ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は「労働関連情報」をテーマとした株式会社人財経営センター須田労務マネジメント事務所 須田徹也氏の第20回目の記事となります。


 「100年に一度の金融危機」に遭遇し、景気の先行きが真っ暗な状態になっています。この環境の中で、「内定取り消し」に関する報道が毎日伝えられています。内定取消しされた学生にとって、社会人としての第一歩になる職場がなくなるのは悲惨なことですが、多大な時間と採用コストをかけた企業にとっても大きな損失です。大企業であるとマスコミ報道によって企業イメージが低下するのは避けられませんので、できたら避けたいものです。
そこで、「内定取り消し」すると、企業にどのような責任が問われるのかを考えてみたいと思います。

 まず、内定の法的意義としては、企業が内定通知書を学生に送り、学生はそれに対して誓約書を提出することによって労働契約が成立した、ということになります。内定から入社まで数ヵ月間もあるため、この労働契約は始期解約権留保付とされています。これを取り消すには社員の解雇と同じように、「客観的に合理的で、社会通念上相当であると認められる場合」に限られています。この「客観的に合理的」とは、例えば、(ア)学校を卒業できなかった、(イ)健康状態に異常があり労務提供ができない 、(ウ)犯罪をした、など主に学生側に問題がある場合に該当します。
企業側の業績悪化による内定取り消しの場合は、通説では「客観的に合理的」な理由に該当しないと解されています。また、取り消しをしないように回避努力をしたかなど総合的にみて判断されるものであり、認められるのは難しいものと考えられます。

 解雇であれば、法律上、平均賃金の30日分の賃金を払うことになりますが、内定取り消しの場合、法律上の規定はありません。そのため、金銭で解決するのであれば、平均賃金の30日分以上が必要になるものと思われます。このプラスアルファはいくらが妥当であるかは企業規模などの要因で異なるでしょうが、学生側からすれば1年間就職浪人することを考えると、1年間の収入相当は要求したいでしょう。

 しかし、金銭解決の前に大切なのは、内定取り消しが避けられなかった経緯、理由を誠意をもって説明するとともに、学生にお詫びする責任があるということです。そして、結果として金銭解決に至った場合には、学生の気持ちを汲み取ったうえで金銭を提示することです。

 この環境下で企業が生き残るのは容易いことではなく、内定取り消しもやむを得ないかもしれません。しかし、忘れてならないのは、新卒採用は中途採用と違って長期雇用を前提としている、ということです。


~次回につづく~

株式会社人財経営センター須田労務マネジメント事務所  http://www.jinzai-info.com



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、神奈川県からの情報を提供しております。

 本日は、労政福祉課両立支援班から「女性の活躍促進セミナー開催」のご案内です。


女性の活躍が進んでいる企業では、「職場環境の向上」「従業員意識の向上」「企業業績・評価の向上」といった様々な効果が出ています。そして、ポジティブ・アクション(女性の活躍)の成功の鍵は、企業トップの方針にあるともいわれています。

 今回のセミナーでは、人材マネジメントの視点から女性活用のメリットについて考えるとともに、企業経営者の方から実際の取組内容についてご紹介していただきます。

■日 時:平成21年1月19日(月)13:30~16:15

■場 所:ワークピア 3F「かもめ・やまゆり」(横浜市中区山下町24-1)

■対 象:企業経営者、人事労務担当者等  100名

■費 用:無料です

【内 容】

第1部: 講演「女性が活躍できる組織づくり」
        一橋大学大学院商学研究科教授 守島 基博 氏

第2部: 講演「キリングループが進めるポジティブ・アクション」
        キリンアンドコミュニケーションズ株式会社
          代表取締役社長 河野 真矢子 氏

説 明:  「ポジティブ・アクションの具体的な取組方法」
      (財)21世紀職業財団神奈川事務所

【お問い合わせ先】
神奈川県商工労働部労政福祉課 両立支援班
 TEL 045-210-5746
 FAX 045-210-8873

**お問い合わせ・お申込みは、上記『神奈川県商工労働部労政福祉課 両立支援班』にお願いいたします。**

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、神奈川県からの情報を提供しております。

 本日は、情報公開課から「個人情報保護法に関する説明会開催」のご案内です。


 ~個人情報の取扱について、日頃の疑問を解決しませんか!~

 個人情報保護を巡っては、個人情報保護法の全面施行後3年余を経過したところですが、依然として、法の趣旨や規定以外に個人情報の提供を控えてしまう、いわゆる「過剰反応」と言われる状況も一部にみられ、また個人情報に関する取扱に関する疑問や不安も今なお見られます。
 このような状況を踏まえ、個人情報保護の十分な理解や個人情報の適切な管理、上手な活用に役立つよう、内閣府・神奈川県・小田原市・社団法人全国消費者生活相談協会の共催により、下記のとおり「個人情報保護法に関する説明会」を開催しますので、ご案内申し上げます。

日 時:平成21年1月23日(金) 14時~16時(受付は13時00分から)     

場 所:小田原市民会館大ホール
    (小田原市本町1-5-12 電話:0465-22-7146)

内容:(1)「保護と活用、個人情報!~わかりやすい!個人情報保護のしくみ~」
        内閣府国民生活局企画課個人情報保護推進室 古川 剛
    (2)「個人情報に関する相談事例と考え方~個人情報相談3年の概要~」
      *会場で質問票により質問を受け付け、説明会の後その場で回答します。

定 員:1000名(参加無料、先着順) 

申込み締め切り:平成21年1月15日(水)

 ※お申込み・お問い合わせ等、詳細につきましては、個人情報保護法説明会(神奈川県お知らせ掲示板)をご覧ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は、「会計・税務」をテーマとした税理士法人SANO神奈川本部 山崎雄二氏の第18回目の記事となります。


 運ばれてきたお茶で一服した南田にC社の経理担当が話しかけた。

担当:「非課税取引は、他にどんな物がありますか?」
南田:「有価証券の譲渡も非課税ですね。但し、ゴルフの会員権の譲渡については課税に
    なる場合があります。また、健康保険や労災、自賠責の対象となる医療費が非課
    税ですが、美容整形や市販の医薬品の購入等は課税取引となります。」
担当:「健康診断は課税でしたよね。」
南田:「ええそうですね。また、医療費と同じ理由から非課税となっているのが介護保険
    法や社会福祉法等の給付対象となるサービスです。」
担当:「政策的配慮っていうやつですね。」
南田「そうですね。次に免税取引ですが、輸出取引がこれにあたります。輸出取引には商
    品の輸出だけでなく、国際輸送、国際電話、国際郵便等が含まれます。」
担当:「当社は輸出をしてませんから、これは無縁ですね。」
南田:「そうですね。国際輸送事業、国際電話事業、国際郵便事業もしてませんからね。
    でも、駐留米軍に商品を納入したりすると、この輸出免税に該当することになり
    ますよ。」
担当:「なるほど。米軍に消費税は請求出来ないってことですね。」
南田:「免税ですからそういう事になりますね。」
担当:「でもその免税取引に対応する、仕入れに含まれる消費税額は仕入れ税額控除の対
    象になるんですよね。」
南田:「ええそうです。そこが非課税取引と違うところですね。」
担当:「今日はどうもありがとうございました。」

 気がつけば、窓の外には夕闇が迫っていた。南田はC社の経理担当に別れを告げると、木枯らしの中を家路に着いた。

 ~次回につづく~

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は、「環境経営」をテーマとした神奈川県技術士会 服部氏の第5回目の記事となります。(環境経営をテーマとしたブログは、今回が22回目となります)


質問者:『認証を取得されてよかったことは何ですか』

E社長(40人程度の段ボール製造会社の2代目社長)さんのお答え:
『よかったことは近隣との関係が改善されたことです。』

質問者:『それはどういうことですか』

E社長:『この工場ができたころは工場の周囲は山林と畑でしたが、その後住宅地となって家が立ち住民が増えてきました。工場は音も立てるし、原料の搬入・製品の搬出にトラックも出入りします。皆様の公害問題の意識がかわってきて抗議がくるようになりました。我々としては「お買いになったときにはすでに音もトラックの出入りもあったのですよ」と言いたい気持ちもあり、なにか割り切れない心持ちがありました。ISO14001の仕組みでは「近隣住民は利害関係者であり、尊重することが必要」とされています。これを契機に気持ちをかえて積極的に取り組むことを検討し、実行しました。』

質問者:『具体的にどういう取り組みをされたのですか』

E社長:『近くの小学校にご縁があって小学校の見学を積極的に受け入れ、見学のときに「環境への取り組み」を説明したのです。先生と子どもたちが親しんでくれて学芸会のときに飾りつけの材料として段ボールの端切れをもらいに来るようになりました。たとえば「シンデレラの馬車」などを作るのです。学芸会のあとに「クラス全員の感謝の寄せ書き」を届けて頂いた時には、工場に貼って社員一同大喜びでした。いまでは毎年10校以上の見学を受け入れています。』

質問者:『どういう効果がありましたか』

E社長:『第1に近隣からの苦情が減りました。子どもたちから親達に伝わることで「音がうるさい気味の悪い工場」がいつのまにか「気のいいオジサンたちが汗を流して働いている環境に優しい仕事場」になったのです。第2に従業員が「子どもたちにいい印象を与え、いい評判を得る仕事場をつくる」ことに意欲的になり、「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ」を自発的に実施するようになりました。また従業員の家族に胸をはって工場の話しができるようになったことも大きい効果です。第3に「子どもたちに優しく」という気持ちが「弱者に優しく」という気持ちにつながり、「高齢者・障害者雇用」に熱心に取り組む下地となりました。』

~次回につづく~

神奈川県技術士会 http://www.e-kcea.org/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、神奈川県からの情報を提供しております。

 本日は、工業振興課から「中小企業技術開発支援制度説明会開催」のご案内です。


 神奈川県では、平成21年度に県内の中小企業が行う技術開発に対する補助金等の支援制度について、説明会を行います。
 出席を希望される方は、次のいずれかの会場に直接お越しください(入場無料)。

(開催日時・会場)
・平成21年1月13日(火)14時~16時
 県平塚合同庁舎 5階会議室

・平成21年1月14日(水)14時~16時
 県産業技術センター 管理・情報棟2階講堂

・平成21年1月15日(木)14時~16時
 かながわ県民センター 2階ホール

(問い合せ先)
神奈川県工業振興課 TEL:045-210-5646、5640

*上記説明会の詳細につきましては、説明会詳細案内をご覧ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、行政庁からの情報を提供しております。

 本日は中小企業庁から「緊急保証制度の業種の再追加」のご案内です。


 10月31日から開始しました「緊急保証制度」については、11月14日に73業種を追加し、現在、618業種を対象に実施しているところでありますが、最近の景況悪化や中小・小規模企業の年末資金繰り対応等を踏まえ、電子部品製造業、理美容業、ビルメンテナンス業など80業種を追加指定することとなりました。

この結果、対象業種は全体で698業種となります。

詳細につきましては、中小企業庁ホームページをご覧ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士 竹内幸次氏の第21回目の記事となります。


 株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「売り方、受注の仕方を革新する」に続いて、今回は「安い金額の仕事を打診されたとき判断」がテーマです。

1.厳しい取引条件の増加

未曾有の世界同時不況です。中国もドバイも一頃の勢いはありません。金融危機の影響は他国ほどではないものの、中小企業の現場を見ていると、やはり資金調達や売掛金回収が遅れています。また、連鎖倒産によって優良な中小企業が倒産に追い込まれる事例も散見されます。

中小企業の現場的には、新規の仕事の打診だ!と期待してみても単価や納期が厳しく、受注するかどうかを悩む場面も増えていることと思います。

2.その仕事を請けるかどうかの判断

打診された仕事を請けるかどうかを決める際の切り口として以下を整理します。

(1)今回は利益がでなくても、次に続く(と思われる)仕事で利益が出る可能性があるか
(2)受注しなかった際のダメージ(悪い影響)はどの程度か
(3)うちが請けなかったら、その仕事はどの会社に行くのか。その影響はどうか
(4)その仕事を請けることでスキルや経験が入手できるか
(5)損益面のみならず、資金面から請けるメリットがあるか。代金回収は早期に可能か

3.条件が悪い仕事を請けた際の考え方

検討した結果、「よし、この仕事は請けよう」と決めた場合は、以下のように前向きに認識するようにしましょう。

(1)条件が悪い仕事でも連絡をくれたことに感謝する
(2)顧客企業もコスト削減を進めており、安い仕事を打診された=戦略的パートナーとして自社を見てくれているということだ。ありがたい
(3)安い仕事でも利益が出る体質にするために、社内の業務効率を今以上に上げるチャンスだ

4.これも経営革新を進めるチャンス

今は条件がいい仕事が舞い込むということは、そうはありません。将来への大きなビジョンを持って、現状を肯定して、条件が悪い仕事を経営革新に着実につなげるきっかけにしていきましょう。

(1)一段の効率のため、後回しになっていた遊休資産(土地や倉庫や在庫)を処分する
(2)一段の効率のため、インターネットを積極的に活用した業務スタイルにする
(3)金融機関の融資姿勢の変化の影響を受けにくくするために社債等他の資金調達手法を検討する
(4)BtoB(企業間取引)企業ならBtoC(消費者向け取引)も志向する等、販売先を多様化させる


株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 http://www.spram.co.jp
中小企業診断士竹内幸次ブログ http://blog.goo.ne.jp/2300062/


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 昨日より行っておりました、神奈川県中央会サーバー緊急メンテナンスが終了しました。

 現在は、神奈川県中央会ホームページ(http://www.chuokai-kanagawa.or.jp)及び地域力連携拠点事業(http.//www.chuokai-kanagawa.or.jp/kyoten/)のサイトへのアクセスが可能となっております。

 大変ご迷惑をお掛けいたしました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 本日、神奈川県中央会サーバー緊急メンテナンスを行っているため、神奈川県中央会ホームページ(http://www.chuokai-kanagawa.or.jp)及び地域力連携拠点事業(http.//www.chuokai-kanagawa.or.jp/kyoten/)のサイトにアクセスすることができなくなっております。

 そのため、当ブログ(ビジネスblob@神奈川中央会)につきましても、一部画像や情報等へのアクセスができなくなっております。

 ご迷惑をお掛けいたしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくおねがいいたします。

 なお、メンテナンスが終了いたしましたら、当ブログ(ビジネスblob@神奈川中央会)にてご案内いたします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ