ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士 竹内幸次氏の第8回目の記事となります。

 株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「バランススコアカードを使った目標体系づくり」に続いて、今回は「組織面における経営革新の進め方」がテーマです。
 
1.市場戦略を実行するために組織・人事戦略を位置づける

組織・人事面の戦略では、主に次の事項を決めていきます。

(1)組織の構造/どの部署の中に、どの部門を作るか等
(2)組織のモチベーション(やる気)のアップ

まずは(1)の組織の構造を決めるのですが、ここでのポイントは「業務プロセス面」や「顧客面」等他の戦略との整合性を取ることです。

例えば、BtoB(企業間取引)からBtoC(一般消費者取引)へ新規に進出する場合(つまり、業務プロセスも顧客も変わる場合)、それが実現できる組織にしなければなりません。例えば、BtoBの事業のみの時には不要だった消費者相談室やリピート購買を促すための会員組織も発足させる必要があるでしょう。

ここで、組織の構造を決める際の発想の手順は以下です。

(1)顧客に向けた市場戦略を決める
(2)その市場戦略を実行するために最適な組織構造に変更する

「組織構造は戦略に従う」という言葉はあまりにも有名です。目的性をもって組織を変える、これがポイントです。

2.風通しのよい職場を作る

市場戦略に最適な組織構造ができたら、次は組織のモチベーション(やる気)のアップです。モチベーションの上げ方には様々な理論がありますが、ここでは中小企業が「風通しのよい職場を作ること」が重要であることを説明しましょう。

以下のグラフは、“どのような取組を行うと若年層の定着率が良くなるのか”を分析したものです。これによると、若年者の定着率に差が出る取組は風通しの良い職場づくりと若年者を成長させるための取組であることが分かります。
逆に、実力主義の導入や高賃金は若年層の定着率とは無関係なのです。

出所:2006年版中小企業白書

このことから、中小企業ではモチベーションアップのために以下の事項に取り組みましょう。

(1)経営者と従業員が意見交換する機会を定期的に設ける
(2)上司の評価項目に“部下の育成”を必ず入れる

次回は、「業務プロセス面における経営革新の進め方」をご紹介します。ご期待ください!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、情報を提供しております。
 本日は、技能検定・技能五輪の情報です。

平成20年度 前期技能検定実施日程が発表になりました。

◆受付申請期間:平成20年4月3日(木)~4月16日(水)◆

試験日、場所等の詳細につきましては下記のホームページをご覧下さい。

▼神奈川県職業能力開発協会ホームページ
http://www.kan-nokaikyo.or.jp

▼厚生労働省ホームページ
http://www.mhiw.go.jp

▼中央職業能力開発協会ホームページ
http://www.javada.or.jp

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は、「会計・税務」をテーマとした税理士法人SANO神奈川本部 山崎雄二氏の第5回目の記事となります。


草加:「さて、在庫一掃セールの話に戻ろうか。製造業も建設業も在庫一掃セールをやる事は無いから、今
    回の件と直接関係は無いけど、在庫管理の重要性は理解してもらえたかな?」
南田:「はい。」
草加:「ところで、A社は建築金物の卸売業で得意先は建築・土木の専門業者がほとんどで店舗に一般のお
    客さんが来る事は滅多にない。こんな認識でいいかな?」
南田:「ええ、そうですね。」
草加:「そうすると、A社に在庫一掃セールのメリットはあまりないと思うな。」
南田:「どうしてです?折り込みチラシなんかで一般消費者も集めれば売上はあがるんじゃないですか?」
草加:「A社の取扱商品は専門的な商品がほとんどだから、一般消費者がそうそう来るとは思えないし、ホ
    ームセンターのように小分けや少量販売、大駐車場完備といった対応も難しいから現実的ではない
    ね。セールの対象はあくまでも既存の取引先という事になると思うよ。」
南田:「そうですね。一般客は無理ですね。」
草加:「既存の取引先で、最近取引が薄い所を呼び戻すと言う効果は多少期待できるかもしれないが・・。
    それともう一つ注意しなくちゃいけないのは、セール後の売上の落ち込みだね。」
南田:「どういうことです?」
草加:「例えば型番の古い電動工具を在庫一掃セールで安く売ったとすると、同種の電動工具はしばらく売
    れなくなるだろ?」
南田:「そうですね。」
草加:「釘なんかも、得意先でストックされるだけで、消費が促進されるわけではないからね。」
南田:「在庫一掃セールはやらないほうがいいですかね?」
草加:「A社の場合は、在庫一掃セールよりも対象商品をしぼった売り出しをした方がいいんじゃないかな?」
南田:「なるほど。社長ともう少し検討が必要ですね。」

 気がつけば3本目の徳利が空になり、呼んだタクシーが丁度着いたのを潮に草加と南田は居酒屋を出た。風はまだまだ冷たく、南田は思わずコートの襟を立てた。


※在庫一掃セールは今回で終了です。次回からは、新たなシリーズで南田君が登場します。ご期待ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は「労働関連情報」をテーマとした株式会社人財経営センター須田労務マネジメント事務所 須田徹也氏の第5回目の記事となります。

 正確な時間を把握しようとしても、記録に残っているものはなく、またパソコンの電源を切らないで帰ることも多かったので、容易ではなかった。

 その後1週間ほど経過し、小沢社長と福田さんは偶然路上で出会った。

小沢社長:「やあ、福田さん。昨日、亀井君から電話があって、お医者さんからそろそろ働ける、と診断が出
       たそうだ。思ったよりも早く回復している。労災と安全配慮義務はひとまず安心できそうだね。
       しかし、今回のことを教訓にして、これからは勤務時間と社員の健康を管理するよ。」
福田さん:「そうですか。それはとりあえず良かったですね。」
小沢社長:「ところが、今度は昨年新卒で入社した安倍君が、退職を申し出てきた。残業や給料のことで不
       満を抱いているようだ。若手のホープとして期待していただけに、たいへん残念でね。どうも、
       両親から何か言われているような口ぶりだった。」
福田さん:「一難去ってまた一難ですね。給与体系と労働時間について、一度見直しをしましょう。」
小沢社長:「そうだね。ところで、36協定というのはうちのような会社でも届出が必要なの?」
福田さん:「はい、就業規則の届出は10名以上ですが、36協定は社員数に関係なく法定労働時間を超える
       残業や休日出勤がある場合に、一定期間の残業の上限時間を決めて社員代表者と協定を結
       び、労働基準監督署に届け出る義務があります。」
小沢社長:「そうか。就業規則も10年ほど前に友人の会社のものをもらってそれを一部直したが、社員に見
       せずに机の中にしまってあるよ。」
福田さん:「確かに、日頃は必要ではありませんが、今回のようなことが起こると、社員としては会社の姿勢
       に疑問を抱くことがあるかもしれません。」
小沢社長:「今まで何も問題が表面化しなかったから、それでいいものと思っていたんだ。」

 普段はどことなく官僚的で面白味はないが、問題が発生しても人ごとのような態度はせず、一生懸命に取り組んでくれる福田さんに、小沢社長は信頼を寄せるようになった。

~次回につづく~

株式会社人財経営センター須田労務マネジメント事務所 http://www.jinzai-info.com

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は、「環境経営」をテーマとした神奈川県技術士会 武田雅史氏の第3回目の記事となります。(環境経営をテーマとしたブログは、今回が7回目となります)

 他社はどんな取り組みをしているか? 

工場・ビル省エネルギー実施事例として
http://www.eccj.or.jp/succase/all/index.html
また省エネルギー管理の進め方として
http://www.eccj.or.jp/audit/06factory/01-01.html#s2
その内容を見てみると、(1)現状のエネルギーの把握→(2)分析→(3)省エネルギー対策の抽出→(4)目標の設定→(5)活動→(6)実績の確認、の手法で省エネルギー活動を全社で取り組む。
またISO14001を使用する場合は、4.3.1環境側面から抽出される4.3.3環境目的、環境目標に年度省エネ率を数値化して設定する。
この目標に全社一丸となり取り組む。毎年、毎年、活動を継続し省エネを推進してゆく。
 目標値を達成する活動の方法として今まで学んだ省エネ機器の導入、或いは同じホームページにある省エネルギーの進め方を参考に皆様の企業の省エネルギー化活動を推進して下さい。
省エネルギーの成果を期待します。

神奈川県技術士会 http://www.e-kcea.org/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。 
 本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士 竹内幸次氏の第7回目の記事となります。  

 株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。
 前回の「バランススコアカード経営」に続いて、今回は「バランススコアカードを使った目標体系づくり」がテーマです。

1.戦略目標を体系化した戦略マップを作ろう!

 バランススコアカードは財務、顧客、業務、組織の4つの視点で経営戦略を作ることです。その4つの戦略はそれぞれが個別に存在し、機能するものではなく、密接に関連し合っています。 例えば、「顧客が買い得感を感じるから、結果として販売数量が伸びる」等です。このように、経営上の行動の多くは、「Aを行ったからBができた」、「Bを行うためにはAが必要だ」のように因果関係の関係にあります。 この因果関係をすべて体系的に示したものを「戦略マップ」と言います。まさに、戦略の積み木、戦略の関連図とも言えますね。

                  ▲多くの中小企業にも当てはまる戦略マップの一例です

 上記の戦略マップの左下を見てみてください。これは「挑戦風土を作れば、従業員の高いモチベーションが期待できる」ということを↑印で示したものです。また、その右上は「高いモチベーションが実現すれば、顧客サービスが向上する」ということを↑印で示したものです。 同様に「顧客サービスの向上が実現できれば、ブランド力がアップする」、そして、「ブランド力がアップすれば、顧客価値が向上する」、さらに、「顧客価値がアップすれば、収益性がアップする」と、徐々に図の上部につながっていくことが分かります。 如何ですか?戦略マップが戦略目標を4つの切り口ですべて体系的に整理したものだということがご理解できたかと思います。

2.自社のオリジナルの戦略マップを作る

 上記の戦略マップの中に書かれた「高機能化」や「経費削減」のような項目のことを「戦略目標」と言います。この戦略目標はどの中小企業も共通であるはずがありません。 競合企業の戦略展開(例えば低価格戦略)に応じて、自社の戦略を変化させる(例えば脱低価格戦略に転換する)ことが重要なのですから。 つまり戦略マップに中に書かれた各戦略目標は自社の置かれた状況から自社が生み出したオリジナリティあふれる戦略目標体系であるべきなのです。ぜひ、自社の戦略マップを作ってみましょう。

3.戦略マップを社内浸透させる

 自社の戦略マップが完成するに通常数ヶ月間かかります。ある程度の中長期的な視点で作るものが戦略ですから、じっくりと考えて作るのです。 戦略マップが完成したら、社内に内容を浸透させるために経営戦略発表会等を行いましょう。従来の戦略を羅列したものと比べて、体系化した戦略マップは従業員への理解度、浸透度が格段に高いはずです。 次回は、「組織面における経営革新の進め方」をご紹介します。ご期待ください!

株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 http://www.spram.co.jp
中小企業診断士竹内幸次ブログ http://blog.goo.ne.jp/2300062/



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、情報を提供しております。
 本日は、労働関係の情報です。

 神奈川労働局雇用均等室では、従業員100人以下の中小企業における育児休業、短時間勤務制度の取得促進を図るため、標記助成金の活用を支援しています。

◆中小企業子育て支援助成金は、あなたの会社に初めて育児休業取得者又は短時間勤務
  適用者が出た場合支給されます。

◆受給できる事業主《以下の全てに該当する雇用保険の適用事業主であることが必要で
  す。》
1.常時雇用する労働者の数が100人以下であること

2.次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定し、その旨を都道
  府県労働局に届け出ていること。

3.労働協約又は就業規則の規定の整備
(1)育児休業取得に係る支給申請の場合→育児休業について規定があること。
(2)短時間勤務労働適用に係る支給申請の場合→短時間勤務制度について規定がある
   こと。

4.平成18年4月1日以降、初めて「育児休業取得者」又は「短時間勤務適用者」が
  出たこと。

5.対象となる労働者は、以下の(1)又は(2)の用件を満たしているものであるこ
  と。
(1)対象となる育児休業取得者の要件
  ●休業取得期間:1歳までの子を養育するため平成18年4月1日以降、6ヶ月以
   上育児休業を取得したこと。※育児休業(労働者に産後休業をした期間があり、
   かつ産後休業の終了後引き続き育児休業をした場合には、産後休業含め6
   カ月以上。)
  ●復職後:職場復帰後6ヶ月以上継続して雇用されていること。

(2)対象となる短時間勤務適用者の要件
  ●平成18年4月1日以降、3歳未満の子について6カ月以上次のいずれかの制度
   を利用したこと。
   ア:1日の所定労働時間を短縮する制度
     (短時間勤務適用前に1日の所定労働時間が7時間以上の者について、1日
      の所定労働時間を1時間以上短縮していること。)
   イ:週又は月の所定労働時間を短縮する制度
     (短時間勤務適用前の1週当たりの所定労働時間が35時間以上の者につい
     て、1週当たりの所定労働時間を1割以上短縮していること。)
   ウ:週又は月の所定労働日数を短縮する制度
     (短時間勤務労適用前に1週当たりの所定労働日数が5日以上の者につい
     て、1日当たりの所定労働日数を1日以上短縮していること。)

6.対象労働者の雇用保険の被保険者資格
 (1)育児休業取得者をこの出生の日まで、雇用保険の被保険者として1年以上継続
   雇用していたこと。
 (2)短時間勤務適用開始日まで、雇用保険の被保険者として1年以上継続雇用して
   いたこと。

◆支給対象となる期間◆

 平成18年度から平成22年度までの間に育児休業又は短時間勤務を開始した労働者
が出た事業主について、当該労働者が上記5の(1)又は(2)の要件を満たした場合に支給対象となります。
〔但し、平成18年3月31日までに、「育児休業取得者」又は「短時間勤務適用者」のいずれかの対象労働者が1人でも出ている事業主は、支給対象となりません。〕

◆受給できる額《対象者が初めて出た場合に、2人目まで次の額を支給します。》

◎1人目 
育児休業:100万円 
短時間勤務(利用期間に応じ(1)~(3)のとおり):
(1)6か月以上1年以下  60万円
(2)1年超2年以下     80万円
(3)2年超         100万円

◎2人目
育児休業:60万円
短時間勤務(利用期間に応じ(1)~(3)のとおり):
(1)6か月以上1年以下  20万円
(2)1年超2年以下     40万円
(3)2年超          60万円

◆受給のための手続《支給申請は、本社(人事労務管理の機能を有する部署が属する事業所)で行なってください。》

申請期間:受給できる事業主の要件を満たした日の翌日から3か月以内
      ○育児休業の場合:6か月以上の育児休業又は産後休業と育児休業を続け
               て併せて6か月以上取得し、復職後6か月を経過した
               日の翌日から起算して3か月以内。
      ○短時間勤務の制度の場合:短時間勤務の制度の利用開始後、6か月を経
               過した日の翌日から起算して3か月以内。

申請に必要な書類:育児・介護雇用安定等助成金(中小企業子育て支援助成金)支給申
          請書
         次の1~5の書類を添付してください。

1.一般事業主行動計画策定・変更届(写)

2.労働協約(写)又は就業規則(写)
  育児休業取得者に関する支給申請については育児休業、短時間勤務適用者に関する
  支給申請については育児のための短時間勤務の措置が規定されていることが確認で
  きる部分

3.育児休業取得者に関する支給申請の場合
 (1)育児休業を取得したことを確認できる書類及び育児休業取得後職場復帰し、6
    か月以上継続して雇用されていることが確認できる書類
    ・対象労働者に係る育児休業取得申出書(写)
    ・母子健康手帳の子の出生を証明できる該当部分(写)
    ・タイムカード(写)、出勤簿(写)、賃金台帳(写) 等
 (2)育児休業取得者の雇用保険被保険者資格取得等確認通知書(写)

4.短時間勤務適用者に関する支給申請の場合
 (1)短時間勤務の措置を6か月以上利用したことを確認できる書類及び対照労働者
    が短時間勤務の措置に係る子を養育していることを確認できる書類
    ・対象労働者に係る短時間勤務の措置の利用期間の明示された申出書(写)
    ・タイムカード(写)、賃金台帳(写) 等
    ・健康保険証(写)、母子健康手帳の子の出生を証明できる該当部分(写)
 (2)短時間勤務適用者の雇用保険被保険者資格取得等確認通知書(写)

5.本社等における直近の労働保険概算書・増加概算・確定保険料申告書(写)及び納
   付書・領収書(写) 等

**提出先:支給申請書等は、本社等の所在地を担当する(財)21世紀職業財団地方
      事務所に提出してください。

支給機関:都道府県労働局
 本助助成金の詳細につきましては、お近くの都道府県労働局雇用均等室又は、(財)21世紀職業財団地方事務局までお問合せください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は、「環境経営」をテーマとした神奈川県技術士会 武田雅史氏の第2回目の記事となります。(環境経営をテーマとしたブログは、今回が6回目となります)

 最近の家庭の皆様は、テレビそして新聞で省エネルギー機器や、省エネルギーの方法について十分な知識をお持ちでしょう。しかし実際のところ、ほとんどの家庭で省エネルギー活動は具体的に実施していないと思いますがいかがでしょうか。
 今回は我が家の省エネ活動についてです。

(1)まず目標設定です。目標は具体的数値を設定します。目標値として具体的しかも現金ではっきり成果が解るものとして、毎月の電気代、ガス代、水道代、車の燃料代、等が最高でしょう。今月の省エネ活動目標値:例えば先月の電気代の-10%等と設定します。

(2)次は-10%を実現するため具体的活動です。
http://www.eccj.or.jp/dict/index.html から具体的データとその方法を学び、省エネ活動の開始です。

(3)活動の結果は今月の電気料をお楽しみに。
この活動を毎月改善しながら続け継続します。活動結果は現金で手元に還元されます。
またもっと社会的な省エネ活動をしたいと思っている方は
神奈川県「かながわ環境家計簿エコボ」 http://www.ecobo-kanagawa.jp
に参加してみて下さい。

神奈川県技術士会 http://www.e-kcea.org/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、4つのテーマによる専門家の記事を載せています。
 本日は「労働関連情報」をテーマとした株式会社人財経営センター須田労務マネジメント事務所 須田徹也氏の第4回目の記事となります。


福田さん:「安全配慮とは、例えば、社員が健康を害しているときに、悪化しないように休暇を取らせたり、
       医師の診断を受けさせたりする義務が会社に課せられていることです。これに違反して酷くな
       ったら、損害賠償請求が起こることもあります。会社が安全配慮義務を怠ったために、過労死
       や過労自殺に至ったとして、最近では遺族が会社を訴えることが増えています。」
小沢社長:「テレビの法律番組みたいだが、そんなことまで会社に責任があるのかね。しかし、それは大企
       業の場合で中小企業には該当しないよ。」
福田さん:「中小企業だから大丈夫ということはありません。」
小沢社長:「わかった。わかった。もういい。君の言うとおりにしよう。どのくらい働いていたかを一応調べて
       みるよ。」

小沢社長は福田さんの執拗な説明が煩わしくなったようだが、先日読んだ新聞に同じような記事が出ていたのを思い出し、まさかうちの会社では、と不安になってきた。

小沢社長:「しかし、タイムカードを使っていないから、どのくらい働いていたのか調べる方法がない。亀井
       君や皆から聞いても覚えてないだろう。」
福田さん:「パソコンの電源時間をチェックする方法があります。よくサービス残業の疑いがあるときに調べ
       る方法です。」
小沢社長:「サービス残業とは、これまた不安を煽るようなことを言うね。必ずしも働いていた時間とは限ら
       ないけど、パソコンは毎日使っているし、確かに会社にいた時間は把握できるね。」

そういえば、最近社員の退社時間が遅いうえに疲れも溜まっているようである。
不平不満が聞こえてこないので気にはしていなかったが、小沢社長はそれだけに嫌な予感がしていた。

~次回につづく~

株式会社人財経営センター須田労務マネジメント事務所 http://www.jinzai-info.com

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 神奈川県中央会では、中小企業者の皆様に、情報を提供しております。
 本日は、農林水産省からの情報です。

 地域と結びつきのある食品を「地域ブランド」として確立しようとする事業協同組合等に助成する事業が、農林水産省ホームページにて公募されました。

 提出期限は、平成20年3月31日(月)となっています。

 詳細につきましては、農林水産省ホームページをご覧下さい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ