ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「労務管理情報」をテーマとした社会保険労務士法人ことのは 社会保険労務士 益子英之氏の16回目の記事となります。
今回のテーマは「介護離職防止の取り組み」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
職場におけるパワーハラスメント対策が義務化へ

----------------------------------------------------------------------------------------

 働き方改革の取り組みは、「働きやすい職場環境を構築する取り組み」と言えます。育児や介護などを理由にフルタイム勤務をすることが難しい「制約を抱える労働者」が柔軟に働ける職場環境づくりとして、短時間勤務制度やフレックスタイム制、テレワークの導入などが提言されていますが、企業に広く浸透しているとはまだまだ言えない状況です。

 家族の介護や看護をしながら働いている人は300万人近くいると言われていますが、仕事と介護を両立することが難しくなり退職をする「介護離職者」は10年前から2倍に増えて年間10万人もいます。これは高齢化がすすむ日本にとって、今後の重要な社会問題です。労働者本人にとっては、収入の低下など不安定な生活をすることになり、再就職先を探すことも簡単ではないでしょう(正社員として再就職できた人は半数程度)。一般的に役職者も多くなる40歳~50歳代の人材は介護問題を抱える年代とも重なりますが、企業側にとっても、労働力不足になる問題だけでなく、能力や経験の豊富な中核人材が退職してしまうことは経営リスクマネジメントの視点からも出来るだけ回避したいことです。

 企業は、就業規則に介護休業に関するルールを規定し、「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」に基づいて、要介護状態にある対象家族を介護する労働者からの申し出があれば介護休業等を取得させる義務が課せられていますが、残念ながら労働者の制度利用率は低い状況です。介護の問題は突然発生するので、企業は日頃から制度の内容を労働者に周知し、労働時間短縮取り組みを進めるなど、制度を利用しやすい雰囲気を作って、いざというときに適切に対応できるようにしておく必要があるでしょう。

 

・介護休業:対象家族1名につき通算93日(3回に分けて取得が可能)。

      一定の要件を満たす雇用保険被保険者であれば「介護休業給付金」を受給できる。

・勤務時間短縮等の措置:対象家族1名につき利用開始の日から3年間の間に2回の利用が可能(フレックスタイム制度、時差出勤制度など)。

・介護休暇:対象家族1名は年5日、2名以上は年10日の取得が可能。半日単位の取得も認められる。

・所定外労働の免除:所定労働時間を免除

・時間外労働の制限:法定労働外労働を1か月24時間、1年150時間までに制限

・深夜業の制限:深夜業(22:00~5:00)を免除

 

 そして、介護離職防止に取り組む中小企業を対象に、「両立支援等助成金(介護離職防止支援コース)がありますので、介護休業の円滑な取得・職場復帰への取り組みを進めていきましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。
本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の86回目の記事となります。
今回のテーマは、「仕事の効率を高めるパソコンの小技 Excelのビジネス文書をWordに変換する」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!

Windows10 USBなどのハードウェアの安全な取り外しについて

-------------------------------------------------------------------------------

ビジネスITスキル情報 第86回
仕事の効率を高めるパソコンの小技 Excelのビジネス文書をWordに変換する

 

 皆さんはWordとExcelをきちんと使い分けていますか?

 

 受講生の方から「うちの会社の書類はほとんどExcelで作られていて、印刷をしたら文字が欠けていたり、文字を追加したら崩れることが多いんですがどうしたらよいですか?」という質問を受けることが結構あります。ご案内文書などをExcelで作ってしまうと、レイアウト的にもあまりよくありませんし、印刷時に文字が欠けてしまったり、修正に時間がかかってしまい作業効率も悪くなります。既にExcelで作ってあるものをまた1からWordで作り直すのも大変ですので、Excelで作ってあるビジネス文書をWordに変換する方法をご紹介していきます。

 

 今回は、文字と表が入っているビジネス文書で作業手順をご紹介していきます。

 

① Excelの表を除いた文字の部分だけをコピーし、Wordに貼り付けます。
 普通の貼り付けだと、セルもそのままコピーされてしまいますので、右下に表示されている[貼り付けのオプション]ボタンをクリックして、一覧から「テキストのみ保持」をクリックします。

 

② セルの区切りがタブ文字に変わるので、置換で全てのタブ文字を取り除きます。

 1)【ホーム】タブから<置換>ボタンをクリックします。

 

 2)【置換】ダイアログボックスの<オプション>ボタンをクリックします。

 

 3)[あいまい検索]のチェックを外し、<特殊文字>ボタンをクリックし、一覧から「タブ文字」をクリックします。

 

 4)[置換後の文字列]には何も入力せず、<すべて置換>ボタンをクリックすると、タブがすべて削除されます。置換確認のボックスは<OK>をクリックして閉じておきます。

 

③ 表の部分はコピーし、そのままWordに貼り付けます。

 

 あとは、配置などのレイアウトを整えるだけです。

 Excelで作ったビジネス文書も簡単にWordに変換することができます。もし、ビジネス文書をExcelで作ってしまっているという方は、Wordにした方が仕上がりもきれいですし、修正などに手間をかけることがなくなりますので、Wordで作成することをおススメします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士竹内幸次氏の202回目の記事となります。
前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
クラウド活用で経営革新

--------------------------------------------------------------------------------

第202回 2020年の主な経営環境変化

 株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「クラウド活用で経営革新」に続いて、今回は「2020年の主な経営環境変化」がテーマです。

------------------------------------------------------------------------------

 

2020年の主な経営環境変化

 年末が近くなると、各シンクタンクが来年の景気予想レポートを発表します。2020年はオリンピック・パラリンピックも開催され、消費増税後の景気対策も実施されます。主な経営環境変化について整理してみます。

・シンクタンク系の予想によると、2020年前半の世界経済は徐々に底入れし、後半は回復に向かう。ただし、回復力は弱い。製造業の回復がキー。製造業が低迷すると2020年の世界経済は更に減速する。

・日本では消費増税に伴うキャッシュレス消費者還元事業が終了する(2020年6月末)。

・2020年7月24日~8月9日東京オリンピック開催。8月25日~9月6日東京パラリンピック開催。訪日外国人が更に増える。

・まだ案の段階ではあるが、2020年9月からマイナンバーカードを活用したポイント還元制度が計画されている。還元率はなんと25%とする案がある。

 

 世界経済とは直接関係がないと考えている中小企業経営者も多いかもしれませんが、現代経営では世界動向を無視できない状況であり、大手製造業の賃金の伸び等がジワジワと日本の景気や中小企業経営にも影響してくるでしょう。

 

 

テーマを決めて着実に経営革新する

 御社の2020年の経営革新テーマは何ですか?以下の切り口(領域)と例示を参考にして決めるようにしましょう。

 

(1)マーケティング(販売)面の革新

 例)□ 新商品を開発する(扱う)

   □ 新市場を開拓する

   □ 営業商談力をアップする

   □ 客単価(受注単価)をアップする

   □ キャッシュレス決済方法の導入

   □ Global Webマーケティング(世界向け通販)

   □ クレームを減らす

 

(2)組織・人面の革新

 例)□ 働き方改革への本格的な対応

   □ 採用活動の高度化

   □ 外国人採用

   □ 企業文化の育成

   □ チームビルディングの推進

   □ 退職トラブル回避

 

(3)財務面の革新

 例)□ キャッシュフローの改善(売掛金回収の早期化やサブスクリプションの導入)

   □ 原価管理(コストマネジメント)の徹底

   □ 自計化の推進(クラウド会計ソフトに自社従業員が入力すること)

   □ トータル資本コストの低減

   □ 労働分配率によるマネジメント

 

(4)IT面の革新

 例)□ httpsアドレスへの完全移行

   □ クラウド活用による生産性アップ

   □ モバイル活用とテレワークの一部導入

   □ 集客代行サイト活用から、自社SEO(検索エンジン最適化)への転換

   □ 組織メンバーのセキュリティ意識のアップ-

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )