ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、2つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」)
による専門家の記事を載せています。

本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士竹内幸次氏の182回目の記事となります。
前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
ソーシャルメディアを活用して経営革新する
--------------------------------------------------------------------------------
182回 AI(人工知能)を使ったウェブサイトの受付機能強化

株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。
前回の「ソーシャルメディアを活用して経営革新する」に続いて、今回は「AI(人工知能)を使ったウェブサイトの受付機能強化」がテーマです。
--------------------------------------------------------------------------------


2017年は人工知能普及元年



2016年以降目にすることが増えた「第4次産業革命」という言葉。

IoTやビッグデータ、人工知能、そしてロボットを活用することで進む産業革命のことです。

この中で一部の業種に限定されずに、多くの中小企業の経営に活用することが現実的になってきたものがAI(Artificial Intelligence=人工知能)です。




人工知能は正しく整理すると、以下に分かれます。



(1)人工知能
└ コンピューターで、記憶・推論・判断・学習など、人間の知的機能を代行できるようにモデル化されたソフトウエア・システム。


(2)人工無脳(能ではなく脳と書きます)
└ 会話ボットあるいはおしゃべりボットといったようなコンピュータプログラムのこと。






ライブチャット機能をホームページ等のトップ画面に付ける


ライブチャット(会話)機能をホームページに付けることが簡単に行える時代になりました。


例えば、KDDI系の会社が運営するJimdo/ジンドゥーを使うと、無料版からライブチャット機能を使うことができます。


多くの中小企業にとって使いやすいJimdo/ジンドゥーにライブチャット機能が付加されたことは本当に嬉しいことです。


Jimdo/ジンドゥーのライブチャット機能を付けたウェブサイトの事例(画面右下にあります)
https://www.spram.jp/



近年ではe-mailを出すことができない、出したことがない人が増えているため、このようなチャット機能の付加は、とくに一般消費者向けの商売の場合には有効です。





チャット機能+人工知能=チャットボットを使う




上記のライブチャット機能はホームページ等を閲覧した新規顧客の初回問い合わせに対する抵抗を低減させる効果があるものの、


「いつもチャットする訳にはいかない。そんな暇な従業員はいない」という中小企業ならではの事情もあります。


そこで考え出された仕組みがチャットボットという仕組みです。


チャット(会話)+ボット(ロボット)のことです。


質問者(新規顧客等)の質問をパターン化し、質問への回答も対話形式にて自動的にチャット画面に表示されます。



例示)横浜市資源循環局(画面右下にあります)

http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/



人工知能(厳密にはプログラムされた人工無脳)が自動的に対話するのですから、最低賃金もなく、有給休暇も不要であり、それまでの電話やFAXでの問い合わせを減らすことができるかもしれません。


また、ホームページのナビゲーション項目の表現を変えたり、一部色を変えたり等、ウェブサイトのデザインを検討する際にも、


「デザインにこだわるよりも、チャットボットでの受付トークに注力しよう!」という時代になることでしょう。






--------------------------------------------------------------------------------

株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 http://www.spram.co.jp/

中小企業診断士竹内幸次ブログ http://blog.goo.ne.jp/2300062/

株式会社スプラムFacebookページ http://www.facebook.com/spramjp

--------------------------------------------------------------------------------


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




--------------------------------------------------------------------------------
神奈川県中央会では、2つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」)
による専門家の記事を掲載しています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ
キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の66回目の記事となります。
今回のテーマは、「仕事の効率を高めるパソコンの小技 Excel編(フラッシュフィル)」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
Windows Vista とOffice2007のサポート終了について

--------------------------------------------------------------------------------

このブログは、神奈川県中央会が運営しています!


http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa



--------------------------------------------------------------------------------

ビジネスITスキル情報 第66回

仕事の効率を高めるパソコンの小技 Excel編(フラッシュフィル)



私たちが業務やプライベートで使用しているパソコンには、パソコンを動かすために必要なOS(オペレーティングシステム)が搭載されています。

そのOSには、マイクロソフトからサポートされる期間がそれぞれ設定されています。

サポート期間中には、パソコンにインストールされているソフトウェアの不具合や、セキュリティの脆弱性(弱点)を修正するため、定期的に更新プログラムが提供されています。


「フラッシュフィル」とは、データの規則性を見つけ出して、1つ目のセルにパターンとなるデータを入力しておくと、そのパターンを解析して自動的にデータを入力することができる機能です。

「フラッシュフィル」を利用すると複数のデータを1つにまとめたり、1つのデータを複数に分割したり、統一性のあるデータに変換したりすることができます。

今回は、この「フラッシュフィル」について利用例も含めてご紹介していきます。



<利用例1>
「氏名」から苗字と名前を抜き出す。


① 「姓」の1行目のセルに1人目の苗字を入力します。

そのまま【データ】タブの[データツール]グループから<フラッシュフィル>ボタンをクリックします。






② 1つ目に入力した規則を元に、苗字だけが抜き出されて入力されます。同様の操作で名前も抜き出せます。




※自分の意図とは違ってうまくいかない時もあります。

この例だと姓と名の間にスペースが無い時は、左から2文字というような規則としてデータを入力してしまいます。



<利用例2>
「姓」と「名」を1つにまとめる



① 「姓」の1行目のセルに1人目の苗字を入力し、【データ】タブの[データツール]グループから<フラッシュフィル>ボタンをクリックします。






② 1つ目に入力した規則を元に、姓と名を1つにまとめた氏名が入力されます。

(間にスペースを入れていれば、きちんとスペースで間をあけることができます。)






<利用例3>
データの一部を削除する



① 「TEL」の1行目のセルに1人目の「自宅TEL」に入力されている電話番号をハイフン無しで入力します。

(文字列にする時は先頭に「’(シングルコーテーション)」を入れます。

【データ】タブの[データツール]グループから<フラッシュフィル>ボタンをクリックします。







② 1つ目に入力した規則を元に、ハイフンを削除した電話番号が入力されます。





この「フラッシュフィル」は万能ではありません。

Excelが規則性を見つけて自動的に判断するため、データによってはうまくいかない時がありますが、少しでも早くデータ加工の仕事を終わらせたいという方は、是非使ってみてください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )