アジア映画巡礼

アジア映画にのめり込んでン十年、まだまだ熱くアジア映画を語ります

「インド映画連続講座」もひとつ追加開催となりました

2018-10-17 | インド映画

先日、9月24日の記事で追加開催をお知らせした「インド映画連続講座」が、もう定員いっぱいとなりました。インドのジェスチャーに興味のある方が、そんなに多いのでしょうか。それとも、「シャー・ルク・カーン作品から」とうたったのが影響しているのでしょうか。ご紹介するジェスチャーは、すべてシャー・ルク・カーンがやっているわけではなく、その母親役のキラン・ケール(もうおわかりですね、『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』です)がやっているものがあったりしますが、探せばいろいろ出て来ます。目下困っているのは、その画像をどうやって静止画としてテキストに使おうか、という点で、静止画キャプチャーのいいソフトをご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。

 

I appreciate it!

スペース・アーナンディ/インド映画連続講座第Ⅲ期
「インド映画を読む!」
<第1回>ジェスチャーを読む!~シャー・ルク・カーン作品から~

 スペース・アーナンディでは、毎年1つのテーマで行う「インド映画連続講座」を開催中ですが、第Ⅲ期は、第Ⅰ期の男優シリーズ、第Ⅱ期の女優シリーズからはがらりと趣きを変え、「インド映画を読む!」と題してインド映画を深く読み込むための様々なトピックスを取り上げることにしました。
 <第1回>では、皆さんの意表を突き、「ジェスチャーを読む!」と題して、様々なインド的ジェスチャーを取り上げます。よく知られている、首を横に傾ける「イエス」のジェスチャーに始まって、それは何?という謎のジェスチャーまで、様々なジェスチャーとそれに込められた意味を、映画を参照しながら学んでいきます。<第1回>で参照するのは、シャー・ルク・カーンの主演作品。さて、どんな作品が登場するのでしょう? どうぞお楽しみに。

Funny Gestures That Only Indians Use

↑ここから始まるジェスチャーは?

なお、メインの講座と抱き合わせで開催してきた「映画で学ぶヒンディー語塾」も装いを新たにし、いよいよ実際の映画の会話を学びます。ほんの1、2分の会話なのですが、シャー・ルク・カーンがしゃべっていたセリフを実際に自分でしゃべってみると....。あれはこういう意味だったのか、この単語を置き換えれば、自分でも使える等々、シャー・ルク気分に浸りながらヒンディー語が身につきます。ヒンディー語が初めての方でも大丈夫、カタカナ書きが付いているので、その通り読めば意味が通じてしまいます。30分間の濃密なヒンディー語学習体験をどうぞ。

 日時:2018年11月10日(土) 15:00~17:30・・・キャンセル待ち多数のため受付終了
        12月8日(土) 15:00~17:30・・・キャンセル待ち
        12月15日(土) 15:00~17:30・・・お申し込み受付中
 場所:スペース・アーナンディ
    (東急田園都市線高津駅<渋谷から各停で18分>下車1分)
 定員:20名
 講座料:¥2,500(含む資料&テキスト代)
 講師:松岡 環(まつおか たまき)
ご予約は、スペース・アーナンディのHP「受講申し込み」からどうぞ。ご予約下さった方には、ご予約確認と共に、スペース・アーナンディの地図をメール送付致します。床におザブトンをひいて座っていただく形になりますので、楽な服装でお越し下さい(申し訳ないのですが、スペースの関係上イス席はご用意できません。悪しからずご了承下さい)。
皆様とお目にかかれるのを楽しみにしております。(松岡 環)

[講師紹介]
1949年兵庫県生まれ。麗澤大学、国士舘大学非常勤講師。大阪外大(現大阪大)でヒンディー語を学び、1976年からインド映画の紹介と研究を開始。1980年代にインド映画祭を何度か開催したほか、様々なインド映画の上映に協力している。『ムトゥ踊るマハラジャ』『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』『きっと、うまくいく』『pk』など、インド映画の字幕も多数担当。著書に、「アジア・映画の都/香港~インド・ムービーロード」(めこん/1997)、「インド映画完全ガイド」(世界文化社/2015/監修)など。

Itni si....(こんくらい...)

最後に、年末に公開される『ゼロ』の予告編を。この中でシャー・ルク・カーンとサルマーン・カーンが交わしているジェスチャーは? ぴったりのセリフを入れてみましょう。入れられたら、あなたはもうインド映画上級者です!

Zero | Eid Teaser | Shah Rukh Khan | Salman Khan | Aanand L Rai | 21 Dec 2018


『映画(お出かけ)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 追悼シュリーデーヴィー@シ... | トップ | 追悼シュリーデーヴィー:22... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インド映画」カテゴリの最新記事