NPO法人チコロナイ

広く募金活動を行い、寄付金で山林を買い取り、また山林所有者と保全契約を結び、森林回復の活動を行います。

参加者の感想 2018年5月4日

 | Weblog

二風谷の植林•山菜取りアクティビティ

             カロリーナ

 

 植林・山菜取りというアクティビティは友達に誘われていきました。

私たちは二人ともアイヌの文化とアイヌの歴史に興味がありますので、このアクティビティに一緒に参加しようと思いました。

 私が二風谷に行ったのは初めてでした。しかし、小田先生から情報をお聞きしていました。二風谷の博物館に興味があるので、見学するのもいいチャンスだと思いました。

 また、このアクティビティはアイヌと自然の関係をもっと知るために、重要なチャンスでした。それに、アイヌの料理はどんな料理なのかということも知りたかったです。

 私も友達も学生なので、学ぶ方法はクラスの先生から聞くことと、自分で本を勉強することです。でも、植林・山菜取りは自分の体で覚えるアクティビティでした。そのため、とても面白かったです。

 次に四日のアクティビティについて話します。

植林というアクティビティは初めてでちょっと大変でしたが、だんだん楽しくなってきました。皆一緒に小さい木を植えた時に平和な雰囲気がありました。アクティビティが終わった後、一緒に美味しい食べ物を食べました。

 その夜はログハウスに泊まりました。参加者の皆で小さいパーティーをしました。その時に、アイヌの伝統的な楽器で歌が聞けました。しゃみせんの音に似ていましたが、形と重さは全然違いました。トンコリという楽器でした。とても面白かったです。

最後に五日のアクティビティについて話します。山菜取りというアクティビティをしました。森の中で自然な山菜の取り方と作り方を教えてもらえて楽しかったです。取った山菜で天ぷらそばを作って、一緒に食べました。

 アクティビティのオーガナイザーは本当によくできたと思います。どうしてその地がアイヌにとって大切なのかが今少し分かった気がします。この地はアイヌ民族にとって体みたいなものです。自然の世界とアイヌ民族の密接な関係が分かりました。

 伝問的な食べ物を食べたり、木を植えたり、山菜を取ったり、いろいろな人に教えていただいてアイヌのことを学んだり、温泉に入ったりすることができました。面白くて重要な関係でした。

 皆さんにいろいろお世話にたってありがとうございました。感謝いたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 植林のお知らせ。 | トップ | 参加者の感想 2018年5月4日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事