ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。
本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の87回目の記事となります。
今回のテーマは、「仕事の効率を高めるパソコン小技 Excel時短の為のショートカットキー」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!

仕事の効率を高めるパソコンの小技 Excelのビジネス文書をWordに変換する

-------------------------------------------------------------------------------

ビジネスITスキル情報 第87回
仕事の効率を高めるパソコン小技 Excel時短の為のショートカットキー

 

 以前のブログでは、仕事効率化のための基本的なショートカットキー(コピーや貼り付けなど)についてご紹介していますが、プラスαで使用することでもっとExcelの作業を時短化できるショートカットキーを、今回はご紹介していきます。それぞれの操作については、ショートカットキーだけではなくマウスを使用する際の操作も合わせて記載してあります。

 

行や列の選択

 行単位や列単位でセル範囲を選択する時、行番号や列番号にマウスポインタを合わせてクリックします。

<ショートカットキー>

 行単位の選択 ・・・ 「Shift」+「Space」

 列単位の選択 ・・・ 「Ctrl」+「Space」

 上記のショートカットキーで行や列単位で選択した後に「Shift」キーを押しながら方向キー(行であれば上下の方向キー、列であれば左右の方向キー)を押すと複数単位で選択することができます。

 

・行や列の挿入と削除

 行や列を挿入する時、【ホーム】タブの<挿入>ボタンを押したり、右クリックで「挿入」を選択したりします。

<ショートカットキー>

 挿入したい場所などを範囲選択してから次のショートカットキーを使用します。

 行や列の挿入 ・・・ 「Ctrl」+「+」

 行や列の削除 ・・・ 「Ctrl」+「-」

 

・ワークシートの挿入

 ワークシートを挿入する時は、シート見出しの右側にある「+」ボタンをクリックします。

<ショートカットキー>

 ワークシートの挿入 ・・・「Shift」+「F11」

 

・SUM関数の挿入

 合計を求める時、<オートSUM>ボタンでSUM関数を挿入していきます。

<ショートカットキー>

 SUM関数の挿入 ・・・ 「Alt」+「=」(=を入力するには「Shift」キーを使います)

 

・他のワークシートの表示

 ワークシートが複数ある時、表示させたいワークシートのシート見出しをクリックします。

<ショートカットキー>

 次のワークシートを表示 ・・・ 「Ctrl」+「PageDown」
 (PageDownはPgDnと表示されていることもあります。)

 前のワークシートを表示 ・・・ 「Ctrl」+「PageUp」
 (PageUpはPgUpと表示されていることもあります。)

 

・表示形式の設定

 カンマや\マークを付ける時は、【ホーム】タブの数値グループから「桁区切りスタイル」や「通貨表示形式」ボタンで設定します。

<ショートカットキー>

 3桁ごとのカンマ区切り ・・・ 「Ctrl」+「!」(!を入力するには「Shift」キーを使います)

 \マークとカンマ区切り ・・・ 「Ctrl」+「$」($を入力するには「Shift」キーを使います)

 

 ショートカットキーを覚えるのが大変という方もいらっしゃいますが、日々使っていくことで自然と覚えていくことができます。慣れてくると作業効率は全然違ってきますので、今回ご紹介した中で普段よく使っている操作があれば、是非ショートカットキーも試してみてください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 経営革新で未... 労務管理情報... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。