ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「労務管理情報」をテーマとした社会保険労務士法人ことのは 社会保険労務士 益子英之氏の6回目の記事となります。
今回のテーマは「働き方改革で取り組む項目は」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
36協定の様式が変わります(平成31年4月より)


----------------------------------------------------------------------------------------

第6回 働き方改革で取り組む項目は

 いよいよ来春から働き方改革関連法がスタートします。それでは企業は今後、どのようなことに取り組む予定をしているのでしょうか。帝国データバンクでは企業の取り組み状況などを取り上げた「働き方改革に対する企業の意識調査」の結果を9月に公表し、企業の63.1%が働き方に前向きであるとの回答がありました。その上位10項目は以下のようになっています。

41.9% 休日取得の推進
37.9% 長時間労働の是正
34.9% 人材育成
33.2% 人事評価制度・賃金制度の変更、改善
27.2% 業務の合理化や効率化のためのIT・機器・システムの導入
27.0% 勤務時間・制度の多様化
26.2% 多様な人材の採用・登用
25.9% 業務の集約化やプロセスの見直し・改善
25.8% 定年の延長・廃止、継続雇用制度の導入
24.4% 福利厚生制度の充実

 働き方改革に取り組む目的は、「従業員のモチベーション向上」、「人材の定着」、「生産性向上」、「従業員の心身の健康(健康経営)」がアンケートの上位を占めています。

 反対に取り組んでいない理由は、「必要性を感じない」、「効果を期待できない」、「人手不足や業務多忙のため、手が回らない」、「推進できる人材がいない」、「ノウハウがない」というものでした。


<無料の働き方改革推進支援センターを活用しましょう>
働き方改革に関して、各都道府県労働局では、セミナーを開催する等の取組みが積極的に行われています。関連法令の内容については、このようなセミナーに参加して情報を収集することができますが、企業ごとの個別の対応については、このようなセミナーでは相談する機会がなかなか得られませんので、具体的に自社では何をどうやって働き方改革に向けて取り組みを進めていけばいいのかとお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。

 そこでご紹介したいのは、厚生労働省が設置した「働き方改革推進支援センター」です。これは特に中小企業・小規模事業者が抱える様々な課題に対応するために設けられたワンストップの無料相談窓口であり、全国47都道府県に開設されています。

 センターの支援は全ての事業主が受けることができ、社会保険労務士や中小企業診断士の専門家から就業規則の作成方法、賃金規程の見直しや労働関係助成金の活用等を含めたアドバイスが受けられます。窓口相談や電話、メールでの一般的な相談のほか、専門家が企業へ直接訪問してくれるので様々な課題について相談することができます。

 時間外上限規制、同一労働同一賃金ガイドライン案への取組み、36協定の締結や就業規則作成に当たっての手続方法、その手法に合わせた労働関係助成金の活用等も案内してもらえますし、働き方改革と直接関係のない日頃の労務関係の相談や情報も収集できるので、積極的な参加を検討してみてはいかがでしょうか。

「神奈川働き方改革推進支援センター」はこちら


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の75回目の記事となります。
今回のテーマは、「仕事の効率を高めるWindows10の機能 スタートメニューのカスタマイズ」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
仕事の効率を高めるWindows10の機能 タスクバーのカスタマイズ
--------------------------------------------------------------------------------


ビジネスITスキル情報 第75回

仕事の効率を高めるWindows10の機能 スタートメニューのカスタマイズ


 前回は、パソコン操作を効率良くするために、タスクバーのカスタマイズをご紹介しましたが、タスクバーにいっぱいアイコンを表示し過ぎてしまうと、逆に使いにくくなってしまいます。
利用頻度に合わせて、下記のようにタスクバーとスタートメニューを使い分けていくと効率的です。
 1.毎日のように使う、使用頻度の高いアプリはタスクバーに表示
 2.頻繁には使わないけれど、よく使うアプリはスタートメニューに表示

 今回は、スタートメニューのカスタマイズ方法についてご紹介していきます。



①スタートメニューのサイズ変更
 スタートメニューのサイズは、初期設定ではデスクトップのほぼ3分の2を占めてしまいます。スタートメニューのサイズを小さくすることができます。

 スタートボタンをクリックし、スタートメニューを表示します。スタートメニューの右側にポインタを合わせると、ポインタの形が双方向の矢印の形にかわりますので、左にドラッグして、スタートメニューの幅を狭めることができます。


 同様にスタートメニューの上側にポインタを合わせてドラッグすると、高さも変えることができます。



②スタートメニューでいらないアプリを非表示にする
 使用しないアプリはスタートメニューから非表示にすることができます。

 非表示にしたいアプリのタイルの上で右クリックし、表示されたニューの一覧から「スタートからピン留めを外す」をクリックすると、スタートメニューから非表示にすることができます。




③スタートメニューにアプリを表示する
 スタートメニューに表示させるアプリを選択することができます。アプリのサイズや移動も簡単に行えます。

<スタートメニューにアプリを表示する>
 スタートメニューに表示したいアプリを、検索ボックスやスタートメニューの左側のアプリ一覧から検索し、アプリ名の上で右クリックします。表示されたメニューの一覧から「スタートにピン留めする」をクリックします。



<アプリの表示サイズを変更する>
 タイルのサイズを変えたい時は、タイルの上で右クリックし「サイズ変更」で表示される一覧からサイズをクリックします。

 

タイルをドラッグすると移動ができますので、その中でもよく使うアプリは上の方にまとめておくと開きやすく、より使いやすくなります。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士竹内幸次氏の191回目の記事となります。
前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
革新思考でAI/人工知能時代の仕事を考える
--------------------------------------------------------------------------------
191回 就活ルール廃止を革新的組織づくりにつなげる

株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「革新思考でAI/人工知能時代の仕事を考える」に続いて、今回は「就活ルール廃止を革新的組織づくりにつなげる」がテーマです。
--------------------------------------------------------------------------------

65年前から続いた就職協定が廃止に

1953年にスタートした「就職協定」から65年。企業の採用活動の一定ルールである就活ルールが廃止されることになりました。今後は従来の経団連から政府主導に切り替えて新しいルールが運用されることになりそうです。

就活ルールが廃止される理由は、有名無実化の面があったことのほか、大量一括採用という、いわば日本的新卒採用方式が現在の雇用環境とミスマッチであることがありそうです。

時代や経営環境によって制度やルールを変えることは、まさにイノベーション(経営革新)です。よく「もっと大学や学生の意見を聞いて慎重に決めるべきだ」とのコメントもありますが、イノベーションとは本来、賛否両論があるほどに大胆に進めるものです。改善ではなく革新レベルで思考し、行動するという観点で考えれば、今回のルール廃止はとても革新的です。


採用や組織運用面からの革新は、稼げる体質につながる

経営革新は新商品・新サービスを開発したり、製造方法や提供方法を革新したりすることです。目立つ革新は新商品や新サービスの開発ですが、容易には真似することができない真の経営革新は、組織内部の革新なのです。為替の変化や競合品の出現等、環境が変化しても収益を生み出すことができる強い経営体へと脱皮するためには、組織内部の革新が有効なのです。

今回の就活ルールの革新は、企業からすれば、まさに組織内部の革新に関係する制度的革新です。前向きに捉えて、自社の経営革新につなげていきましょう。



就活ルール廃止を中小企業が経営革新につなげるヒント

そもそも中小企業では一括採用は少なく、中途採用がメインですが、就活ルール廃止という変化をチャンスと捉えて以下を行うようにしましょう。

□ 改めて自社に必要な社員像を明確にする
□ ルール廃止により、学生はかなり早期から就職先を見つける。中小企業も就職先として魅力的であることをホームページの採用専門ページや公式ブログでしっかりと説明する
□ 学生インターンシップや学生アルバイトを受け入れて、相互理解を早期に進める
□ 卒業前に正式入社するというパターンも増えることが予想される。中小企業も「卒業してから採用する」という固定概念を外す

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )