ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



ものづくり現場の体験から(第2年度)  第20回 改善とは

===================================================================================================
本シリーズ(全20回)は昨年度に引き続き、“ものづくり”の現場を体験した技術士メンバーが交代で
お役立ち情報として提供させていただくことになりました。本ブログを通して意見交換ができたらと思います。
よろしくご愛読ください。

第19~20回は自動車会社の製造工程で改善活動を実践し、その後中小企業の支援活動を通し経験した改善活動への
考え方について萩野太郎が担当します。
===================================================================================================

--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------

第20回 改善とは

1)よい改善は楽しみながら

 改善とは、「安全や品質を維持しながら限りなく原価を下げ、利益を生み出していくための活動
である」などと云うと極めてつらい息苦しく、無理にやらされているように思えるかもしれません。
私の経験から、改善というのは、言われたり、いやいややっても成果は期待出来ないと思います。
仲間と一緒に知恵と体を動かし汗をかく中で皆と成果を味わい、喜ぶようでないと改善を目指した
課題の解決は出来ないでしょう。
 すなわち、改善で何かを変えていくとき、関係者と一緒になって楽しく実行することが基本であり、
さらに大事なのは今まで行われていたことはすべて良いとする考え方でスタートします。過去を全て
否定すると感情的なしこりが残ることが多いと思います。
 例えば現在売れていない商品であっても、過去においてはマーケットにマッチしていたから売れた
ところからスタートします。そのうえでその後マーケットの何が変化したのかを考えることにより、
課題と改善策が生まれてくると思います。
 実際の改善にあたっては、現状はどうであれ過去に成果をあげたからこそ、現在の会社があり、
現在の人がいるのです。輝かしい過去を否定するのではなく、過去の成功体験を忘れ、関係者と
愉快に楽しくゲーム感覚で取組むと、たとえ改善が深夜に及んでも疲れはたまらないし、よいアイ
デアも浮かんできます。

2) 改善目標の考え方

 ものづくりの歩留まりや販売などで目標を決めるとき、対前年比6%増とか5%増といった数字を前に、
企画部門と生産部門や営業部門がやりとりを繰り返し、最終的に5.5%といった落とし所を求めて時間
をかける、官僚的な交渉は全く意味がありません。不良率や在庫の回転率なども同様です。小数点
以下の細かい数値のやりとりは何の進歩もありません。
 業界の常識や平均値を目標にしていては、沈みゆく船に乗っているようなものであり、例えば不良率
3%を目標にすればこんなに利益が出ますとしても、不良率0%や0.1%まで下げられればさらに大きな
成果が得られるでしょう。不思議なもので常識にとらわれた目標値だといつまでたっても業界水準以上
のものは出せなくなってしまいます。べらぼうと思われるはるかに高い目標値にした場合は、小手先の
改善ではどうにもならないため、今までと根本的に違った発想が必要になり、それが進歩を生むこと
になります。目標を掲げるときは、不可能と思える数字でもその目標に意味があれば果敢に挑戦して
みる、もちろん完全な達成は難しいかもしれません、しかし、挑戦は必ず大きな進歩を生み、その進歩
を通して成し遂げるための能力が組織にあることを実感できることが大切だと思います。

萩野 太郎 (技術士、(公社)日本技術士会 神奈川県支部会員)

1年間20回にわたり、7名の技術士が“ものづくり”の体験から得た情報を提供してきました。中小企業の
皆様に少しでもお役にたてれば幸いです。ご購読ありがとうございました。

--------------------------------------------------------------------------------

公益社団法人日本技術士会 神奈川県支部
http://www.engineer.or.jp/c_shibu/kanagawa/


--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




経営に関する法律情報 ~ 債権回収の方法13 ~
--------------------------------------------------------------------------------

 神奈川県中央会では、4つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ものづくり情報」、「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を載せています。

 本日は、法律事務所 佐(たすく) 弁護士 佐々木光春氏による「経営に関する法律情報」を
テーマとした14回目の記事「債権回収の方法13」となります。

--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------

債権回収の方法13

--------------------------------------------------------------------------------
 今回も前回に引き続き、訴訟のお話しをします。

 前回お話ししたとおり、訴訟では、債務者の対応にかかわらず、同一の手続で債務名義を
取得することができますが、債務者(被告)の対応によって、訴訟の進行や債務名義を取得
できるまでの期間は変わってきます。

 まず、債務者が訴訟期日に出頭しない場合です。訴訟を提起すると、1ヶ月ほどの期間を
あけて第1回目の期日が裁判所より指定されます。債務者が、この期日までに訴状に対する
答弁書を提出せず、第1回目の期日にも出頭しない場合には、原則として、第1回目の期日
から1ヶ月程度までの間に、訴状で求めた請求すべてを認める旨の勝訴判決が出されること
になり、1回の期日で債務名義を取得することができます。

 次に、債務者が第1回目の期日までに答弁書を提出し、債務の存在や額を争った場合です。
この場合は、債務者が出頭しなかった場合と異なり、1回の期日で訴訟が終了することはなく、
債務の存在や額を審理するために複数回の期日が開かれることになります。争われる内容に
もよりますが、訴訟の期日は通常1ヶ月に1回程度の頻度で開かれることになりますので、
債務名義を取得するまでには、それなりの期間が必要となります。

 最後に、債務者が分割払いを求める場合です。この場合にも、債務者からの分割払いの
要望に応じず、全額直ちに支払う旨の勝訴判決を出すよう裁判所に求めることは法律的には
可能です。もっとも、勝訴判決を得ても強制執行が功を奏するとは限らず、また、強制執行の
費用も必要となりますので、このような点を考慮して、訴訟の場で支払条件について話し合い
をし、分割払いという形で和解をすることが多いです。このような和解が成立した場合には、
和解の内容が記載された「和解調書」が裁判所で作成され、これも判決と同様に債務名義と
なります。また、このような和解の内容として、債権回収の方法5でお話しさせていただいた
期限の利益喪失条項も設けることができますので、このような条項を設ければ、債務者が支払
を怠った場合に債務全額について強制執行が可能となります。

--------------------------------------------------------------------------------

法律事務所 佐(たすく)
 弁護士 佐々木 光 春

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、4つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ものづくり情報」、「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士竹内幸次氏の135回目の記事となります。

--------------------------------------------------------------------------------
135回 新分野進出の”目の付けどころ”

株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「世界的に減少する”ネット検索”に
対応する」に続いて、今回は「新分野進出の”目の付けどころ”」がテーマです。
--------------------------------------------------------------------------------

廃業コストも対象になる第二創業補助金

中小企業庁によると、平成26年度補正予算案として、「創業・第二創業促進補助金」が約50億円
予定されることになりました。創業や第二創業に関する補助金は以前からあるのですが、今回の
予算措置では、「廃業コスト」も対象となりました。具体的には以下の説明がされています。

【創業者・第二創業者向け補助金】
事業承継を契機に既存事業を廃業し、新分野に挑戦する等の第二創業者に対して、人件費や
設備費等(廃業登記や法手続費用、在庫処分費等廃業コストを含む)に要する費用の一部を
支援します(補助上限1,000万円、補助率2/3)。

産業の新陳代謝を促す効果を期待しての予算措置です。内容を確認するために中小企業庁に
質問しましたが、詳細決定前ということで具体的には未定とのことでした(1月末時点)。詳細は
徐々に明らかになると思いますが、新分野挑戦は、かなり大きなイノベーションと言えます。まさに、
家族経営や同族経営が多い中小企業の現状を加味した経営革新促進のための補助金であると
感じます。

新分野進出の”目の付けどころ”

従来事業がなかなか収益が上がらない理由は、単なる経営努力不足ではなく、世界と日本の変化、
産業構造の変化、消費者意識の変化等、とても大きな変化が理由であることが多いものです。
私が診る限り、努力していない中小企業は少なく、多くの中小企業経営者は問題意識を持ち、現状
打破のために思案しています。

ズバリ、今後は努力が収益につながりやすい事業を展開するべきです。その場合、将来の需要増加
が見込める分野、つまり「儲かりそうだから」という発想も悪くはありませんが、もう1つ「やりたい分野
の仕事だから」という理由も大切にしましょう。

新分野進出の目の付けどころは、「好きな事業」です。「好き」の理由を分析すると、「理解できるから」
や「その分野で自分が認められているから」のように、その分野での存在を実感できていることが多い
ものです。

自分の存在感がある分野→遣り甲斐が増す→伸び伸びと事業展開する→収益になる、という流れ
です。収益があがれば、単なる好きな分野がビジネスとしても有効な分野になり、さらに好きという
意識が高まるという好循環を生みます。

中小企業経営者の皆様、補助金を活用しながら、第二創業を志向してみませんか?市場や競合の
ことばかりを考えるのではなく、経営者の内なる声に耳を傾けてみませんか?

--------------------------------------------------------------------------------

株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 http://www.spram.co.jp/

中小企業診断士竹内幸次ブログ http://blog.goo.ne.jp/2300062/

株式会社スプラムFacebookページ http://www.facebook.com/spramjp

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ビジネスITスキル情報 第19回
--------------------------------------------------------------------------------
神奈川県中央会では、4つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ものづくり情報」、「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ
キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の19回目の記事となります。
--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------
ビジネスITスキル情報 第19回

Excelを使いこなすために知っておきたいポイント その5

Excelのエラーでわかる解決法 その2
 
● 計算結果で「#DIV/0!」と表示される

  Excelで割り算の数式をコピーした時に、計算結果として「#DIV/0!」が表示される時が
 あります。これは、ゼロで割り算した時に表示されます。
  割り算では、どんな数字でも「0」で割ると答えはすべて「0」になってしまいますので、
 「0で割り算するのはおかしいのでは…」とExcelが教えてくれています。
 
 <対応> 
  エラーが出ているセルにどのような計算式が入っているかを確認します。状況によって
 異なりますが、数式をコピーした時の相対参照によるエラー(セルを下にコピーすると、
 参照するセル番地も下に自動的に変更される)の場合は[F4]キーを使用して絶対参照に
 します。
  割り算の計算する時に、計算で指定しているセルのデータが空白または「0」が入力されて
 いる時は、IF関数を使ってエラーが表示されないようにすることもできます。

● 計算結果で「#N/A!」と表示される

  VLOOKUP関数などの関数で探した結果、「一致するものがなかった…」という時に表示されます。

 <対応>
  検索値の部分のセルが空白だったり、探したけれど一致するものがなかったという結果です
 ので、そのままでも構いませんが見た目はあまりよくありません。IF関数やIFERROR関数などを
 使ってエラーの時には空白にしたり、他の文字を表示したりするなどエラーが表示されないように
 することができます。

 次回のブログ「Excelを使いこなすために知っておきたいポイント その6」に続きます。

--------------------------------------------------------------------------------

株式会社インプルーブキャリアデザイン
 代表取締役 石川 紀代美

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ものづくり現場の体験から(第2年度)  第19回 ムダとは

===================================================================================================
本シリーズ(全20回)は昨年度に引き続き、“ものづくり”の現場を体験した技術士メンバーが交代で
お役立ち情報として提供させていただくことになりました。本ブログを通して意見交換ができたらと思います。
よろしくご愛読ください。

第19~20回は自動車会社の製造工程で改善活動を実践し、その後中小企業の支援活動を通し経験した改善活動への
考え方について萩野太郎が担当します。
===================================================================================================

--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------

第19回 ムダとは

1) 売れる仕事、売れない仕事、損する仕事

 物造りに限らずサービス業でも、生産性の向上は、組織を継続していく上で大事な事と
云われています。しかし長い間仕組みや仕事のやりかたを変えていない組織が以外に
多いと思われます。 生産性を向上するには、売れる仕事を多くし、売れない仕事を減らす
あるいは無くし、損する仕事を無くす事だと誰でも解ることです。しかし実際にその為の
取り組みはいかがでしょうか。売れない仕事の典型は工場内で部品や物を運ぶ、探す、
などいくら動き回っても付加価値がつかない働きを言い、間接業務の事務やサービス業
でも多く見受けられる状態です。
 損する仕事は云うまでもなく不良品対策としての、分別や手直しであり、たくさん仕事を
すればするほど損が拡大する働きとなります。もちろん間接業務やサービス業でもやり直し
など多く見受けられる状態があることでしょう。
 いずれもこの仕事は売れるのか、損する仕事なのかを意識し、5Sをベースに仕組み・やり
かたなど改善を積み上げている組織は、気がつけば大幅な生産性向上の果実を手にする
事が出来ます。

2) 改善は失敗の積み重ねから

 組織の中で行われている業務について、本当に必要な動きだけを「働き」とし、それ以外を
「ムダ」と考えると「業務=働き+ムダ」という関係式が成り立ち、ムダをゼロにして働きの
割合を100%に近づけていくのが真の能率向上活動と云えます。ここでいうムダとは、手待ちで
あったり、運搬であったり、作りすぎや作り直しといったムダのことをさしています。いずれも
業務を遂行する上でなんら必要のないものばかりです。さらに突き詰めれば一見作業をして
いるかに見えて、何の付加価値も生まないものとして、繰り返し作業の中でものを取りに
行ったり、包装を解いたり、積み替えたりといった作業は今の業務の流れの中では必要な
ことであっても、業務の流れや条件を変えれば必要なくなるかもしれません。ものづくりの
作業に限らずあらゆる業務の遂行をするのに付加価値を生む作業というのは限られてくると
思われます。
 但し、ムダを取り除く方法として、頭の中で考えた事はだいたい失敗するケースが多く、
業務そのものを行っている現場で数えきれないほどの失敗を積み重ね、少しずつ改善をして
いく中で初めてものになるケースが多くあります。その日に気づいたことはその日のうちに
処理するなど改善の進め方も先延ばししない事がポイントとなります。
 中小企業の場合、どうしても資金不足や人材難を経営上のネックと捉えることが多く、
ハンデを嘆く前にまずは持てる設備や人を100%活用する方法を考える中に利益を生む鍵が
隠れていると思います、改善の積み重ねは新たな展開が見えてくることにもつながります。

萩野 太郎 (技術士、(公社)日本技術士会 神奈川県支部会員

--------------------------------------------------------------------------------

公益社団法人日本技術士会 神奈川県支部
http://www.engineer.or.jp/c_shibu/kanagawa/


--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )