美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

今言えること

2013-06-30 10:26:38 | 沖縄情報
昔、ある方のお手伝いをしていたとき偶然聞いた話の一つです
怖いので今まで黙っていましたが、時代が後押ししてくれています。

これは宮古島でも伝えられていたことです。




10年ほど前から突然パワースポットがメディアで仕掛けられて日本中でブームになりました。

これは支配層からの意図的なモノだったそうです、これは現在に至り多くの人が知るところになりました。


10ほど前から、新たな世の構築が不可視で始まったと一部の神人の間では知られていました。
古代からの星の位置や情報を知らされる立場のヒト達にとって。


そして新たな構築と同時に閉鎖されるラインの強化をしなくてはいけません。
ひっくり返すコテ役。
昔であれば大量の人身御供がつかわれたでしょう。


今はこんな事は不可能。
それパワースポット仕掛け人が登場してきた分けです。

多くの人が未だにパワースポット、神社、沖縄の御獄に出かけて行きます。




結局、多くの人がスピ系ビジネスで支配層の思い通りに動いてしまいました。
ひっくり返す力になるのであれば置いていかれることになるのかも知れません。
これに途中で気がついた人も大勢います。


パワースポットを巡ってきた事がどういった形になるかまるで分かりませんが、そろそろ卒業した方が良いのかも知れません。


沖縄の王府が開けた御獄、宮古島の神様達がいた御獄も磁力をとどめればとどめるほど神人は怖いかな。
これに気がついた神人大勢います、なんだかんだ理由を付けてお奉りを避けてます。



個人的に沖縄でも現在の太陽ラインにはほとんど出かけません。

私が出かけて行くのは王府や空海に閉められたラインに出かけます。
ここが開くわけですから。


中城城跡など、神様もういません新たな神を待つのか?
太陽のラインも変化しましたね。

その為、今年セレモニーが早朝に開かれました.
観客大勢集まりましたね、閉鎖の式典。

大事な石のタワーは改築の名目で取り壊されました。
もうあの輝きは失われまったような。

反面、勝連は輝き出しました。
これはいつまででしょうか?
御先世のネイティブの王達は王府(渡来してきた高句麗?)の仕掛けで同士討ちの悲劇がありました。

時代を得て、ネイティブオキナワンが目を覚ましてきたようです。
心強い限りです。


私の意図を拙い文章から読み取り、スピ系や(神社、御獄への執着)野心的リーダー達から勇気を持って離れてくれた方々もいてプレッシャーでしたがありがとうございました。

一緒に依存から離れることが出来た様です。

またスピを学ぶヒト達(例え数名であっても)の集団エネルギーの怖さも学ばせて頂いた様です。
個人的にこれに気がついた事は大きな助けになりました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近況

2013-06-29 08:49:32 | 沖縄情報
スチール入りの新たなブログ展開考え中ですが、多忙で捗りません。

、ここへ何か書いてと色々な方々からもメールを頂いているところで有り難いです。


得意とするのは宮古島と沖縄ですが来間ラインががこれから動き出すようで沖縄では色々と起こってくると思われます。


それにしても、ここしばらく沖縄の伝承から考える古代史を勉強していますが実に巧妙に王府が隠蔽していて
個人的にも騙されているところが多々見つかり始めています。
実に巧妙です。
沖縄に残されている沖縄言語地名から考えて見たいと思っているところです。

古い沖縄家屋から高句麗瓦を意識したモノが見つかり調べても他に言及が余りないです。
あっても高句麗が沖縄に来た証拠はないとか何とか。

北谷の伝承を調べなさいと言いたい所です。

三山統一で追われた御先世勢力が隠れ住んだ場所を偶然見付けたのですが、噴火口の様になった形で中央に武将の末裔が住み、高い丘は水が流れていた場所が現在でも見る事が出来、御獄にグルリと囲まれ王府から逃れるにはピッタリの場所である事が認識出来ます。

こうやってネイティブオキナワン系は廃れていったのかも知れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来間

2013-06-17 10:11:38 | 沖縄情報
来間の記事待ってらっしゃる方々、遅れました。

本島の座間味が実は古代ギリシアと関連が強いのでこれに集中してしまいました。
座間味には古座の名がつくビーチもあり、御先世信仰の頃の背景が色濃く残さされていて面白いです。


琉球王朝以前、琉球王朝時代、この島から琉球貿易船の船員達が抜粋され重要なポジションについていたことは有名な話です。

航海術と鉄に関する技が優れていて、王府時代の装飾品作りにも関わっていたようです。


さて来間ですが、琉球神界の頂点だと言われていて,新たな世もこの島から開くと言う伝承は根強く語られ続けています。

火の神発祥と伝説がありますから、龍宮のヒヌカンで元の元のヒヌカンと言う事です。

大脈といいわれるところですので、マリアナ海溝を通じ海底火山の神々ではないでしょうか



この火の神が鎮座するという神託を受けた沖縄本島から来た神人と宮古の神人でこれを巡って大騒動となる事がありました。
詳細を知っていますが、常識を欠いた神事はやはり神様にも色々な存在がいると言う事でしょう。
関係者もいますから書きませんが、到底宮古島の神人には受け入れられないことであったでしょう。
後に、本島から来た神人、発狂したと言われています。
火の神は簡単に下ろせないと言う事がこれからも理解が出来ます。
やり過ぎたと言う事でしょうか?


どちらにしろ、ここも伊平屋と強い繋がりがあります。
これは今度記しておきます。







それから、聖地巡り観光や移住されたスピ系や不思議系大好きのひと達へ。

来間の事を先日の記事で書いたとたん、不埒な人達が洞窟を探していたと連絡がありました。
ハッキリとこのブログを見てきたと言う発言があったそうですが。

呼ばれたと言われれば何とも言えませんが、見られていない様で人は見ています。
ここを先祖代々護ってきた神人の気持ちも是非考えて下さい。

半ケツがでた短パン(爆笑)胸が半分出たタンクトップ、サングラスで聖地巡りは控えるのがマナーです。


こういった事が続くと、沖縄本島で揉めているヤンバルの二の舞になってしまいます。
移住者と地元の人の二極化が本当に深刻化しています。

宮古でも最近、双方の確執を耳にすることが多くなりました。


こういった事が続くと、琉球民族独立運動に拍車がかかるきっかけにもなっていることを是非胸にとどめておいて下さい。
ハワイの様になると、善し悪しは別にして琉球民族が全てにおいて最優先され、移住者は色々と思うモノが出て来ると思います。

子供達が一番大変だと思います。











コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ライン

2013-06-07 08:13:01 | 沖縄情報
ブログほったらかし状態なのですが、多くの人が訪れてくれていてありがとうございます。


一端お休みしていますが、以前から宮古島の保良の事について問い合わせが多く寄せられていました。
素晴らしい国定の公園がある場所です。
ここを書いてくれとの要望が多く寄せられました。

確かに来間はほとんど書いていないですね。
ここは大母神がまだ静かな場所ですが、先日の台湾全体の地震で間違いなくここに影響が出たと聞いています。
宮古島の群発地震は規模が小さくても来間が動くと大きく世の中が変動します。

本島のユタからも色々と聞かれますが、先日来間へ出かけた時はそれほど熱い感覚は感じませんでした、個人的にはです。



ここは宮古島本島で言えば沖縄本島の三山のウチの一つです。

 保良 天川 来間(来間は沖縄の神世界では火の神が誕生したとされています、琉球海溝の海底火山と直結)で繋げ
竜宮神世界、白山神世界、富士神世界と繋がっていきます。

大神や池間の事は多くの事をこのブログに記していましたが、来間は様々な理由で後回しにしていました。

これも少しここのブログに記しますね。

来間はある意味、地球全体に関わる島だとも伝承があるのでまた書かせて頂きます。

宮古島のこのラインは、沖縄本島にとっての根の国、風水火にあたると言われ本島から神事に来るユタが多いです。
一人でこられるユタが多いです、理由は一緒に入られるサポート的役割の人と完全にバランスが取れていないと
影響を受けてしまい神事に影響が出ると言うことだそうです。

一緒に来ることがあっても洞窟の外で待って貰う事が多いそうですが。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加