ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 




神奈川県中央会では、3つのテーマによる専門家の記事を載せています。

本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士竹内幸次氏の第72回目
の記事となります。

--------------------------------------------------------------------------------

72回 2011年の中小企業IT活用はまさにソーシャルメディア元年

株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「Facebookページを作ろう!」に続いて、今回は「2011年の中小企業IT活用はまさにソーシャルメディア元年」がテーマです。


2011年の中小企業のIT話題

早いものでもう年末です。年月の経過は速い、と感じる経営者も多いと思います。個人的には、リーマンショックから立ち直り始めた頃の3月の大震災、その後のギリシャ発通貨危機、超円高、首都圏での放射能ホットスポット等、1年間でこんなにも大きな変化があった年はなかったと感じます。2011年1月が数年前のことのように感じます。

2011年の中小企業をめぐるITの話題も色々とありました。

・スマートフォンの普及
・クラウド活用への関心の高まり
・ツイッターの有用性の認識
・世界的SNSであるフェイスブック活用

どれも中小企業経営には有益なITですよね。中でもフェイスブックは中小企業経営に本格的に普及する可能性がある初のSNSとも言えます。ビジネス的なSNSとしてはLinkedIn/リンクトインが有名ですが、「楽しい交流が生まれる場所」、「中小企業経営者に癒しや希望を与えてくれる場所」という観点からは、やはりフェイスブックが一番です。


自発的な経営融合の元年

ソーシャルメディアとは色々な人とのつながりを形成するメディアのことです。SNS=Social Networking Serviceと言われ、その代表的存在がフェイスブックです。

従来のホームページやビジネスブログは、会社や商品を訴求することが基本でした。今でもその有効性は変わらないのですが、ホームページやブログは知人を増やすことは得意ではなかったのです。

日本は優秀な中小企業を結びつけるビジネスコーディネート機能が弱いと言われます。小規模性はマイナス事項ではなく、その小規模企業を束ねる機能の弱さが問題なのです。

その意味では、フェイスブックは中小企業経営者を結びつけて、自発的プロジェクトを誘発する効果が期待できるのです。事実、フェイスブック上で「友達の友達」等とオフ会(実際に会って交流すること)が増えています。

フェイスブックは自発的な経営融合プロジェクト

こう解釈することもできます。これは今までの中小企業経営には見られなかったことです。まさにフェイスブックにとって、自発的な経営融合の元年が始まったのですね。

中小企業経営者の皆様、フェイスブックによる新しい経営手法、積極的に行きましょう!

--------------------------------------------------------------------------------

株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 http://www.spram.co.jp/

中小企業診断士竹内幸次ブログ http://blog.goo.ne.jp/2300062/

--------------------------------------------------------------------------------



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




神奈川県中央会では、3つのテーマによる専門家の記事を載せています。

本日は「コンサルの経営よもやま話」です。執筆は、中小企業診断士 
若木隆茂氏の第21回目の記事となります。
---------------------------------------------------------------------------------
 今回は、事業承継から、ちょっとブレイクして、今のトレンドから見えてくる、ビジネスヒントについての、よもやま話です。
---------------------------------------------------------------------------------

今のトレンドから見えてくる、ビジネスヒント

 電力不足が懸念される中、衣料品フロアーには、ウォームビズだけでなく、インナーからアウターまで、"暖める"をキーワードに、あらゆる商品がラインナップされております。他方、食品メーカーでは、体の芯から"温める"食品として、「生姜」をキーワードに様々な商品を展開しております。中には、「生姜部長」なる役職をお持ちの方もおられて、一時マスコミで取り上げておりましたので、見覚えのある方もいらっしゃるでしょうか。今シーズンは、"ぬくもり"を感じさせる商品がヒットしそうです。


一時、惣菜や弁当を買って帰り、家で食べる中食が話題になり、個食がキーワードとして取り上げられました。それが、今では外食でも、一人焼肉、一人鍋、カウンターに間仕切りのあるラーメン店など、進化というか深化しております。更に、昔は人前で自慢したくて、こっそりと練習することはありましたが、今は練習するのではなく、"一人で楽しむお一人様用"のカラオケボックス、ボーリングの"一人用の専用レーン"まで出現しております。このブーム、性別、世代に関係なく支持されているようです。


一方では、晩婚化でテーマ設定のある"イベント合コン"に人気があり、趣味の会、ツアー旅行、鑑賞会などのイベントに大人世代が集い、その場を楽しみながら、共通の話題を通じて、ゆったり知り合う、大人の婚活が静かなブームです。中には、地域の飲食店振興にからめて、街ぐるみ合コンというものもあります。飾らず、構えずに、"ゆるやかな"お見合いを、リーズナブルなコストでが、アラフォー世代を中心に人気を集めているようです。

 こんな時代のトレンドに、風下の業界では、既に洗礼を受けているかもしれませんが、風上の業界の皆様も、新年のビジネスプランの参考にされてみてはいかがですか。


----------------------------------------------------------------------

オフィスTAKA 代 表  若木隆茂(中小企業診断士)

----------------------------------------------------------------------



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





神奈川県中央会では、3つのテーマによる専門家の記事を載せています。

本日は「経営者側からの視点での人事労務」をテーマとした社会保険労務士 
平山久美子氏の第20回目の記事となります。
---------------------------------------------------------------------------------

【今年1年を振り返って、社員との絆を強くしませんか】

年末になり、今年の一年を締めくくる時期になりました。今年一年、皆さんはどのような年
だったでしょうか。今年は、神奈川県の企業であっても、ほとんどの企業が何らか震災の
影響を受けたことと思います。これまで想定していたこと以上の、非常時の危機管理体制を
検討し直した企業も多いことでしょう。春から夏にかけては、節電や、計画停電の対策など、
今までにない取り組みも求められました。

この震災をきっかけに、職場では、通常の業務以外のコミュニケーションが生まれました。
日頃あまり話をしない人たちと話し合ったり、これまでよりも深い意見を交換し合ったりし
た職場も多いと思います。このことにより、お互いの理解が深まったり、絆が強くなったり
した方も多いのではないでしょうか。

このような年の瀬に、経営者はあらためて、会社は何を目指し、どのように社会に貢献して
いくのか、社員の前で語ってはいかがでしょうか。そのために、皆さんの会社で働く社員さん
たち一人一人は何を求められ、何を担っているのか、理解してもらうよい機会だと思います。

ちょうど、賞与査定のフィードバックや、自己申告の時期でもありますので、この一年の
会社と個人の成果を振り返るとともに、会社の存在意義からなる経営方針を、社員全員が
共有し、それが目指す方向に向かって、走れるようにしたいものです。社員が一丸となり、
迷わず走れるようになれば、その勢いも加速していくことでしょう。


来年が、皆様にとって、発展の年となりますように!


---------------------------------------------------------------------------------

平山社会保険労務士事務所
    社会保険労務士・行政書士
    平山久美子
 URL : http://www.roumu-shi.com  

~労務の最新情報、私の近況をブログでお知らせしています~
  http://roumu-shi.cocolog-nifty.com/blog5/

---------------------------------------------------------------------------------


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )