お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

国際親善試合 イングランド戦

2010-06-01 01:54:00 | ワールドカップ
ワールドカップへ向けた親善試合が
オーストリアのUPCアレナで行われ、
イングランド代表相手に1対2での敗戦
という結果になりました。


試合結果はこちらです。

日時:2010/05/30(日) 日本時間21:15
スタジアム:UPCアレナ
日  本
代 表
前半イングランド
代 表
後半
闘莉王(前半7分)
 
得点オウンゴール(後半27分)
オウンゴール(後半38分)
 警告 
 退場 


出場選手はこちら。

日 本 代 表 イングランド代表
PosNo選手名PosNo選手名
GK21川島 永嗣GKジェームズ
DF15今野 泰幸→後0分29ハート
DF22中澤 佑二DFG.ジョンソン
DF田中マルクス闘莉王→後0分13キャラガー
DF長友 佑都DFファーディナンド
MF17長谷部 誠DFテリー
MF阿部 勇樹DFA.コール
MF遠藤 保仁MFウォルコット
→後41分11玉田 圭司→後0分24ライトフィリップス
FW18本田 圭佑MFハドルストーン
FW岡崎 慎司→後0分20ジェラード
→後20分19森本 貴幸MFランパード
FW16大久保 嘉人MF11レノン
→後26分松井 大輔→後32分28ヘスキー
 FWベント
 →後0分25J.コール
 FW10ルーニー



結果的にオウンゴール2つで逆転されての
敗戦ということですが、選手達は闘っていたと
思います。

チームとして前回の韓国戦よりも良かったことは、

CBに闘莉王選手が復帰したことで、
前へ長い正確なパスが出たことが1つ目。

阿部選手を中盤の底のアンカーの位置に
入れたことで、守備時のバランスが格段に
良くなり、パスカットの本数が増え、
攻撃の回数が増えたことが2つ目。

長友選手が本来の左サイドバックに戻り、
日本の左サイドの攻撃を活性化したことが3つ目。

森本選手に期待を持てるということが4つ目。

といったことでしょうか。


一番残念だったことは、
岡崎選手のワントップ(スリートップの頂点?)が
韓国戦でも機能しなかったにも関わらず、
同じポジションで岡崎選手を使い続けたことです。

このフォーメーションなら、
岡崎選手はツーシャドーの左(スリートップの左?)
で出場した方が、活躍すると思うんですが・・・。
(途中出場からならワントップでもOKだと思いますが。)

森本選手が岡崎選手に代わって出場してからの
日本代表の方が攻め手は増えてたように見えました。

どん底からは脱したようです。
いよいよ次はワールドカップ前の最終戦で、
仮想カメルーン代表とも言えるコートジボワール戦です。


コートジボワール代表にはドログバ選手もいますし、
エトー選手がまだ合流してないカメルーン代表よりも
恐らく強いと思います。

どんな試合をみせてくれるのか、
今回のイングランド戦以上の試合を
みせて欲しいと思います。
ジャンル:
ワールドカップ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 読売ジャイアンツ戦 最終戦... | トップ | 2010年5月 月間成績 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イングランド戦 (しか)
2010-06-01 08:19:18
初コメントで失礼します。
日曜日のイングランド戦 私の感想もほぼ同じだと思います。
この戦術だと中盤で数の優位差を活かし攻撃に
移るこの場合の両サイドが如何に足を動かす
事が大切で能力が?
長友 内田の両サイド(国際試合での試験)となる。
其れと何時も言われる 得点力不足
ルーニーみたいにポストも出来 一人でもゴールを目指す選手居ない
FWに人を掛けれないから、何とか数少ないチャンスを物にする。
3点も?入れたのだから、元気をだして本大会までには、調子を上げて欲しい。
コメントありがとうございます (cindoi)
2010-06-02 03:53:28
しかさんコメントありがとうございます。

確かに、ルーニーみたいな選手が欲しいですね。
少しずつ本田選手の印象が弱くなってきている
のも気になりますし。
両サイドが攻め上がった時に相手ゴール前に入っていく人数の確保と、
中盤の選手がミドルシュートを積極的に狙うとか、
いい意味でFWに頼らない攻めにも期待したいと思います。

コメントを投稿

ワールドカップ」カテゴリの最新記事