ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士竹内幸次氏の193回目の記事となります。
前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
変化が多い2019年の経営革新の視点
--------------------------------------------------------------------------------
193回 最大10連休のGWを経営革新に活かす

株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「変化が多い2019年の経営革新の視点」に続いて、今回は「最大10連休のGWを経営革新に活かす」がテーマです。
--------------------------------------------------------------------------------

2019年のゴールデンウィークは超大型連休に

2019年4月から5月に掛けては希望に満ちた明るい雰囲気になることが予想されています。理由は2つです。1つは5月からの新元号のスタート、もう1つはゴールデンウィーク(GW)が10連休になるからです。

新天皇の即位にともなって、4月27日から5月6日の10日間が連休になるのです。もちろん
業種や職種によっては休みがない場合もありますが、多くの国民が長い連休となります。


連休による経済や経営への影響を考える

日本人は世界でも長期休みに慣れていない国民です。海外諸国ではバケーションやホリデーとして長期休暇を取る文化がありますが、日本ではせいぜい3連休ほどが一般的な休暇でした。ところが、土日休みに月曜休みが加わることが増えたため3連休は珍しくなくなり、一般的な休みのような感覚になってきました。

イノベーション(経営革新)は外部環境の変化から生まれることも多いものです。トレンドとしての長期休暇化、直近に迫っている2019年のGW10連休に我々中小企業がどのように対処するとよいのかを考えてみます。

(1)オーバーツーリズムというビジネスチャンス

観光地に過度に旅行者が集まることをオーバーツーリズムと言います。京都等の国際的な観光地のみならず、多くの観光地に観光客が集まっています。オーバーと見なすかどうかは地域住民等の主観にもよりますが、「世界的に進むオーバーツーリズムを解消する市場」が確実に成長しています。例えば、従来は無名であった観光地をアピールすることで観光客の分散を行ったり、予約代行を行ったり、移動手段を開発したり等です。

(2)長期休暇ゆえのセキュリティ

施設もコンピュータシステムも、長期休暇は不正侵入等が心配です。この不安な気持ちが新規市場になります。カメラやセンサーによる施設監視や遠隔によるサイバーセキュリティ市場は、中小企業や一般家庭にも広がることでしょう。

(3)株式市場

月の1/3が稼働しなくなることによる経済活動の低迷が懸念されています。株式市場等は海外で企業業績等に大きな変化があった場合、連休中は日本市場で株式を売買することができないという問題が指摘されています。この投資家の不安を解消する市場が出現するのです。

(4)収益不安

同様にレジャー関連市場以外では、連休によって生産が止まり、受注活動も止まるため、売上が減ることが予想されます。この収益ダウンを保険で補う市場や、ネット販売事業等に多角化することを促すための市場等が期待されます。

中小企業経営者の皆様、「長期休暇」という新しい変化は明らかに多くのビジネスチャンスを生みます。今年のGWを経営革新に活かしていきましょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「労務管理情報」をテーマとした社会保険労務士法人ことのは 社会保険労務士 益子英之氏の7回目の記事となります。
今回のテーマは「平成31年4月から労働条件明示方法が電子メール等でも可能になります」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
働き方改革で取り組む項目は

----------------------------------------------------------------------------------------

第7回 平成31年4月から労働条件明示方法が電子メール等でも可能になります

 労働者を雇い入れた際や雇用契約の更新・変更など、労働契約を締結するときには、使用者は労働者に対して労働条件を明示する必要があります(労働基準法第15条第1項)。

 明示する労働条件については、原則として「書面」で行うことが義務とされていますが、労働基準法が改正され、平成31年4月からは、労働者が希望した場合には、書面以外での方法が認められることになります。労働者が多い企業では労働条件通知書を書面で作成し、交付することに多くの時間を費やしていたかと思いますが、書面以外の方法で行うことが可能になることで明示作業の業務効率化につながり、負担軽減になるものと期待されます。

 具体的にはファクシミリの送信や電子メールなどの方法が認められることにはなります。なお、電子メール等で明示するときは、労働者自身がその電子メール等の記録を出力(印刷)できるものに限られます。

 電子メールで明示ができるようになることで送信・受信記録が残るので、労働条件を明示した・しない、紛失のリスクも減少しますが、その明示内容が適切でないとトラブルが発生することにもなりますので、今一度確認をしておきましょう。

①労働契約の期間に関する事項
②期間の定めのある労働条件を更新する場合の基準に関する事項
③就業の場所及び従業すべき業務に関する事項
④始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて就業させる場合における就業時点転換に関する事項
⑤賃金(退職手当及び臨時に支払われる賃金等を除く。)の決定、計算及び支払いの方法、賃金の締切り及び支払いの時期並びに昇給に関する事項
⑥退職に関する事項(解雇の事由を含む。)

 パートタイマーやアルバイトなどのパートタイム労働者については、上記①~⑥の項目に加え、パートタイム労働法により「昇給の有無」、「退職手当の有無」、「賞与の有無」、「雇用管理の改善等に関する事項に係る相談窓口」の4つの項目も明示が義務付けられています。


 また、労働条件の明示は、雇入れのとき以外にも、給与額の改定や労働時間の変更など労働条件を変更するシーンにも必要になりますが、その際においても電子メール等での明示が可能となりますので、これを機会に労働条件の明示ルールを整理・徹底を進めておきたいものです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の76回目の記事となります。
今回のテーマは、「Windows10で起動時のパスワード入力を省略する方法」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
仕事の効率を高めるWindows10の機能 スタートメニューのカスタマイズ
--------------------------------------------------------------------------------


ビジネスITスキル情報 第76回

Windows10で起動時のパスワード入力を省略する方法


 最近のパソコンは、パソコンを起動する時もロック画面から回復する時も、セキュリティの関係上その都度パスワードの入力を求められます。そのため、1日に何度もパスワードを入れなければいけなくなり、面倒という方も多いと思います。

 Windows10では、パソコンの起動時のパスワード入力を省略するように設定することができます。「パソコンを起動するたびにパスワードを入力するのは面倒…」という方は次の方法で、自動サインイン設定を行ってみてください。

 ただし、パスワードの入力を省略すると、電源を入れるだけで誰でもパソコンを開いたり、操作したりできるようになってしまいますので、セキュリティが低下してしまいます。外部の人が頻繁に出入りする場所で使用する場合や複数の人でパソコンを共有する場合、パソコンを持ち歩くという時はパスワードの入力は省略しないようにしましょう。


自動サインインの設定方法

①[検索ボックス]をクリックし、ボックス内に「netplwiz」と入力します。
検索された一覧から「netplwiz コマンドの実行」をクリックします。



②[ユーザーアカウント]ボックスが表示されます。
[ユーザー]タブにある「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外し<OK>ボタンをクリックします。



③[自動サインイン]ボックスが表示されます。「パスワード」と「パスワードの確認入力」ボックスにパスワードを入力し<OK>ボタン


※間違ったパスワードを入力してしまっても、「パスワード」と「パスワードの確認入力」ボックスに入力したパスワードが一致していると設定ができてしまうので、間違ったパスワードを入れないように注意してください。


④自動サインインを設定し、パスワードの入力を省略することができます。パソコンを再起動し、実際に自動的にサインインできるかを確認します。


 自動サインインを設定すると、パスワードを入れなくてもよいので便利ですが、起動時のパスワードを入力するように設定しても、それ以外の時にパスワードの入力が必要になる場合もありますので、パスワードは忘れないようにきちんと管理しておきましょう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )