修大学外国語教育研究室主催 第56 回外国語教育研究会
シンガポールのドキュメンタリー映画上映と解説
タン・ピンピン監督作品
To Singapore, with Love
シンガポールへ、愛をこめて

2013 年/シンガポール/70 分/英語・華語・マレー語・海南語/日本語字幕・英語字幕
2018 年6 月30 日(土) 15:00~17:30
  15:00 趣旨説明 土屋昌明(専修大学経済学部教授)
  15:10 映画上映(70 分)
  16:30 解説 盛田茂(東洋大学アジア文化研究所客員研究員)
場所:専修大学神田校舎 1 号館2階202 教室
千代田区神田神保町3-8(九段下駅・神保町駅)
入場無料 事前申込不要

監督自らが聞き手となり、タイ、マレーシア、英国に居住する政治亡命者たちの祖国シンガポールへの思いを描く。ドバイ国際映画祭アジア・アフリカ・ドキュメンタリー映画部門最優秀監督賞を受賞し、米国、英国、ドイツ、韓国、台湾、香港、フィリピンなどで上映されて高い評価を受けるが、シンガポールでは、国内公開・配給の禁止措置を受けている。今回は、本作の日本上映のために尽力してきたシンガポール映画研究者の盛田茂氏を迎えて、上映と解説・討議を行う。

監督:タン・ピンピン Tan Pin Pin 1969 年、シンガポール生まれ。Moving House(2001)、Singapore GaGa(2005)、Invisible City(2007)、Pineapple Town(2015)、In Time to Come(2017)などの作品があり、国内外で多くの評価を得ている。

主催:専修大学外国語教育研究室 協力:専修大学視覚文化研究会、時代映像研究会
問合せ:専修大学教務課CALL 事務室 Tel: 044-911-0502 Fax: 044-900-7842
    土屋昌明 tuwuchangming@yahoo.co.jp

☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

ついでに、と言っては何ですが、インドに関するドキュメンタリー映画『聖者たちの食卓』上映のお知らせもどうぞ。JICA地球広場のこちらのイベントで上映されるもので、6月16日(土)17:00~18:10の予定です。『聖者たちの食卓』はベルギー映画で、監督2人もベルギー人なのですが、アムリトサルの黄金寺院で供される無料の食事の舞台裏が捉えられています。これに加えて黄金寺院内部のシク教徒礼拝風景とかが撮られていたら一級の資料になるのですが、内部は撮影禁止なのか、それとも彼らが異教徒だから拒否されたのか、残念ながら伽藍内部は出てきません。JICA広場でのイベント当日は、シク教徒の方の解説もあるとのことなので、そういう所を解説で補って下さるといいですね。申し込みが必要なようなので、お申し込みはお早めに。

なお、本作はすでに円盤が出ていますので、参加できないけれど見たい! DVDがほしい! とおっしゃる方はこちらをどうぞ。友人の内海千広さんが字幕を担当しています。

<注:こちらの情報は実はコメント欄にいただいたのですが、送って下さった方は私個人へのメール代わりとして投稿して下さったことがあとでわかり、一度アップしたコメントをとりさげました。Wさん、ご迷惑をお掛けしてすみませんでした>

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 『バーフバリ 王の凱旋』<完... | トップ | タイ映画も来てます!『ポッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア映画全般」カテゴリの最新記事