ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、2つのテーマ(「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。
本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の89回目の記事となります。
今回のテーマは、「Withコロナ・Afterコロナ時代に対応するためのICT活用」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!

「Windows10への無償アップグレード方法」
-------------------------------------------------------------------------------

ビジネスITスキル情報 第89回
Withコロナ・Afterコロナ時代に対応するためのICT活用

 

ここ数か月、新型コロナウイルスの影響により、テレワークや在宅での勤務が急激に増加しました。すでに在宅から職場への出社に切り替わっている所も多いと思います。しかし、出社となったとしても「今までと同じように…」といかないのが現状です。

 

今まで対面で行っていた企業訪問などの人との接触や、打ち合わせや会議のような人が集まり密になる状況も、ウイルスの感染防止対策としては敬遠される一つの要因となっています。この状況は1~2か月で終わるものではなく、数年続くと言われています。この状況下でも仕事は進めていかなければいけません。今までの移動や対面を前提とした働き方が大きく変わろうとしています。

 

そこで、おすすめしたいのがWebビデオ会議ツールを利用した会議や打ち合わせです。今までの訪問し対面での対応と同じ状況とは言えませんが、実際に顔を見ながら話すことで、電話だけでは伝えられないような事もカバーすることができます。

「PC・スマホはちょっと苦手…」「難しそう…」と思ってしまう方も安心してください。実際の操作は簡単です。これからの新しいコミュニケーションツールとして是非Webビデオ会議ツールを使ってみてください。

 

<Web会議とは>

Web会議とは、離れている相手と音声通話やビデオ通話によるコミュニケーションを実現するツール(道具)です。音声やビデオ通話以外にもパソコンの画面を共有して同じ資料を見て話し合ったり、自宅や職場にいながらプレゼンテーションをすることもできます。

Web会議には、PCやスマホ・タブレットの他にマイク・スピーカー・カメラが必要になりますが、現在のPCやスマホ・タブレットには、マイク・スピーカー・カメラは内臓されているため、新しく購入しなくてもすぐに始めることができます。

 

<Web会議システム>

Web会議ができるツールには色々なものがあります。無料で使えるものもあれば有料のものもあります。無料で使えるものとして代表的なものをご紹介します。

・Zoom Meetings(ズームミーティング)

・Skype(スカイプ)

・Google Meet(グーグルミート)

 

この中でも操作性が良く簡単に始められるため、お勧めなのが「Zoom」です。3月にセキュリティ上の懸念が指摘されましたが、セキュリティ強化機能を追加した最新版も公開されています。少人数から大規模なセミナーや会議が開催できるほか、色々な機能を兼ね備えていますので、是非リモートワークのツールとして活用してみてください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、2つのテーマ(「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「労務管理情報」をテーマとした社会保険労務士法人ことのは 社会保険労務士 益子英之氏の19回目の記事となります。
今回のテーマは「今年の熱中症対策はマスクを外すことも大切です」となっています。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
「関心が高まるテレワークの導入」

----------------------------------------------------------------------------------------

 

例年梅雨の季節あたりから熱中症予防の啓蒙が始まっていきます。本格的に暑くなる季節前から、職場では熱中症の注意喚起をして予防に努めて頂きたい思いますが、今年は新型コロナウイルス感染症の問題も継続していてマスクを着用した日々がまだしばらく続きますので、例年以上の注意喚起が必要になります。

 

熱中症は、高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして発症する障害の総称で、めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感、意識障害・けいれん・手足の運動障害、高体温などの症状が現れます。

 

熱中症を発症する場面といえば、野外のグラウンドなどの暑い場所が思い浮かびますが、実は「自宅」などの室内で発症する人の割合が一番多いと言われています。室内は暑さやのどの渇きを感じにくくなるので、オフィスワークをしている方もこまめに水分補給をするように心がけましょう。

 

厚生労働省は「新しい生活様式」というものを提言し、「3密(密集・密接・密閉)」を避けるために日常生活の中での3つの基本行動①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗いを呼び掛けています。その中で、マスクに関連しては「適宜マスクをはずしましょう」という項目が設けられいて、以下のようなポイントが記載されています。


 ・気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
 ・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす
 ・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分  

にとった上で、適宜マスクをはずして休憩を

新型コロナウイルス感染防止のためにマスクの着用は大切ですが、時々はマスクをはずすことも意識しながら生活していくことをこの季節は心がけておきましょう。

 

 こうしたことは、言われてみれば当然だと思うのですが、意外と忘れていたりすることなので、職場に掲示するなどして、今年の熱中症予防対策をしてください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )