チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

12月8日(土)、宮崎の「12.8 平和を考える集い」で辺野古の現状についての講演

2018年12月09日 | 沖縄日記・辺野古
 12月7日(金)、那覇を発ち宮崎へ。8日の「12.8 平和を考える集い」で、「辺野古新基地建設は頓挫する」と題して話しをさせていただきました。140人ほどの参加で熱気に溢ふれた集会になりました。  宮崎へは、ちょうど2年前のこの日にも呼んでいただきました。明日。沖縄に戻ります。14日の土砂投入に向けて、また、慌ただしい日々が続きます。   . . . 本文を読む

大浦湾に埋立土砂を積んだガット船が入った! 今後、監視すべきこと(①台船への積替の際、船の間にブルーシートを張っているか? ②雨天時、台船から土砂の濁水が流れないか?)

2018年12月07日 | 沖縄日記・辺野古
 今日(7日・金)は、午後から講演のために宮崎に飛び、月曜日まで沖縄に戻れない。午前中に、安和の琉球セメントの桟橋で違法に土砂を積み込んだガット船4隻とランプウェイ台船が大浦湾に入ったというニュースが流れた。大気汚染防止法や赤土等流出防止条例、さらに公共用財産管理規則等に違反しているとして、県が工事の中止の行政指導を行なっているのに、政府は14日の土砂投入に向けて意地になっているのだ。許せない。 . . . 本文を読む

法令違反を逃れるための防衛省のとんでもない詭弁---「埋立用の岩ズリは土砂ではなく石材」 // 今日も伊波洋一議員が参議院外交防衛委員会で追及

2018年12月06日 | 沖縄日記・辺野古
 今日(6日)も琉球セメント安和桟橋では、土砂の積込作業が続いている。大勢の人たちが抗議にかけつけているが、機動隊が暴力的な規制を続け、ダンプトラックが土砂を積んで敷地内に入っている。また、今日からはカヌーとゴムボートによる海上での抗議行動が始まった。皆、懸命に頑張って台船の出入りをかなり止めたが、やはり海保が規制に入ってカヌーメンバーらを拘束していった。  昨日のブログでも書いたように、この土 . . . 本文を読む

防衛局、知事の中止命令をかいくぐり桟橋からの土砂積込を開始! 知事は毅然とした対応を! // そして現場への結集を!

2018年12月05日 | 沖縄日記・辺野古
  琉球セメント桟橋からの辺野古への埋立土砂積込みは、昨日、デニー知事の作業中止指示により、ストップしたのだが、今日(5日)、防衛局はまたまた姑息な裏道を考えて土砂積込みを開始した。  午後3時頃、50名ほどの防衛局職員、100名を超える機動隊が動員され、桟橋にはガット船が横付けされた。そして、採石場から来たダンプトラックが直接ベルトコンベアに土砂を降ろし、台船への積込みが始まった。 . . . 本文を読む

伊波洋一参議院議員が外交防衛委員会で質問---防衛省が「桟橋を使っているのは琉球セメント」と認めたことにより、赤土等流出防止条例の厳しい規制が

2018年12月04日 | 沖縄日記・辺野古
 沖縄防衛局は昨日、琉球セメントの私設桟橋から埋立土砂を搬出しようとしたが、公共用財産管理規則、赤土等流出防止条例違反の事実が次々と明かになり、デニー知事は作業中止を指示した。  この知事の指示を受け、さすがの防衛局も今日は作業を中止せざるを得なくなっている。ただ、防衛大臣はそれでも、昨日発表した12月14日の埋立開始に変更はないと言明した。(この問題の詳細は、昨日のブログに掲載した沖縄平和市民 . . . 本文を読む

埋立土砂搬出は、防衛局・琉球セメントの違法行為---知事、作業のいったん停止を指示。12月14日からの埋立開始はできない! // 平和市民連絡会の要請書全文掲載

2018年12月03日 | 沖縄日記・辺野古
 12月3日(月)、今日から名護市の琉球セメント桟橋を使って辺野古埋立のための土砂の積出し作業が始まった。現地には午前6時から大勢の人たちが集まり、懸命の阻止行動が始まっている。一方、防衛大臣は、12月14日から埋立を開始すると会見で述べた。  沖縄平和市民連絡会は、県の毅然とした対応を求めようと午前9時に共同代表ら5名が県庁に集まり関係課をまわった。その間にも、現場からは厳しい状況の報告が入っ . . . 本文を読む

明日(3日・月)から埋立土砂の積込が始まる!--- 県は早急に琉球セメント桟橋に立入調査に入り、「目的外使用」として辺野古への埋立土砂搬出を停止させよ! 生活環境保全条例上の問題も

2018年12月02日 | 沖縄日記・辺野古
 今日(12月2日・日)の琉球新報は、防衛局が明日(3日・月)にも琉球セメントの桟橋を使って辺野古の埋立用土砂を積み込むと1面で報じた。「すでに県警や海上保安庁、民間の警備会社と警備体制を協議している」という。今までは、土砂の海上搬送は12月中旬からと報道されていたが、前倒しになったようだ。政府は、なりふりかまわずに、ともかく土砂投入を急いでいる。まだ、準備が調っていないにもかかわらず、「バケツ1 . . . 本文を読む

琉球セメント桟橋からの辺野古埋立土砂の搬送は許可条件違反! 県の毅然とした対応が望まれる。// 県公文書館でもう一つの桟橋の公共用財産使用許可書を入手!

2018年12月01日 | 沖縄日記・辺野古
 12月1日(土)は、毎月第1土曜日の辺野古大行動の日だ。集会は午前11時からなので、朝一番に沖縄県公文書館に行った。  防衛局は、本部港(塩川地区)が台風で損傷したため、岸壁使用許可申請が本部町に受理されないにもかかわらず、12月中旬には辺野古側の埋立(土砂投入)を始めると言われている。いったい何処から土砂を海上搬送するのかと思っていたのだが、名護市の琉球セメントの私設桟橋を使うと報道されてい . . . 本文を読む

琉球セメントの私設桟橋からの辺野古への埋立土砂搬送は許されない! 沖縄平和市民連絡会が県に要請書を提出

2018年11月30日 | 沖縄日記・辺野古
  ここ数日、防衛局が12月中旬にも辺野古の埋立を開始するという報道が相次ぎ、その対応に追われている。特に問題となるのは、本部港(塩川地区)が台風被害のために損傷し、本部町が新たな岸壁使用許可申請を受理しなくなったので、防衛局は名護市の琉球セメントの私設桟橋を使って土砂を搬送しようとしていることだ。  沖縄平和市民連絡会は、今日(11月30日)、沖縄県に対して下記のような申入書を提出し . . . 本文を読む

琉球セメントの桟橋付近には、有刺鉄線が張り巡らされた! 土砂海上搬送に向けた準備作業が続いている

2018年11月29日 | 沖縄日記・辺野古
 29日(木)は、午後、2016年4月、辺野古の海上行動で不当逮捕された目取真さんの国賠訴訟を傍聴した。目取真さんは、軍警に拘束された後、理由も告げられず、弁護士を呼ぶことも拒否されたまま、銃を装備した米兵に監視され、8時間も不当拘束された。憲法34条は、「何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。」と定められているが、まさに憲法違反の . . . 本文を読む

<緊急>防衛局、12月中旬から辺野古に土砂投入か? 名護市の琉球セメント桟橋からの土砂海上搬送は許せない!

2018年11月28日 | 沖縄日記・辺野古
  川崎市での講演会、参議院議員会館での院内集会・防衛省交渉を終え、今日(28日)の午後、沖縄に戻ってきた。  帰宅したとたん、とんでもないニュースが入ってきた。政府がいよいよ12月中旬から辺野古への土砂投入を強行するというのだ。本部港(塩川地区)が台風被害で来年3月頃まで岸壁使用ができないため、本部港(塩川地区)の許可が出ない場合は、「名護市の民間の港」を使うという。  「名護市の . . . 本文を読む

11月27日(火)、参議院議員会館で辺野古新基地建設事業に関する防衛省交渉

2018年11月27日 | 沖縄日記・辺野古
 11月27日(火)、参議院議員会館講堂で辺野古新基地建設事業についての防衛省交渉を行なった。  午後0時半からは、事前の院内集会。会場には130名の人たちが集まった。糸数慶子参議院議員、伊波洋一参議院議員、福島みずほ参議院議員らから挨拶をいただく。赤嶺政賢衆議院議員も緊迫する本会議の前に顔を見せていただいた。その後、私から最近の辺野古の状況、工事再開をめぐる問題点、そして今日の防衛省交渉につい . . . 本文を読む

11月27日(火)の防衛省交渉にご参加を! 26日は川崎市でも講演会  (防衛省交渉質問事項全文掲載) 

2018年11月25日 | 沖縄日記・辺野古
 11月27日(火)、辺野古の工事再開に関して参議院議員会館で防衛省交渉を行ないます。関東方面の方は、是非、おいでください。  当日の質問事項を下に全文掲載します。参考にしてください。  また、前日の26日(月)には、川崎市でも集会があります。      ****************************************** &nbs . . . 本文を読む

11月23日、京都での辺野古講演会に120名 --- 懐かしい人たちが来てくれた。 国政野党6党の代表らも!

2018年11月24日 | 沖縄日記・辺野古
 11月23日(休)朝に那覇を発ち、久しぶりの京都へ。「No Base! 沖縄とつながる京都の会」主催の「辺野古新基地建設 土砂投入を許すな!」という集会で1時間少し、辺野古の話しをさせてもらった。    会場は120名ほどの参加で立ったままの人たちもいるなど、満員となった。昔の友人たち、さらにはなんと大阪から高校時代の同級生など、それこそ数十年ぶりに会う人たちも多く来てくれた。感謝の . . . 本文を読む

次々と露呈する警察庁ー沖縄県警の違法行為。高江機動隊派遣住民訴訟の進行協議が開かれた---沖縄県公安委員会の決定前に全ての準備が進んでいた!

2018年11月22日 | 沖縄日記・辺野古
  2016年夏、政府は北部訓練場のヘリパッド工事を強行するために全国から機動隊を沖縄に派遣し、反対する県民らへの大弾圧を続けた。県外から沖縄に派遣された機動隊は約500人と言われている。  私たちは、県外からの警察車両の燃料費等約900万円を県費から支払ったのは違法な公金支出だとして住民訴訟を提訴した。東京、名古屋、福岡の市民らも、地元の警察職員を沖縄に派遣したのは違法としてそれぞれ . . . 本文を読む