ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「労務管理情報」をテーマとした社会保険労務士法人ことのは 社会保険労務士 益子英之氏の1回目の記事となります。
今回のテーマは「始業時刻の考え方」です。


第1回 始業時刻の考え方

労務管理の専門家としての社会保険労務士には経営者層から人事労務に関する相談が寄せられますが、その中でも労働時間に関する相談は多いものになります。労働時間とは、使用者の指揮命令下にある時間であり、使用者には賃金の支払い義務が発生する時間です。また、始業と終業の時刻は、就業規則や労働条件通知書などで必ず労働者に明示することが必要な絶対的必要記載事項の一つであり(労基法第15条、89条)、労働者は始業時刻から労働を開始し、終業時刻になったら終了することになります。

出勤してからの始業時刻までは基本的には労働者が自由に使える時間なので、始業時刻より少し早めに出勤をして、今日一日の仕事をスムーズに進めるための準備、スケジュールやメールのチェックなどをしてから始業時刻をむかえるという人は多いでしょう。反対にいつも始業時刻ギリギリに出勤してくる人もいるかもしれません。

そこで、会社が、労働者は始業スタートと同時に高いパフォーマンスで仕事に取り掛かるべきだとの考えから、「始業時刻のギリギリに出勤するようではダメだ。始業時刻30分前までには出勤をすること」を会社のルールにし、始業時刻より前の出勤を促すことに問題があるかと考えてみたいと思います。

 まず、会社が出勤時刻と始業時刻を区別し、労働者に早めの出勤を促すこと自体は問題ありません。ただし、早めに出勤させて仕事をさせたり、決められた時間に出勤しなかった場合に、それを遅刻とみなして賃金カット(遅刻控除)をしてしまうと、出勤時刻とした定めた時刻が始業時刻とみなされますので注意が必要です。また、出勤時刻を定める際に始業時刻との間隔があまり長くなってもなりません。

始業前に社員全員で会社周辺の清掃をするような場合で、掃除の集合時間にいつも遅刻をして清掃をさぼるA社員がいたときに、他の社員から「私たちはいつもまじめに参加しているのにズルい」と苦情があったときは、どう対応するべきでしょうか。

前述のとおり、A社員に対して遅刻としての賃金控除をすると、清掃時間が労働時間としてみなされることになります。それを避けたいのであれば、清掃への参加は義務とはしないが(自主参加)、こうした皆で行う行事等への参加は「人事考課上の一要素」として位置付けし、あまりにも協力的でないときはマイナス評価する、といった対応もできます。

また、始業時刻前に行うものの内容が、本来業務と密接に関係しているものであれば(必要な作業着の着用など)、始業時刻そのものを見直すことを検討すべきです。朝礼を始業時刻前に行う会社も時々ありますが、これは正常な事業運営をするため労働者には出席が義務付けされるものなので、始業時刻後に行うべきでしょう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の71回目の記事となります。
今回のテーマは、「仕事の効率を高めるWindows10の設定 バックグラウンドアプリの無効化」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
仕事の効率を高めるパソコンの小技 Excel編(画面の表示)
--------------------------------------------------------------------------------

ビジネスITスキル情報 第71回

仕事の効率を高めるWindows10の設定 バックグラウンドアプリの無効化



パソコンの動きが遅いと、イライラしてしまうだけではなく、仕事の進捗にも影響してしまいます。
パソコンの遅くなる原因は機械自体の性能の問題もありますが、パソコンの設定も関係している時もあります。少しでもスムーズに動くようにするには、パソコンを既定のままではなく、設定を変更して使用することをお勧めします。
パソコンの動作を快適な状態にして仕事の効率を上げていきましょう。

ここでは、快適な状態にするために「バックグラウンドアプリの無効化」についてご紹介していきます。

Windows10では、アプリを起動していなくても裏(バックグラウンド)で自動的に動いているアプリがあります。自分では画面に出して操作をしていなくても裏で動いてしまっているため、パソコンが無駄に動いている状態です。そのためにパソコンの動きを圧迫させてしまっています。
この裏で動いているアプリを動かないように設定を変更することにより、パソコンの動作を早くすることができます。

<バックグラウンドアプリを無効にする方法>

① スタートボタンをクリックし、表示された一覧から「設定」をクリックします。



② 表示された設定ウインドウから「プライバシー」をクリックします。


③ [プライバシー設定]の左側の一覧から「バックグラウンドアプリ」をクリックします。
バックグラウンドで動いているアプリの一覧が表示されます。
既定では、表示されているすべてのアプリが裏で動くように設定されています。


④ 起動していない時は動かないでよいアプリのつまみをクリックして「オフ」に設定します。設定後は「閉じる」ボタンをクリックしてウインドウを閉じます。
すべてのアプリの設定を無効にしたい時は、「アプリのバックグラウンド実行を許可する」を「オフ」にしますが、自分が必要ないと思うものを個別に「オフ」にしていくことをお勧めします。



「パソコンの動きが遅いな?」と感じている方は、ぜひ設定を変更してみてください。また、ハードディスクの空き容量を増やす方法については、以前のブログに書いてありますので合わせて読んでいただくと、より快適にパソコンを使用できると思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士竹内幸次氏の187回目の記事となります。
前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
“働き方改革”で小規模企業の収益構造を革新する
--------------------------------------------------------------------------------
187回 中小企業も仕組みで革新しよう!

株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「“働き方改革”で小規模企業の収益構造を革新する」に続いて、今回は「中小企業も仕組みで革新しよう!」がテーマです。
--------------------------------------------------------------------------------


中小企業は時代適合的な革新を!

(1)商品自体の革新(新製品開発等)
(2)サービス自体の革新(新役務開発等)
(3)商品の開発や販売プロセスの革新
(4)サービスの開発や販売プロセスの革新

どの革新も根底にあるものは時代適合的革新です。現在と、近い将来必要とされる要素を入れて新製品等を生み出すのです。安くても売れない、過剰サービスでも売れない理由は、今の時代が欲していないからです。


革新するのは製品か、仕組みか

上記の(1)と(2)は「製品革新」と括ることができます。(3)と(4)は「仕組み革新」と括ることもできそうです。以下説明しましょう。

【製品革新】
特許技術を使って新製品を開発したり、過去にない高い機能を付加したりして新製品を生み出す革新です。より具体的には以下の6つの切り口から革新を生み出します。

(1)Quality(品質)面での革新(新規性)
(2)Function(機能)面での革新(新規性)
(3)Design(デザイン)面での革新(新規性)
(4)Brand(ブランド)面での革新(新規性)
(5)Service(付帯サービス)面での革新(新規性)
(6)Price(価格)面での革新(新規性)

【仕組み革新】
製品自体で革新することは技術力が高い日本の中小企業が得意とすることです。しかし、今後の世界を考えると、製品自体の革新だけではいずれアジア諸国、とくにNEXT11(ネクストイレブン)と呼ばれる成長国にシェアは取られるかもしれません。

今後の日本の中小企業は製品やサービスを提供する仕組みで革新することを志向しましょう。具体的には以下のように考えるとよいでしょう。

(1)先行する他の事業の販路に乗ることはできないか?
(2)蓄積が価値を生むような情報価値を活用できないか?
(3)規制やルールを作ることで参入障壁を作ることはできないか?
(4)その商品やサービスを利用するとユーザーに補助金が入るような仕組みはできないか?

仕組み革新の事例としては、移動スーパー事業の「とくし丸」(http://www.tokushimaru.jp/)があります。単なる移動スーパーではなく、地元スーパーマーケットと移動販売事業者と買物困難者を結ぶ事業を展開しています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )