ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



 神奈川県中央会では、中小企業の皆様に情報提供をしております。

 本日は、『ISO内部監査員養成講座開催(10/22・ 11/6~7)』についてのご案内です。


◆本講座は、ISOを取得している またはこれから取得しようとしている組合および企業を対象に、ISOの運用に欠かすことの出来ない内部監査員を育成することを目的としています。講座では、規格の理解から模擬審査の実施、内部監査報告書の作成まで行います。修了された方には、修了証書を発行いたします。

◆講座のポイント◆
中小企業の活動に沿い、分かりやすく、かつ、企業活動の改善につながる内部監査を具体的に、どのようにするかを重点に、実習を交えながら習得していただきます。

1.ISO14001内部監査員養成講座
◇開催日:11月6日(木)・7日(金) 両日とも 9:30~17:00
◇費 用:本会会員及び傘下企業10,000円(1名 2日間)、非会員 15,000円(1名 2日間)

2.ISO14001規格入門講座(無料)
◇開催日:10月22日(水)14:00~17:00
 ※ISO14001規格の解説:ISO規格の理解が不安な方、内部監査員となったばかりの方は、内部監査員養成講座とセットでの受講をお薦めします。

◇場 所:1.2.とも、神奈川中小企業センター9階
 神奈川県中小企業団体中央会「会議室」
(JR関内駅北口下車 横浜市中区尾上町5-80)

◇定 員:1.2.とも 16名

◇講 師:神奈川県中小企業団体中央会 経営開発チームリーダー  内田 進
      ※ISO14001規格入門講座は、経営開発チームの他の職員が行います。

※詳細につきましては、神奈川県中央会ホームページをご覧ください。

**お申込み・お問い合わせにつきましても、上記ホームページをご覧の上、神奈川県中央会担当部署にお願いいたします。**

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は、「会計・税務」をテーマとした税理士法人SANO神奈川本部 山崎雄二氏の第14回目の記事となります。


 得意先を出た二人は、今朝通った商店街を駅方面へと急いだ。

草加:「この間の所で昼飯を食うか。」

 駅に程近いビルの2階にあるチェーン店の居酒屋に二人は入った。夜は居酒屋だが、ランチタイムはご飯と味噌汁がお代わり自由で安い。奢る側も懐が痛まず、奢られる側も遠慮が要らない。

南田:「他に削減出来る経費はありますか?」
草加:「意外に手を付けられていないのが保険料かな。」
南田:「生命保険ですか?」
草加:「損保も含めての話だが、中小企業は地縁・血縁で保険に加入している場合が多
    い。」
南田:「ええ。D社もいくつか入ってます。」
草加:「銀行の勧めで入ったり、取引先との絡みとか、親戚の勧めだったり。そうやって
    入った保険は補償の内容だとかを詳細に吟味していない場合が多い。」
南田:「ええ。」
草加:「これはD社に限った事じゃなく、すべての会社で定期的に保険の見直しをした方
    が良いと思う。補償の内容が会社にとって本当に必要なものか、或いは○○保険
    会社と××保険会社で補償内容がダブってないかとかね。」
南田:「保険の総点検ですね。」
草加:「そうだね。なかには、一時保険会社が盛んに売った保険で、被保険者を法人役員
    として、役員の退職金の原資を目的としながら節税効果も謳った保険があったが、
    これなんかは会社あっての役員退職金だから、検討の余地大いに有りだね。」
南田:「中途解約は損だとか考えてちゃ駄目ですね。」
草加:「そうだ。要はその保険が会社にとって本当に必要かどうかだね。」
南田:「わかりました。D社に、保険の総点検を勧めてみます。」

 昼休み時間を過ぎたせいか、店内がまばらになりはじめていた。

~次回につづく~

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、神奈川県からの情報を提供しております。

 本日は、神奈川県西湘地域県政総合センター商工観光課から「創業支援セミナー開催」のお知らせです。


 創業時の課題解決のため、「会社の作り方」、「従業員の雇い方」をテーマにした実践的なセミナーを開催します。ぜひご参加ください。

◆第一部 『会社の上手な作り方』
       行政書士 國原 聖史 氏

◆第二部 『従業員の上手な雇い方 ~雇い入れの基本ルールと各種助成金等について』
       中小企業診断士・社会保険労務士 二品  亮 氏

◆第三部 『創業支援策の説明』
       国民生活金融公庫、小田原箱根商工会議所

●開催日時:平成20年9月6日(土)13:30~16:00

●参加費:無 料

●対 象:創業希望者、創業予定者、創業間もない事業主の方

●場 所:神奈川県小田原合同庁舎3階会議室
       小田原市荻窪350-1

●主 催:県西地域産業振興協議会

●問い合わせ先:神奈川県西湘地域県政総合センター商工観光課
         TEL:0465-32-8000(内線:2525)

●申し込み方法:電話、FAXでお申込みください。
         TEL:0465-32-8000(内線:2525)
         FAX:0465-32-8111(送付先:西湘地域県政総合センター商工観光課)

**お問い合わせ・お申込みは、上記『神奈川県西湘地域県政総合センター商工観光課』にお願いいたします。**

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士 竹内幸次氏の第16回目の記事となります。


株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「中小企業の身近なエコ経営」に続いて、今回は「温故知新トレンド対応型の経営をしよう」がテーマです。

1.温故知新のトレンドに乗ろう

古きをたずねて新しきを知るという「温故知新」。昔のことを調べて、そこから新しい知識や見解を得ることです。いい言葉ですよね。

中小企業経営に当てはめると、以前の日本式経営から新しい経営手法を発想することになります。さらに、原油高の中、消費者の生活の仕方も徐々に昔の生活に戻る傾向が出始めていますので、これに対応する経営が温故知新対応型経営です。


2.経営における温故知新

次のような方向が温故知新型の経営革新になるはずです。

(1)長期雇用と熟練工活用

既に一部の中小企業が採り入れていますが、定年をなくし、本人が働きたい意思を持ち、その能力が企業に必要である場合には、雇用を継続させようというもの。従業員が安心して働くことでき、技術が社外に流出することなく、長期的な事業プランを描きやすいというメリットがあります。熟練工の技術を若年者に伝承するうえでも有効です。以前あった慣習的な終身雇用や年功序列ではなく、戦略的に、その有効性を労使ともに理解したうえで行います。

(2)売り切れの積極アピール

スーパーマーケットやコンビニでは売り場に商品を沢山陳列して豊富感を醸し出して、商品の人気や安さのアピールをしてきました。しかし賞味期限が過ぎるとすべてが再資源ごみになるため、ロス費用が大きく、また、エコ的にも消費者からのイメージが悪くなります。

これに対応して、逆に「好評につき本日売り切れ!」や「入荷待ちです。ご迷惑をお掛けします」、「14時に次回入荷予定です」のように売り切れという状況を「人気商品を扱う店」という意味でアピールすることが増えてきました。入荷すればすぐに売れます。よって在庫回転率は高まり、資本効率は高まります。待ってでも欲しい商品を如何にして作り出すかがポイントになります。

(3)電話によるお礼

ビジネス連絡の殆どが電子メールになりましたが、お願いやお礼のような気持ちを伝える場合に電話を使うことが復活してきています。丁寧な言葉で、心を込めて電話でお礼等を伝えれば、次回受注にもプラスになります。なんでもITやネットで行うのではなく、状況によって最適な方法で顧客と接するのです。


3.消費トレンドにおける温故知新

次のような方向が温故知新型の消費トレンドです。ビジネスチャンスが一杯ですね。

(1)家庭料理の復活

加工食品や外食に安心しきれない消費者は、国産野菜等を買って自宅で調理することが増えています。家族皆で夕食等を作れば食育にもなります。

(2)自転車や徒歩移動の増加

ガソリン高とメタボ予防から身体を使った移動が増加しています。汗をかいてもしわがよらないスーツの開発、歩くことを前提にした革のカバン、自転車のチェーン等に引っ掛からない配慮をしたパンツ等が期待されます。

(3)窓明けの増加

エアコンを控えて窓から自然風を取り入れる家が増えています。また冬には自宅内で厚着して過ごすことが増えるでしょう。

如何でしたか?「温故知新」という言葉は使わなくても、単なる懐古主義ではなく、古き慣習から未来を作ろうという傾向は徐々に広まっていくことでしょう。御社の対応は十分ですか?


株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 http://www.spram.co.jp
中小企業診断士竹内幸次ブログ http://blog.goo.ne.jp/2300062/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、情報を提供しております。

 本日は、(財)神奈川県雇用開発協会障害者事業部から「障害者雇用支援月間ポスター原画作品展示会開催」のお知らせです。


 9月の障害者雇用支援月間における啓発活動の一環として、障害のある方々の原画を募集し、作品を展示することにより事業所の方々をはじめ広く県民の皆様に障害者雇用に対する理解と認識を深めていただき、障害者の雇用の支援を図ることを目的として行っているものです。
 平成20年度は150件を上回る作品が寄せられました。

 これらの作品を一人でも多くの方々にご覧いただき障害者の夢見る未来についてご理解いただき、障害者の働く場が限りなく拡大されることを願って、「平成20年度障害者雇用支援月間ポスター作品展示会」を横浜そごうで開催します。
 多くの方々にご覧頂きますようご案内いたします。

開催日時:平成20年9月17日(水)~19日(金) 午前10:00~午後6:00

開催場所:新都市プラザ(横浜そごう地下2階正面入口前)

お問い合わせ:財団法人神奈川県雇用開発協会障害者事業部
         TEL:045-633-6110 FAX:045-633-5428


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、神奈川県からの情報を提供しております。

 本日は、神奈川県商工労働部雇用産業人材課 障害者就業支援班から「障害者雇用促進大会開催」のお知らせです。


 「障害者を雇用するには、どうすればいいの?」そんな疑問をお持ちの企業も少なくないと思います。
 実際に障害者雇用を行っている企業はどのように取り組んでいるのか。職場ではどんな工夫をしているのか。
 このシンポジウムを通じて、その疑問に対する答えのヒントを見つけていただき、企業における障害者雇用の促進につながることを期待します。

日時:2008年9月10日(水)13:30~16:40(開場13時)

場所:かながわ労働プラザ多目的ホールAB(3階)

基調講演:「障害者雇用への取り組みと職場定着」
 講師/ネッツトヨタ湘南株式会社 取締役管理本部長 渡 辺 善 憲

パネルディスカッション:
 コーディネーター 株式会社大協製作所 代表取締役社長 栗 原 敏 郎
 パネラー ・社会福祉法人 電機神奈川福祉センター 総合施設長 穐 本 さえ子
        ・山武フレンドリー株式会社 取締役 総務部長 小野口富士男
        ・ネッツトヨタ湘南株式会社 取締役管理本部長 渡 辺 善 憲
        ・神奈川障害者職業センター 障害者職業カウンセラー 久 保 幸 子
        ・公共職業安定所 雇用指導官

参加者:企業関係者、障害者の就労支援に取り組む関係機関・団体職員、一般県民

定員:300名 ※定員を超えた場合は抽選となります

参加お申込み・お問い合わせ:
 神奈川県商工労働部雇用産業人材課 障害者就業支援班
  TEL 045-210-5871 FAX 045-210-6952

http://www.pref.kanagawa.jp/sosiki/syourou/0606/index.htmlより、問い合わせフォームをご利用いただけます。

※平成20年8月29日(金)までに、電話、ファクシミリ、メールのいずれかでお申込みください。

**お申込み、お問い合わせは上記『神奈川県商工労働部雇用産業人材課 障害者就業支援班』にお願いいたします。**

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、神奈川県からの情報を提供しております。

 本日は、神奈川県環境農政部 環境計画課から「第6回かながわ新エネルギー賞募集」のお知らせです。


 かながわ新エネルギー賞は、新エネルギーの導入促進を図ることを目的として、神奈川県内で新エネルギーに関して優れた取組みをされた個人や企業、団体等を表彰するものです。
 第6回目の募集をおこないますので、ふるってご応募ください。

【募集期間】平成20年8月1日~10月24日(当日消印有効)

【表彰の対象】
神奈川県内に所在又は在勤する個人及び県内に事業所等を有する企業、団体等であって、新エネルギーに関する業績が次の(1)~(3)のいずれか1つ以上に該当し、環境への寄与度が高いなど、他の模範となるもの

(1)新エネルギー設備の先進的又はモデル的導入を行ったもの
(2)新エネルギー設備の普及啓発又は導入促進に貢献したもの
(3)新エネルギー設備の製品・技術の開発、新エネルギー設備導入に寄与する製品・技術の開発を行ったもの。

※詳細は、募集要領等をご覧ください。

【応募先・問い合わせ先】
神奈川県 環境農政部 環境計画課 地球温暖化対策班
〒231-8588 横浜市中区日本大通1
電話:045-210-4076(直通)
FAX:045-210-8845

※受賞候補者推薦書、受賞事例集の郵送をご希望の方は上記までご連絡ください。
※表彰の詳しい内容や応募書類の作成にあたっての疑問等については、下記のホームページをご参照いただくか、上記へお気軽にお問合せください。
URL:http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kankyokeikaku/energy/hyousyou/oubotop.html

**ご応募・お問合せにつきましては、上記『神奈川県 環境農政部 環境計画課 地球温暖化対策班』にお願いいたします。**

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、神奈川県からの情報を提供しております。

 本日は、神奈川県健康福祉部 子ども家庭課から「第2回 かながわ子ども・子育て支援大賞募集」のお知らせです。


 神奈川県では、かながわぐるみで子ども・子育て支援を進めるため、子ども・子育て支援に取り組み地域に貢献している事業者や個人・団体の皆様の活動を表彰する制度を設けています。今年は、新たに連携・協働による活動やネットワークを対象とする特別賞を設けました。平成20年度の表彰候補募集は次のとおりです。

【対象】次の項目に該当するものが対象となります。
○神奈川県内において、子ども・子育て支援活動のモデルとなるような活動を行っている事業者、個人又は団体等
○地域の子どもや子育て家庭に対する貢献度が高いと認められるもの
○原則として、対象となる活動年数が継続して2年以上あること

【表彰の種類】
(1)かながわ子ども・子育て支援大賞
(2)かながわ子ども・子育て支援奨励賞(事業者部門、個人・団体部門)
(3)かながわ子ども・子育て支援特別賞(連携・協働部門)

※表彰の対象となる活動のうち最も優れている事業者、個人又は団体に対象を授与します。
※(1)(2)は知事表彰、(3)は知事とかながわ子ども・子育て支援推進協議会会長の連盟表彰です。
※表彰の数は、対象は1団体又は1名、奨励賞は各部門数団体(数名)、特別賞は1活動・ネットワークです。

【副賞】大賞:10万円  奨励賞:各5万円  特別賞:8万円

【応募方法】応募所に記入の上郵送又は持参してください。
応募用紙は募集案内からWord形式でダウンロードできます。

【応募締切】平成20年8月29日(金)(郵送の場合、当日消印有効)

【表彰式】平成20年10月10日(金)に横浜市内で実施する予定です。

**詳細につきましては、かながわ子ども子育て支援大賞募集案内をご覧ください。

【お問合せ・ご応募先】
神奈川県健康福祉部子ども家庭課 次世代育成班
 住所 〒231-8588 横浜市中区日本大通1
 電話 045-210-4666

**お問合せ・応募につきましては、上記『神奈川県健康福祉部子ども家庭課 次世代育成班』にお願いいたします。**

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業の皆様に情報提供をしております。

 本日は、『IT活用・事業承継支援セミナー』についての情報です。


 神奈川県中小企業団体中央会では、中小企業庁より受託した「地域力連携拠点事業」の一環として下記セミナーを開催いたします。

 IT活用による業務の効率化や、事業の円滑なバトンタッチの方法について一緒に勉強してみませんか?

 また、当日は事業承継に関する「個別相談会」を開催いたします。事業承継に関する相談やお悩み(後継者確保、後継者育成、事業承継時の中小企業に関する税制等の優遇措置など)をお持ちの方は、是非、お気軽にお申込下さい。

◆開催日時:平成20年8月29日(金)午後1時15分~5時(受付開始は1時より)

◆場  所:「ヨコハマジャスト1号館8階3号室・会議室」 
       横浜市西区高島2-12-6(JR横浜駅東口徒歩3分)

◆説明会・講演:
午後1:15~ 地域力連携拠点事業
       「中央会の地域力連携拠点事業の概要」
        神奈川県中小企業団体中央会・連携開発部

午後1:30~ ITモバイル活用で業務を効率化・IT戦略を加速するSaaS
       「今時のIT活用~モバイル・SaaS~」
        (株)シーガル 代表取締役 桑山義明氏
       ※SaaS(Software as a Service):
         ソフトウェアを購入するのではなくサービスとして利用するソフトウェア活用の
         新しい方法

午後2:40~ 中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律の成立
        (20年5月成立)

       (1)「中小企業の事業承継の推進」
          応援コーディネーター 小池登志男氏(中小企業診断士、元信金中央金庫)

       (2)「活発化する中小企業のM&Aと活用策」
           信金キャピタル(株)

       (3)「神奈川県が円滑な事業承継に向け推進する支援メニュー」
           神奈川県商工労働部産業活性課産業活性化班

◆相談会:
午後4:20~   ★★★ 事業承継・個別相談 ★★★
        事業承継に関する「個別相談会」を開催いたします。
        個別相談を希望される方は、「セミナー参加申込書」の「事業承継・個別相談」
        の欄で「希望あり」に○印を付けて下さい。
        ●応援コーディネーター 小池登志男 氏
        ●連携パートナー:金融機関


◆参加費:無 料

◆定  員:50名

◆申込締切:8月25日(月)

◆主  催:神奈川県中小企業団体中央会

◆参加申込み:詳細は、神奈川県中央会ホームページをご覧の上、所定の申込書
          にてお申し込みください。

◆お問合せ:地域力連携拠点・事業承継支援センター
         (神奈川県中小企業団体中央会・連携開発部) TEL:045-633-5132

**地域力連携拠点に関する詳細は、神奈川県中央会ホームページ(地域力連携拠点事業説明)をご覧ください**

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業の皆様に情報提供をしております。

 本日は、『労働契約に関する法律』についての情報です。


 平成20年3月1日から労働契約法が施行されました。
 就業形態が多様化する現在、多くの経営者の方々は、その対応に苦慮されていることと思います。

 神奈川県中央会では、弁護士、社会保険労務士を派遣して、現在の就業規則の見直しからトラブル回避のための各種契約書類の作成について、無料で全面的にバックアップします。

 従業員にヤル気をださせる就業規則をつくり、会社経営をパワーアップしてみませんか?   

※詳細は、神奈川県中央会ホームページをご覧のうえ、お申し込みください。

また、労働契約法施行に伴う中小企業労働問題対策セミナーを併せて開催いたしますので、是非ご参加ください。


◆お問合せ先◆
神奈川県中小企業団体中央会 企画情報部 鎮野(しずの)
 TEL:045-633-5134(企画情報部直通)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ