NPO法人チコロナイ

広く募金活動を行い、寄付金で山林を買い取り、また山林所有者と保全契約を結び、森林回復の活動を行います。

参加者の感想 2018年5月4日

 | Weblog

 

北海道へ行って

岡山県 (小学3年生)

 

 僕は北海道で魚釣りをしたいと思って、北海道に行くことにしました。

 北海道でしたことは、木を植えた事。植え方を教えてもらって、初めは一緒に植えました。それから、2mぐらいのトドマツの苗を掘ってきて、瑛心くんとミッチーと眼鏡をかけた子と僕で、植えました。大変だったけど、みんなで頑張りました。頑張った後は、うれしかった。瑛心君に、「次、来るときは、長靴持って来いよ。」と、言われました。仲良しのアンジェロ君が今回は来てないから、友達ができるか不安だったけど、北海道の友達が出来てよかったです。使った道具や軽トラもみんなで洗いました。

 山菜採りをしている時は、お兄ちゃんやお姉ちゃんに教えてもらいながら、山を歩きました。瑛心君のお父さんが、大きな木の枝のブランコに乗せてくれて、楽しかった。お蕎麦がおいしかったです。その後は、みんなで泥だらけになって遊びました。

 楽しみにしていた北海道での魚釣りは、この時期はまだ雪解け水が冷たいから無理だと言われて、イワナ釣りの釣り堀に連れてってもらいました。竿を借りて、イカの切り身をつけて、釣り堀に入れると、直ぐに大きなイワナが連れて、15~18匹くらい釣りました。帰って、ストーブで焼いて食べました。沢山釣れて、うれしかったです

 最後の夜は、僕とお母さんともうすぐ90歳になる五郎さんの三人だけでログハウスに泊まりました。良い薪がなくて、五郎さんと二人で段ボールをちぎってストーブの中に入れたり、うちわであおいだりして、一生懸命に火をつけました。

 瑛心君と、また来るねって約束しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 参加者の感想 2018年5月4日 | トップ | 参加者の感想 2018年5月4日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事