ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、4つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ものづくり情報」、「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士竹内幸次氏の127回目の記事となります。

--------------------------------------------------------------------------------
127回 リスクの中にある利益の源

株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「戦略事業単位でイノベーションする」
に続いて、今回は「リスクの中にある利益の源」がテーマです。
--------------------------------------------------------------------------------

リスクとは「予想通りにいかない可能性」

経営ではよく使う言葉の1つに「リスク」があります。辞書によると、リスク/riskとは「危険。危険度。
また、結果を予測できる度合い。予想通りにいかない可能性」とあります。危険な訳ですから、
中小企業経営ではリスクを最小限にするための策を講じるものです。とくに人、物、金等に代表される
経営資源が弱い中小企業は、既存事業の売上高アップを目指したり新規事業を展開したりする際には、
常にリスクを考慮する必要があります。


リスクに関連する経営視点

リスクに関連するキーワードから、経営イノベーションについて考えてみましょう。

(1)リスクと利益

「利益はリスクテイクから生じる」とも言います。同業者が気づく前、実施する前等に自社が先駆けて
実行することはリスクがあることです。だから利益が帰属するともいえます。とくにイノベーション
(革新)にリスクは付き物です。リスクに挑戦することがイノベーションであるとも言えます。

(2)リスク回避と利益

中小企業はたった1つのリスクから倒産してしまう可能性もある主体です。例えば特定1社とのみ取引を
行うことで日常的な効率性はアップするのですが、利益水準は下がり、取引先との連鎖倒産の可能性が
高まります。リスクヘッジ(回避)のためには、仕入れも販売も「分散」することが重要です。

(3)リスク回避の企業の成長

リスクはできるだけ回避(ヘッジ)したいものですが、回避のみでは成長度合いや成長スピードの面で
ドメイン(事業領域)内で劣位になる可能性があります。過度なリスクヘッジは競争に負ける可能性も
あるのです。


守りか攻めか。今後の中小企業経営

先日、電動バイクベンチャーのテラモーターズ社の社長とトークセッションを行いましたが、グローバル
経済が進む中で、型破りのベンチャー型経営を実践されており、成長著しいアジアに挑戦する姿勢は素晴
らしいの一言でした。

・日本企業のポテンシャル(潜在的な力)は相当に高い

2014年4月の消費税率アップと円安が日本経済に予想以上に強く影響している感があります。
今後のグローバル経営環境の中で生き残るためにも、「リスクから生まれる利益」に着目し、「攻め」の
姿勢をもって挑戦していきましょう。

--------------------------------------------------------------------------------

株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 http://www.spram.co.jp/

中小企業診断士竹内幸次ブログ http://blog.goo.ne.jp/2300062/

株式会社スプラムFacebookページ http://www.facebook.com/spramjp

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ビジネスITスキル情報 第11回
--------------------------------------------------------------------------------
神奈川県中央会では、4つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ものづくり情報」、「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ
キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の11回目の記事となります。
--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------
ビジネスITスキル情報 第11回

IT業務効率化のためにクラウドを利用しよう! その8

 組合や会社などのイベントで写真を撮る機会も多くなっていると思います。クラウドを
利用すると、色々な人が撮った写真を一つにまとめて共有することができます。
 前回のオンラインストレージのサービスでも写真を共有することができますが、今回は、
写真の保存や共有で便利なクラウドサービスをご紹介していきます。
 今では、パソコンだけではなく、携帯やスマホなどからも直接写真をアップロードする
ことができるようになっています。

<写真共有サービス>

 ・Picasa(ピカサ)

  GoogleのアカウントがあればPicasaウェブアルバムに写真を保存することができます。
  また、特定の人と写真を共有したり、一緒にアルバムを作りあげることもできます。
  Picasaでは、写真の編集ソフトも無料で提供されていて、写真の加工やスライドショーを
  作成したり、You tube用の動画を作成したりすることもできます。

 ・30daysアルバム

  イベントなどで撮影した写真を自分が決めた「合い言葉」を知っている人だけが写真を
  見ることができるアルバムを作成することができます。アルバム名のとおり共有期間は
  「30日間」です。他の人も写真をアップロードすることができるので、みんなでひとつの
  アルバムを作成することもできます。自分の欲しい写真はダウンロードすることもできます。
  (ただし、縮小された写真のダウンロードのみ)
  共有期間を無期限にしたり、オリジナル写真(元データ)をダウンロードできるように
  したりするには有料プランへの登録が必要になります。

 ・フォト蔵

  月に最大3GBまでアップロードができ、アルバムを自分で作成したグループの限られた人
  だけでアルバムを共有したり、一般公開をして不特定の人に写真を見せることもできます。

 次回のブログ「IT業務効率化のためにクラウドを利用しよう! その9」に続きます。

--------------------------------------------------------------------------------

株式会社インプルーブキャリアデザイン
 代表取締役 石川 紀代美

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




経営に関する法律情報 ~ 債権回収の方法8 ~
--------------------------------------------------------------------------------

 神奈川県中央会では、4つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ものづくり情報」、「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を載せています。

 本日は、法律事務所 佐(たすく) 弁護士 佐々木光春氏による「経営に関する法律情報」を
テーマとした9回目の記事「債権回収の方法8」となります。

--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------

債権回収の方法8

--------------------------------------------------------------------------------
 今回からは、弁護士を通じて債務者と交渉する際の留意点等についてお話ししたいと
思います。

 弁護士の行う債権回収は、多くの場合、債務者に通知書を送付することから始まります。
通知書は、通常、法的措置の存在を背景として、債務の弁済を求める内容となりますので、
弁護士に通知書の送付を依頼する際には、裁判でも証拠として利用できるような資料を
ご持参いただけると、話がスムーズに進みます。

 具体的には、以下の点が把握できる資料をご用意いただくとよろしいかと存じます。

 ①取引に関する契約書

 ②債務者が、いつ・何を・いくらの対価で取引する申込みをしたのか分かる資料
  
  たとえば、注文書

 ③当方が、いつ申込みを承諾したのかが分かる資料
  
  たとえば、注文請書

 ④当方が、商品の引渡、役務の提供その他の取引に基づく債務の履行をいつ行ったのかが
  分かる資料
  
  たとえば、商品を発送した際の伝票の控え

 ⑤債務者からの支払があった場合には、いつ、いくらの支払があったかを確認できる資料
  
  たとえば、代金振込口座の通帳

 ⑥値引きや返品等が生じた場合には、いつ、どのような理由で、いくつ(いくら)の返品等が
  生じたのかが把握できる資料
  
  たとえば、値引きや返品についてのやりとりがされているメール

 また、それまでに会社から債務者に対して書面を出し、もしくは債務者から書面が送付されて
きた場合には、これらをご持参いただく必要があります。

 さらに、通知書を送付した後も基本的には、弁護士が債務者との交渉を行うことになろうかと
思いますので、会社がこれまで債務者に対して行ってきた債権回収の内容及び経緯、それに
対する債務者の対応等をご説明いただけますと、以前の交渉経過を引き継いだ上で弁護士も
交渉でき、早期に効果的な交渉を行うことが可能となります。たとえば、債務者との交渉経過を
日時なども含めて簡単にメモするなどして残しておき、弁護士に相談なさる際に、そのメモを
ご持参いただけると、交渉の方法を決定し、その後、交渉を進めていく上で参考になります。

--------------------------------------------------------------------------------

法律事務所 佐(たすく)
 弁護士 佐々木 光 春

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ものづくり現場の体験から(第2年度) 第11回 クレームをいかにしてコントロールするか

===================================================================================================
本シリーズ(全20回)は昨年に引き続き、“ものづくり”の現場を体験した技術士メンバーが交代で
お役立ち情報として提供させていただくことになりました。本ブログを通して意見交換ができたらと思います。
よろしくご愛読ください。

第10~12回はものづくりにおけるクレーム処理の体験から得た情報を武田雅史が提供します。
===================================================================================================

--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------

第11回 クレームをいかにしてコントロールするか

 クレームは人間の体を脅かす“ウイルス”と考えてみて下さい。こう考えると実によく
クレームのコントロール方法が解ってきます。

1.クレームウイルスを製品に内在させない

 クレームウイルス即ち設計ミスを機器内部に内在させたら何時暴れ出すか解りません。
機器内部に内在させない責任は機器設計者の責任です。設計ミスを無くす手段として
ISO9001の認証取得とか、デザインレビューを推奨しています。技術者はこのような他人の
力を当てにしてはいけません。
 設計ミスの防止は設計者個人の力です。設計者が組み込んだ設計ミスウイルスは設計者
本人しか見つけることは出来ません。機器の性能を左右するのは設計者です。技術者は
プライドを持てです。

2.社外から進入するクレームウイルスの防止は良好な協力会社との関係から

 外部から機器内部に侵入させない責任は調達部門です。この方法としてISO9001等では
受入検査の実施を推奨しています。理屈ではこの通りです。
 しかし完全な受入検査等出来ません。受入検査をしなくても不良ウイルスが進入しない、
協力会社との良好な関係を構築してクレームの無い製品を納入して貰うことです。

3.機器内部に潜むクレームウイルスは最終出荷検査で徹底して見つけ出し排除する

 機器に潜むクレームウイルスの発見は工場内におき最終出荷検査で行います。その検査
方法は大量生産品ならば抜き取り検査の実施となります。この抜き取り検査は抜き取りの
理論に添った試験(注)を実施しなければなりません。  注) JIS Z9002 JIS Z9003 等
 また顧客仕様に基づく製品(受注製品)の場合はISO9001で言う「妥当性試験」をきちんと
行うことです。よく工程乱れにより、納期が優先されこの妥当性試験を適当にやり出荷する
ことがあります。こんなことは現に慎まなければなりません。

武田 雅史 (技術士、(公社)日本技術士会 神奈川県支部会員)

--------------------------------------------------------------------------------

公益社団法人日本技術士会 神奈川県支部
http://www.engineer.or.jp/c_shibu/kanagawa/


--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




経営に関する法律情報 ~ 債権回収の方法7 ~
--------------------------------------------------------------------------------

 神奈川県中央会では、4つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ものづくり情報」、「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を載せています。

 本日は、法律事務所 佐(たすく) 弁護士 佐々木光春氏による「経営に関する法律情報」を
テーマとした8回目の記事「債権回収の方法7」となります。

--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------

債権回収の方法7

--------------------------------------------------------------------------------
  これまで、数回にわたって、支払確約書のお話しをしてきましたが、今回は、支払確約書を
 とった後の対応についてお話しいたします。

  支払確約書をとる必要があるのは、通常、その場で全額の回収をすることができない場合で、
 分割弁済とせざるを得ない場合が多いのではないかと思います。

  このような分割弁済の支払確約書をとった場合に多いのは、支払確約書をとった当初は、
 支払確約書の記載にしたがって弁済がなされていたが、突然支払が滞ってしまうケースです。
 このような事態を避けるためには、できる限り頻繁に債務者と連絡を取ることが重要です。

  具体的には、まず、弁済期の経過後に債務者に連絡をして「支払を忘れてしまった。」と
 言われてしまわないように、毎回の弁済期ごとに連絡をして、弁済期と弁済金額を確認する
 ことが肝要です。

  また、約束どおり弁済がなされた場合にも、弁済後直ちにお礼の連絡をすることなどで、
 債務の弁済状況ついて、十分な管理がなされていることを債務者に示すことができます。

  多忙な中で、約束どおりに支払がなされているにもかかわらず、弁済期の度に債務者に対して
 連絡というのは、容易なことでは無いと思いますが、一度弁済が滞ると、それが継続し、弁済を
 再開させるためには、再び交渉が必要となることがあります。支払確約書をとることによって
 ようやく取得した優先的な地位を失うことにならぬよう、約束どおりの弁済がなされていた
 としても、頻繁に連絡をとることが大切なのです。

--------------------------------------------------------------------------------

法律事務所 佐(たすく)
 弁護士 佐々木 光 春

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、4つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ものづくり情報」、「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士竹内幸次氏の126回目の記事となります。

--------------------------------------------------------------------------------
126回 戦略事業単位でイノベーションする

株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「長寿企業の日常的イノベーション」に
続いて、今回は「戦略事業単位でイノベーションする」がテーマです。
--------------------------------------------------------------------------------

経営戦略と事業戦略

経営戦略には以下の違いがあります。

経営戦略
→会社として成長するための戦略

事業戦略(Strategic Business Unit=戦略事業単位)
→部門等の事業単位で成長するための戦略

一般に、企業年数が進むと事業領域や商品の幅が広がり、複数事業を行うようになります。
例えば、蕎麦店Aが飲食事業の他に蕎麦店講習会事業や、蕎麦麺の通販事業を行う等です。

この場合、以下の3つの事業になります。

蕎麦店A(この単位で作られる戦略のことを経営戦略という)
└飲食店事業(この単位で作られる戦略のことを事業戦略という)
└講習会事業(この単位で作られる戦略のことを事業戦略という)
└麺販売事業(この単位で作られる戦略のことを事業戦略という)

中小企業が経営革新する場合は、上記の戦略のレベルや範囲を意識して取り組むようにしましょう。


ホームページもSBU単位で

より具体的に説明します。御社のホームページは経営戦略を遂行するための位置づけですか?
それとも事業戦略を遂行するための位置づけですか?

Google等の検索性や顧客への専門性アピールの観点からもホームページを事業単位で運営する企業が
増えています。

例示)
*** co.jp(会社としてのアドレス)
└ *** .jp(アジア向け事業のアドレスとして)
└ ***.com(米国向け事業のアドレスとして)
└ ***.tokyo(国内向け事業のアドレスとして)

上記のように事業単位で独立したホームページアドレスを取得して運営すると、事業単位での業績評価
(売上高や成長率、投資利益率等)やM&Aもしやすくなります。ちなみに、*** .jp等の事業ホームページが
検索上位になっていたり、多くのアクセス数を得ている場合には、サイト資産性がアップし、事業の評価の
際にはプラスに評価されることになります。


戦略事業単位で組織内に”小規模”を作り出す

従業員が20名を超える等、小規模とは言えない中小企業の場合、営業部等の従来の組織構造を戦略事業
単位に括り直すことも得策です。

・メインの顧客層はどこか
・メインの商材は何か

この2つから、従来の営業部を分割して管理するのです。これによって、競合企業対策も適切に行うことが
できるようになり、戦略事業単位のイノベーションが進み、会社としてのイノベーションへつながっていくのです。

--------------------------------------------------------------------------------

株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 http://www.spram.co.jp/

中小企業診断士竹内幸次ブログ http://blog.goo.ne.jp/2300062/

株式会社スプラムFacebookページ http://www.facebook.com/spramjp

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ビジネスITスキル情報 第10回
--------------------------------------------------------------------------------
神奈川県中央会では、4つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ものづくり情報」、「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ
キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の10回目の記事となります。
--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------
ビジネスITスキル情報 第10回

IT業務効率化のためにクラウドを利用しよう! その7

 今回は、ファイルや写真などさまざまなデータを保存するサービスのオンラインストレージ
サービスをご紹介します。
 自分のPCにアプリケーションをインストールすれば、通常のフォルダ操作(ファイルの保存や
名前の変更、整理など)でインターネット上に自分のデータを預ける事ができます。
アプリケーションをインストールしなくても、ウェブブラウザ(IEやGoogleChrome、Safariなど)
でファイルやフォルダの管理ができます。
 また、共有機能を使えば他の人とファイルやフォルダを共有してデータのやり取りをすることも
できます。

<主なストレージサービス>

 ・Dropbox(米ドロップボックス社)

  無料で2GBまで利用ができますが、最初に与えられるミッション(使い方ビデオを見る、アプリを
  インストールするなど)をクリアしたり、Dropboxを友達に紹介したりするとボーナスとして使用
  できる容量が増えていきます。他のサービスより使える容量が少ないですが、タブレットやスマホ
  などのアプリはDropboxと連携して使えるものが多くとても便利です。

 ・OneDrive(マイクロソフト社)

  Windows8では、標準機能として利用することができます。無料で15GBまで利用ができ、ウェブブラウザを
  利用するとWordやExcel、PowerPointなどの簡単なファイル編集もできます。iPhoneやスマホ(Android)
  向けにファイルが編集できるアプリ『Office Mobile』が無料で提供されていますので、WordやExcelなど
  のファイルを扱いたい人におススメです。

 ・Googleドライブ(グーグル社)

  無料で15GBまで利用することができますが、Googleドキュメント(Google版のOfficeのようなもの)
  形式で保存すると、それは容量には含まれません。そしてリアルタイムで複数の人と同時編集ができ
  ます。
  ファイルの内容を確認できるプレビュー機能では、WordやExcelなどのファイルはもちろん、イラスト
  レーターやフォトショップなどを含む30種類以上のファイルに対応しているので、外出先で色々な
  ファイルをGoogleドライブであれば確認することができます。

各サービスには、まだまだ魅力的な特徴はありますが、「自分が何をしたいのか」「どのように使いたい
のか」によって、ストレージサービスを選ぶと便利にクラウドを活用することができます。

 次回のブログ「IT業務効率化のためにクラウドを利用しよう! その8」に続きます。

--------------------------------------------------------------------------------

株式会社インプルーブキャリアデザイン
 代表取締役 石川 紀代美

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ものづくり現場の体験から(第2年度) 第10回 クレームをコントロール(制御)する

===================================================================================================
本シリーズ(全20回)は昨年に引き続き、“ものづくり”の現場を体験した技術士メンバーが交代で
お役立ち情報として提供させていただくことになりました。本ブログを通して意見交換ができたらと思います。
よろしくご愛読ください。

第10~12回はものづくりにおけるクレーム処理の体験から得た情報を武田雅史が提供します。
===================================================================================================

--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------

第10回 クレームをコントロール(制御)する

 このブログを読んで頂いている方々は、現在または過去においてきっとクレームと付き
合った経験をお持ちと思います。私も入社して実務に就いてからクレームと長く付き合って
きました。
 物を作り販売するほとんどの会社の皆さんは、多分クレームという生き物が暴れないよう
押さえ込みに日々がんばっておられると思います。さてどうすればクレームを減らせるので
しょうか。私の経験を基に対応策を述べてみたいと思います。

クレームとは

 ここで、皆様の物作りの現場で、クレームはどのような場合に使用するか決めていますか。
私は工場から出荷した製品の不良を“クレーム”、そして工程内での製品不良は“社内不適合”(注)
と区別して使用することにしています。
 なぜか、クレームは、工場内で発生した製品不良と異なり、顧客との製品取引の契約違反
事項なのです。製品取引違反事項と言われると身が引き締まります。即ち解決には現金が
絡むと言うことです。このためきちんと区分して管理する必要があります。

クレーム発生“ゼロ”は出来るのか?

 この問いに経営者の方は「出来る」と答えられる方が多いと思います。私は「クレーム発生
“ゼロ”は出来無い」と自信を持ち答えます。このため、例えば「今年の品質目標:クレーム
ゼロ、社内不良ゼロ」と設定している企業はクレームを十分分析して管理していないと私は
考えます。

 私はクレームの発生はやむを得ない。しかしいかにして、クレームの発生数を最小にし、
そしてクレーム処理に使用する現金を最小にコントロールするかが大切と考えます。
即ちクレームをコントロールするのです。
どうしてクレームをコントロールするか、その具体的方法を次回より2回に亘り述べてまいります。

 注) 不適合は最近ISO9001認証で広く使われるようになり、一般化しました

武田 雅史 (技術士、(公社)日本技術士会 神奈川県支部会員)

--------------------------------------------------------------------------------

公益社団法人日本技術士会 神奈川県支部
http://www.engineer.or.jp/c_shibu/kanagawa/


--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )