ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「ビジネスITスキル情報」、「労務管理情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の74回目の記事となります。
今回のテーマは、「仕事の効率を高めるWindows10の機能 タスクバーのカスタマイズ」です。

なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
仕事の効率を高めるWindows10の設定 集中モード

--------------------------------------------------------------------------------


ビジネスITスキル情報 第74回

仕事の効率を高めるWindows10の機能 タスクバーのカスタマイズ


 Windows10では、スタートボタンをクリックすると、アプリの一覧とタイルメニューが表示されます。アプリは一覧で表示されますが、目的のアプリを探すのが大変な時があります。そのような時は、タスクバーやスタートメニューを自分が使いやすいようにカスタマイズすることで作業効率を良くすることができます。
 今回は、パソコン操作を効率よくするために、タスクバーのカスタマイズについてご紹介していきます。


①使用頻度の高いアプリはタスクバーに表示する
 よく使用するアプリのショートカットを、デスクトップに作成している方は多いと思います。画面にウインドウが表示されていない時は開きやすいですが、ウインドウが画面に出ている時はショートカットアイコンが隠れてしまう事もあり、出ているウインドウを最小化にしたり、ウインドウサイズを小さくしたりしなければいけない時もあります。
 その点、タスクバーは常に表示されているため、画面に出ているウインドウを気にせず、素早く別のアプリを開くことができます。

 アプリのアイコンをタスクバーに常に表示させるには、アプリを開きタスクバーに表示されたアイコンを右クリックします。表示されたメニューの一覧から「タスクバーにピン留めする」をクリックします。




②使用頻度の低いアプリはタスクバーから外す
 元々タスクバーに表示されているアプリもあります。使用頻度が低い時は、タスクバーに表示しないようにすることもできます。
 タスクバーから表示を無くしたい時は、タスクバーに表示されているアプリのアイコンを右クリックし、表示された一覧から「タスクバーからピン留めを外す」をクリックします。




③検索ボックスを小さくする
 スタートボタンの隣には、検索ボックスがあります。検索ボックスは、小さく表示することもできるため、タスクバーをより広く使うには小さく表示し、使用する時に検索ボックスを表示させることができます。

①「検索ボックス」上で右クリックします。表示された一覧から「Cortana」をポイントし、「Cortanaアイコンを表示」をクリックします。



②検索ボックスを小さく表示することができます。


 
 少しでもパソコンを自分が使いやすいようにカスタマイズすることにより、パソコンの作業効率もよくなりますので、ぜひ皆さんもカスタマイズしてみてください。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 経営革新で未... 労務管理情報... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。