お願いしますよ

主に埼玉西武ライオンズに関することを、そしてサッカー、DRAGON GATE、等々についての感想を好き勝手に書いてます。

「 2017 アジアウインターベースボールリーグ 」 参加メンバー

2017-10-21 10:34:27 | ライオンズ 2017
 
  10月19日に、NPB(日本野球機構)より
 
  「2017アジアウインターベースボールリーグ」の参加選手が発表され、
 
  埼玉西武ライオンズから、
 
   田村 伊知郎 投手
 
   國場 翼 投手
 
   山田 遥楓 選手
 
   鈴木 将平 選手
 
   の4選手が参加すると発表されました。
 
 
  また、コーチとして赤田将吾2軍打撃コーチ兼守備・走塁コーチも参加することになったそうです。
 
 
  各選手のコメントが発表されているので確認します。
 
 
   田村 伊知郎 投手
 
   「オフの貴重な場なので、積極的にいろいろな事に取り組み、来シーズンの一軍定着に向け良い時間にしたいです。」
 
 
   國場 翼 投手
 
   「実戦登板する機会をいただいて感謝しています。
    ストレートの質、変化球の精度を高め、来季一軍の戦力になれるようしっかり投げてきます。」
 
   山田 遥楓 選手
 
   「チームを代表して出場するので、自覚を持ってプレーしたいです。」

 
   鈴木 将平 選手
 
   「参加させていただくことは、大変光栄なことですし、とても勉強になると思います。
    自分の力を試し一日一日を無駄にしないように頑張ります。」
 
 
 
   ということでした。
 
   飛躍のきっかけを掴んで帰ってきてください。  
 
コメント

ガルセス投手とファイフ投手をウエイバー公示

2017-10-21 10:33:36 | ライオンズ 2017
 
  10月18日に、フランク・ガルセス投手とスティーブン・ファイフ投手について
 
  ウエイバー公示の手続きを申請したと発表がありました。
 
 
 
  ウエイバーとは?という疑問がわきましたので調べてみました。
 
  ウエイバーは、保有権を放棄するという意味です。
 
  ウエイバー公示とはセ・パの野球連盟に所属する球団が選手と契約を解除した場合において、
 
  その旨を所属の連盟に伝え、連盟がその選手を公示することです。
 
  獲得を望む球団のオファーを待って、優先権は同一の連盟の所属球団で、
 
  下位球団にあるということです。
 
  そして、その期限が1週間です。
 
 
  選手の移籍期限はその何度の7月31日までですが、
 
  ウエイバー公示された選手の外囲はその期限を超えてもよいとされています。
 
 
  なお、ウエイバーによる移籍を拒否した場合は資格停止選手となり、
 
  プロ野球選手としての資格を失うこととなります。
 
 
  獲得を表明する球団が無い場合、ウエイバー公示された選手は自由契約選手となり、
 
  全球団はその選手とはその年度における選手契約を締結することが出来なくなります。
 
 
  つまり、この時期にウエイバー公示の手続きをするということは、
  
  所属球団からの戦力外ということになります。
 
 
 
  ちなみに、両投手の2017年の成績は、
 
 
  フランク・ガルセス投手が、
 
   防御率 6.39 試合数18 勝利2 敗戦2 ホールド0 セーブ0 投球回31回
 
   自責点22 失点25 奪三振21 与四球18 与死球2
 
   対戦打者140 被安打29 被本塁打5 先発数1 完投数0 完封数0
 
   無四球試合0 勝率 .500
 
 
  スティーバウン・ファイフ投手が、
 
   防御率 6.86 試合数5 勝利1 敗戦1 ホールド0 セーブ0 投球回21
 
   自責点16 失点17 奪三振11 与四球13 与死球2
 
   対戦打者108 被安打32 被本塁打2 先発数5 完投数0 完封数0
 
   無四球試合0 昌立 .500
 
 
  という成績でした。
 
コメント

10/20 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ 3回戦

2017-10-21 10:15:11 | ライオンズ 2017
 
  10月20日もクライマックスシリーズ・ファイナルステージが行われました。
 
  では、その試合結果を確認します。
 
 
 
 
  クライマックスシリーズ・ファイナルステージ  3回戦
   2017年10月20日(金)  ヤフオクドーム(18時試合開始)
    福岡ソフトバンクホークス   2勝2敗0分
     観客数:35333人   試合時間:3時間16分

 
TEAM101112
 Eagles   10
 Hawks   10
  球審:山本貴則 / 塁審(一):有隅昭二/ 塁審(二):杉本大成 / 塁審(三):木内九二生
  / 外審(左):丹波幸一 / 外審(右):白井一行 
 
勝利投手  岩嵜(H)1勝0敗0S
セーブ サファテ(H)0勝0敗1S
敗戦投手 福山(E)0勝1敗0S
本塁打 アマダー2号(5回2ラン)
 内川3号(3回3ラン)、中村晃1号(8回2ラン)
盗 塁 
 
バッテリー 則本、福山、青山 - 足立
 和田、石川、嘉弥真、森、岩嵜、サファテ - 髙谷
 
スターティングメンバー
H a w k s E a g l e s
打順Pos選 手 名打順Pos選 手 名
 今宮 健太 茂木 栄五郎
 城所 龍磨 藤田 一也
 デスパイネ 銀次
 内川 聖一 ウィーラー
 長谷川 勇也 島内 宏明
 松田 宣浩 アマダー
 中村 晃 聖澤 諒
 髙谷 裕亮 岡島 豪郎
 本多 雄一 足立 祐一
  和田 毅  則本 昂大
 

 
 
 
 
  という結果になりました。
 
  打順の組み換えがはまりホークス打線が目覚めたようです。
 
  イーグルスは和田投手を攻略し切れなかったことが悔やまれます。
 
  和田投手を引っ張り過ぎた工藤監督は失敗だったと思いますが、
 
  それ以上にここまで文句の付けようの無いリードでホークス打線を封じ込めていた
 
  嶋捕手に代えて足立捕手をスタメン起用したイーグルスは失敗だったのではないでしょうか?
 
  この短期決戦で自ら良い流れを変えるようなことをしたのは・・・。
 
  そして福山投手が中村晃選手に打たれたことが両チームにとって大きなポイントになりそうな気がします。
 
  これで勝敗は2勝2敗ながら、先発投手以外無失点のホークスが有利になったような気がしました。
 
  にしても、今日もホークスはリリーフ投手が良かったです。
 
コメント